トップ診療科・中央診療部のご案内

第二外科診療部門 消化器外科

藤井 努

【診療科長】
教授 藤井 努

奥村 知之

【副科長】
診療教授 奥村 知之


TEL(076)434-2281
FAX(076)434-1649
診療対象
食道・胃から大腸・肛門までの消化管外科疾患
肝臓・胆道・膵臓外科疾患
外来診療
外来の新規受付(新患)は月曜、水曜です。
患者さんの事情により診察希望される際は、曜日を問わず、できる限り外来にて対応しますが事前に外来受付までご連絡をお願いします。(火曜、木曜、金曜は手術日です。)
初めて当科を受診される際、紹介状の持参は特に必要ありませんが、紹介状が無い場合は初診時負担額をご負担いただくことになりますので、どうぞご了承ください。
再診は予約制となっております。専門外来にて長期フォローアップを行いますが、他診療科共に連携し、総合的に診療を行います。不明なことなどがあればいつでもご相談ください。
病棟診療
・診療科長、病棟医長以下全員のチーム医療で病棟診療を行います。
・患者さんによりよいと思う治療方法を提案し、選択していただいた上で、治療をお受けいただきますが、一人一人の生活スタイルを重視した上で、術前管理・治療、手術、術後管理・治療にあたります。
・手術方法を選択の際は、内視鏡下手術がよいか、開腹手術がよいかの選択を含め、合併症などを詳しく説明いたします。
・退院後の経過観察や治療をお近くの病院で希望される場合、紹介は可能ですので、ご相談ください。

外来診療案内 平成29年4月現在

曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診 藤井   藤井    
再診 (肝胆膵) 渋谷
(食道・胃) 奥村
(大腸・肛門) 北條
(消化器) 関根
当番医 (肝胆膵) 吉岡
(食道・胃) 橋本
(消化器) 小島
(消化器) 森山
当番医 吉岡、北條

診療スタッフのご紹介

職名 医師名 専門分野
診療科長
教授
藤井 努 肝胆膵外科
消化管外科
診療副科長
診療教授
奥村 知之 食道・胃外科
診療講師 吉岡 伊作 肝胆膵外科
診療講師 北條 荘三 大腸・肛門外科
診療講師 渋谷 和人 肝胆膵外科
診療講師 橋本 伊佐也 消化管外科
移植外科
助教 関根 慎一 肝胆膵外科
診療助手 小島 博文 消化器外科一般
助教 森山 亮仁 消化器外科一般

高度な医療または特徴的な医療

肝・門脈、胆・膵、食道・胃、大腸・肛門外科の4グループに分かれて対応しています。


《肝・門脈外科》

  • ・本邦で数少ない食道胃静脈瘤手術の可能な施設です。内視鏡的治療も可能です。
  • ・肝腫瘍に対しては、開腹ならびに腹腔鏡下での切除を基本としてマイクロ波、ラジオ波を用いた凝固切開装置での焼灼も併用し、機能を温存する形での治療を行い、良好な治療成績を得ています。
  • ・肝移植は京都大学移植外科の最新技術を取り入れ行っています。

《胆・膵外科》

  • ・US、CTによって膵多房性嚢胞、膵単房性嚢胞、主膵管拡張、胆嚢ポリープ、胆嚢壁肥厚、胆嚢緊満・高濃度胆石・胆泥、70才以上・女性の胆嚢結石、若年の胆嚢結石、総胆管拡張、肝内胆管拡張、胆多房性嚢胞のような腫瘍関連画像所見が局在診断された患者さんを御紹介いただき、超音波内視鏡検査など間接的な検査を積み重ねた上、腫瘤が容易に検出される通常の発見時期により、1年から2年程度早い膵・胆道腫瘍の質的診断治療が可能です。
  • ・外科的切除に加えて、術中照射も含めた放射線治療、化学療法を組み合わせた集学的治療を行っています。

《食道・胃外科》

  • ・食道癌は、手術療法、放射線療法、化学療法を組み合わせ治療を行っています。また、手術侵襲の軽減とリンパ節郭清の高度化をめざして胸腔鏡下手術を行っています。
  • ・早期胃癌症例を中心に腹腔鏡下手術を取り入れ、良好な成績を得ています。
  • ・進行胃癌に対しては、術前化学療法と手術を組み合わせることで良好な治療成績を得ています。

《大腸・肛門外科》

  • ・小腸から結腸、直腸、肛門を専門とする外科です。
  • ・下部直腸癌に対する肛門機能温存手術を積極的に行っています。
  • ・腹腔鏡補助下の大腸手術も経験数が多く、安全に選択することが出来ます。