ホーム

診療科・中央診療施設等のご案内

第三内科診療部門 消化器内科

第三内科診療部門 消化器内科

診療体制

消化器内科では、食道から胃、小腸、大腸におよぶ胃腸、肝臓、胆嚢、膵臓を含む全消化器疾患の最新診療を行っております。関連する疾患も広範囲で、GERD、消化性潰瘍、胃腸機能性疾患、難治性疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、自己免疫性肝炎など)から、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がんなどの悪性疾患の診断・治療まで最先端で質の高い医療を実施しております。潰瘍性大腸炎、クローン病は新薬が開発され上手な初回治療により以後の再燃が完全に抑制できます。早期消化器がんは内視鏡下の非外科的切除術により「生活の質」を落とさない医療を行います。切除不能進行がんにはがん化学療法専門施設でトレーニングを積んだ多数の腫瘍内科専門医が最新のがん化学療法(抗癌剤と分子標的薬剤)を行っております。

主な対象疾患

○消化管領域

  • 食道・胃疾患(GERD、アカラシア、食道癌)
  • 胃疾患(機能性胃腸症、ヘリコバクター・ピロリ関連疾患、胃潰瘍、胃癌)
  • 小腸/十二指腸疾患(十二指腸潰瘍、十二指腸腫瘍、小腸潰瘍、小腸出血)
  • 大腸疾患(過敏性腸症候群、大腸癌、消化管ポリープ)
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 消化管間質腫瘍(GIST)、消化管悪性リンパ腫、自己免疫関連消化管疾患

○肝・胆・膵臓領域

  • 肝疾患(ウイルス性肝炎、非アルコール性脂肪肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、肝細胞癌、肝硬変、胃食道静脈瘤、難治性腹水、肝性脳症、肝膿瘍)
  • 膵・胆道疾患(胆嚢ポリープ、胆石胆嚢炎、総胆管結石性胆管炎、原発性硬化性胆管炎、胆管細胞癌、胆嚢癌、胆管癌、急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵癌、膵管内乳頭状粘液性腫瘍)

高度な専門医療

●特筆すべき専門医療

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃マルトリンパ腫のピロリ菌除菌による治療
    ピロリ菌は全感染者が保険診療で除菌ができます。除菌治療は簡単そうに見えますが、安易な治療による抗生剤耐性菌の増加や、不十分な知識に基づく治療失敗例が急増しており、上手な除菌治療が一層、必要です。通常の除菌治療失敗例も必ず除菌できます。
  • 小腸カプセル内視鏡・バルーン内視鏡による診断と治療
    「暗黒の臓器」と言われていた小腸疾患の診断から治療まで診療が可能です。多数例の小腸カプセル内視鏡・バルーン内視鏡検査を実施しており、出血源不明の胃腸出血の診断には欠かせません。
  • 難治性潰瘍性大腸炎に対する除菌治療やクローン病の分子標的治療
     
    潰瘍性大腸炎、クローン病は初回治療により、完全に治癒(粘膜治癒)状態にすると、以後の再燃はほぼなくなります。新薬が次々と開発され、それらを上手に使いこなし、初回治療で粘膜治癒にもたらし「生活の質」の向上と良好な長期予後が期待できます。
  • 早期消化管癌に対する内視鏡治療
    食道・胃・大腸において内視鏡治療を導入し、治療実績があります。他院で治療が困難と言われた、また内視鏡治療の適応についてわからないことがありましたら是非受診して下さい。特に、食道や大腸のESDは県内で治療出来る病院が少なく、当院で治療を受けることをお勧めします。
  • 消化器の進行がんに対する化学療法・消化管間質腫瘍(GIST)の分子標的治療
    進行がんやGISTに対する治療では、基礎研究の進展に伴い、新しい分子標的治療薬が承認され、それら新薬を上手に使う治療マネージメントが長期生存に繋がります。当科では必要に応じて他科と連携しながら、集学的治療を実践しています。
  • ラジオ波焼灼療法(RFA)による肝細胞癌の治療
    県内では施行件数が最も多い病院で、治療経験が豊富です。人工胸腹水、造影エコー、画像支援システムを積極的に併用し、安全・確実な治療を目指しています。また血管内治療も併用した集学的治療を実践しています。

●その他

  • 難治性逆流性食道炎の病態の解析、原因に基づいた治療
  • 肝動脈化学塞栓術(TACE)・肝持続動注療法、分子標的治療を組み合わせた集学的治療
  • 生体部分肝移植の術前適応評価と術後の追跡
  • 劇症肝炎に対する血漿交換などを含む集学的治療と移植適応の評価
  • 高齢者の胆道閉塞におけるメタリックステント治療によるQOL向上

専門外来

・ピロリ菌除菌外来

胃潰瘍・十二指腸潰瘍のピロリ菌除菌治療は簡単に見えますが、画一的な除菌は耐性菌を増やし、除菌困難例を増加させるため、「上手な除菌治療」が必要です。ピロリ菌除菌後に胃がんリスクは3分の1まで減少しますがリスクが残ります。除菌後の発がんリスクの高い人を特定する分子マーカーが望まれ、当科を中心に厚生労働省の臨床試験が進行中です。また、他院での除菌失敗例も当科までご相談ください。除菌を希望される方は必ず除菌します。

担当医 杉山敏郎、加藤智惠子
診療日 月(杉山)・水(杉山・加藤)
受診方法 地域連携室を通して予約してください。 紹介患者・再診予約のみ。

・内視鏡治療(ESD、EMR)外来

早期の癌(食道、胃、大腸、十二指腸)に対して、患者さんにやさしく、生活の質を変えない内視鏡切除を行っています。特に切除が困難な、食道、大腸の内視鏡治療に実績があり、各方面から多くの紹介を受けて治療に取り組んでいます。

担当医 藤浪 斗、吉田啓紀
診療日 月(吉田)、火・水(藤浪)
受診方法 地域連携予約または、紹介状持参のみ。

内視鏡画像が必要です。必ず紹介状と画像を持参してください。

・がん化学療法外来

進行がんに対する化学療法は、がん薬物療法専門医が担当しています。治療は、キャンサーボードを通して、外科や放射線科と綿密に連携して決定しています。また、当診療科は、本邦を代表する臨床試験グループ(JCOG、WJOG)に所属しており、標準治療以外の新薬開発の治験、セカンドオピニオン外来も行っております。

担当医 梶浦新也、安藤孝将、吉田啓紀
診療日 月(安藤)、火(吉田)、水・金(梶浦)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)外来

現在増加しつつある、炎症性腸疾患の専門的治療を行っています。当院では特に専門的知識と豊富な診療経験に基づき、分子標的薬やステロイド、免疫調整薬の適切な使用により、再燃がなく、制限なく通常の生活を送れる治療を目指します。

担当医 三原 弘、南條宗八、杉山敏郎
診療日 月、水
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

・慢性肝疾患疾患(慢性肝炎、肝硬変)外来

ウイルス性肝疾患に対しては積極的に抗ウイルス治療を導入し治癒を目指します。また肝疾患の原因に応じて積極的に治療介入を行っています。病気が進んだ肝硬変に対しては症状・QOLの改善を目指して生活や薬物による介入を行っています

担当医 高原照美、峯村正実、田尻和人
診療日 月(高原)、水(峯村・田尻)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

・肝腫瘍(肝細胞癌、そのほかの肝腫瘍)外来

造影エコー、CT、MRI、RI検査などの各種検査を用いた腫瘍の正確な診断と、患者さんひとりひとりの全身状態を考慮して適切な治療計画を行います。消化器外科、放射線科との合同カンファレンスを定期的に実施しています。小型肝がんに対してはラジオ波焼灼療法を積極的に行い県内トップの実施数があります。進行肝がんにたいしては分子標的薬も含めた集学的治療を行い良好な成績をあげています。

担当医 高原照美、峯村正実、田尻和人
診療日 月(高原)、水(峯村・田尻)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

主な検査・設備など

  • 内視鏡関連:上部消化管内視鏡、下部消化管内視鏡、バルーン内視鏡、小腸・大腸カプセル内視鏡、ERCP関連処置、EUS-FNA
  • エコー関連処置:腹部造影超音波検査、エコーガイド下肝生検、ラジオ波焼灼療法
  • 腹部血管造影検査、腫瘍化学塞栓療法

診療実績

上部消化管内視鏡検査 2800件
下部消化管内視鏡検査 1300件(ポリープ切除術 240件)
ERCP 80件(ステント留置術 30件、砕石術 40件)
小腸内視鏡検査 158件(カプセル内視鏡検査 98件、バルーン内視鏡検査 60件)
早期癌ESD(食道 16件、胃 64件、 大腸 34件)
エコー治療(ラジオ波焼灼療法 70件、肝生検 30件、PTCD 15件)
腹部血管造影 100件(TACE 80件)
食道がんに対する化学療法・化学放射線療法(2007年-2017年:)
胃がんに対する化学療法(2007年-2017年:298例)
大腸がんに対する化学療法(2007年-2017年:287例)
膵がんに対する化学療法(2007年-2017年:283例)

診療科紹介

消化器の良性疾患、難治性疾患、悪性腫瘍診療を、患者さんやご家族の気持ちに十分に配慮して、全領域で最新、最良、最高レベルの医療を実践できるスタッフが診療します。さらに臨床をベースに明日の診療に役に立つ基礎医学研究にも力を注いでおり、その成果を患者さんの明日の新しい治療に結びつけるマインドを持った「臨床と研究のクロストーク」ができる消化器病医を養成しております。

診療科長  杉山 敏郎

スタッフ紹介

氏 名 職 位 専門領域 資格など
杉山 敏郎 診療科長
教授
消化器病
腫瘍内科
消化管免疫
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化管学会専門医・指導医
日本ヘリコバクター学会理事長
日本血液学会指導医
日本がん認定医機構がん治療認定医
厚労省認定外国人医師指導医
峯村 正実
(地域医療総合支援学講座)
診療副科長
診療教授
消化器病学
慢性肝疾患
肝癌
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本医師会認定産業医
日本がん認定医機構暫定教育医
高原 照美 准教授 消化器病学
肝臓病学
形態学
日本内科学会 認定内科医・指導医・支部評議員
日本消化器病学会 専門医・指導医・支部評議員
日本肝臓学会 専門医・指導医・学会評議員
日本結合織学会 評議員
日本臨床分子形態学会 評議員・理事 
安村 敏
(検査輸血細胞治療部)
診療教授 輸血学
造血幹細胞治療
肝臓病
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医・指導医・西部会評議員
日本輸血細胞治療学会認定医・評議員
藤浪 斗
(光学医療診療部)
准教授 消化器内視鏡
消化器病
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・学術評議員
日本消化器病学会専門医
日本消化管学会専門医・指導医
日本カプセル内視鏡学会専門医・指導医
田尻 和人 講師 消化器病学
肝臓病学
免疫学
日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本肝臓学会 専門医・指導医・西部会評議員
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
安藤 孝将 講師 消化器病学
腫瘍内科学
日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医・支部評議員
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
日本消化管学会専門医・指導医
梶浦 新也
(臨床腫瘍部)
助教 消化器病学
腫瘍内科学
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
三原 弘
(医師キャリアパス創造センター)
助教 消化器病学 日本内科学会 総合内科専門医・指導医・JMECCディレクター
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医
日本消化管学会 専門医
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
日本カプセル内視鏡学会専門医
南條 宗八 診療講師 消化器病学 日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本消化管学会 専門医
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本カプセル内視鏡学会専門医
吉田 啓紀 診療助手 消化器病学 日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本がん認定医機構 がん治療認定医
河合 健吾 医員 消化器病学
肝臓病学
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本内視鏡学会 専門医
日本がん認定医機構 がん治療認定医
加藤 智恵子 臨床教授 消化器病学 日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医・学会評議員
日本消化管学会 専門医・指導医・評議員
日本消化器内視鏡学会 専門医・支部評議員
日本ヘリコバクター学会 評議員・幹事

外来担当表

曜 日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
消化器内科
(胃腸)
杉山
安藤
三原
南條
吉田
藤浪
(紹介のみ)
吉田
(紹介のみ)
杉山
藤浪
三原
南條
加藤
  梶浦
(紹介のみ)
消化器内科
(肝胆膵)
安村
高原
河合
(再診のみ)
高原
峯村
田尻
高原
(再診のみ)
高原