トップ診療科・中央診療部のご案内

脳神経外科・脳血管内治療科

黒田 敏

【脳神経外科科長】
教授 黒田 敏

桑山 直也

【脳血管内治療科・
 科長】

診療教授 桑山 直也
(脳血管内治療科担当)

永井 正一

【脳神経外科・副科長】
講師 永井 正一

秋岡 直樹

【脳血管内治療科・
 副科長】

助教 秋岡 直樹

TEL(076)434-2281
FAX(076)434-5034
診療対象
脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、先天奇形、機能的脳外科、てんかんの外科、中枢神経感染症など広く脳神経外科の全般にわたる診療を行っております。
外来診療
月曜日から金曜日の(水曜日は急患のみ)午前中に、また定期手術は月、水、金曜日に行っております。
専門外来の受付
①脳動脈瘤・もやもや病など治療困難な脳血管疾患、②悪性脳腫瘍、③定位脳手術を要するパーキンソン病などの変性疾患、④開頭術では治療困難でカテーテルによる治療を要する脳血管疾患、⑤非侵襲的な神経内視鏡手術を要する中枢神経奇形や脳腫瘍、⑥脊髄電気刺激や髄腔内バクロフェン注入などの機能的中枢神経疾患など、当科では最新の知識と技術を駆使した治療で患者さんのあらゆるニーズに応えるよう、日夜努力しています。当科では、専門スタッフによる高次脳機能検査、言語療法や生活支援にも力を入れています。 頭部外傷、クモ膜下出血など緊急の治療を要する患者さんにも常に対応可能な体制を整えています。

外来診療案内 平成27年 4月現在

曜 日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診・再診(脳神経外科) 永井
富田
黒田
永井
柏﨑
  富田
柏﨑
 
専門外来(脳神経外科)       [先天性疾患](午後)
濱田
 
脳血管内治療科 秋岡 桑山   桑山 秋岡

診療スタッフのご紹介

職名 医師名 専門分野
脳神経外科長(教授) 黒田 敏 脳血管障害、小児神経外科
脳血管内治療科・科長(診療教授) 桑山 直也 脳血管内手術、脳血管疾患
脳神経外科・副科長(講師) 永井 正一 脳腫瘍
脳血管内治療科・副科長(助教) 秋岡 直樹 脳血管内手術、脳血管疾患
助教 富田 隆浩 脳血管疾患、脳腫瘍
助教 柏﨑 大奈 脳血管内手術、脳血管疾患
診療指導医 浜田 秀雄 小児奇形、内視鏡手術

高度な医療または特徴的な医療

  • ・特定機能病院として最先端の脳神経外科診療と24時間の緊急診療体制の実践、および、富山県内外の関連施設との連携による地域医療への貢献を通じて、患者さんの信頼に応えられる高レベルの診療を目指しています。

  • ・脳腫瘍、脳血管疾患(脳卒中)、脳腫瘍、頭部外傷、脊椎・脊髄疾患、機能的疾患(三叉神経痛、顔面痙攣、パーキンソン病、難治性てんかん、慢性疼痛、遷延性意識障害)、水頭症、小児神経奇形などの脳神経領域の各種疾患に対して、手術や血管内手術を中心とする専門的治療を総合的に行なっています。重症例が多く、1年間の総手術数は約250~300件です。

  • ・頚動脈狭窄症に対する頚動脈内膜剥離術、もやもや病の外科治療、頚動脈閉塞症に対するバイパス手術では、国内外のトップレベルの実績を有しています。もやもや病に関しては、海外からの患者さんの依頼にも応じて治療しています(黒田、松村)。

  • ・脳腫瘍手術は年間約80件。術中ナビゲーション、脳機能モニタリング施行下の覚醒手術を導入し、治療成績は著しい向上を得ています(永井、富田)。

  • ・難治性てんかん、顔面痙攣、痛みに対する機能的手術、パーキンソン病などに対する定位脳手術なども年間約20例行い、良好の機能予後を得ています(旭、柏崎)。

  • ・脳血管内治療:脳動脈瘤に対するコイル塞栓術、頸動脈狭窄症に対するステント留置術、硬膜動静脈瘻に対する経動脈的・経静脈的塞栓術、脳腫瘍に対する術前の栄養血管塞栓術などが主なものです。頭を切らない反面、切らないなりの難しさもあり、指導医、専門医といった資格が求められます。2009年度には脳血管内治療の全国学会を富山で開催したほか、毎年、富山で教育講習会を開催しています。治療材料や機器の開発も日進月歩で、最新の最適な医療をいち早く供給し、病状の改善につとめています(桑山、秋岡、柏崎)。

  • ・神経内視鏡による手術は侵襲が小さく、患者さんにとってもやさしい診断・治療法です。さまざまタイプの水頭症、脳室内近傍の脳腫瘍などに対して、わが国をリードする実績を有しています(濱田)。

  • 神経内視鏡手術についてご紹介します。