富山大学附属病院 総合がんセンター

富山大学附属病院 総合がんセンター

アクセス

小児・AYA世代・妊孕性センター

HOME > 臨床部門 > 特定診療分野 > 小児・AYA世代・妊孕性センター

小児・AYA世代・妊孕性センター

近年、がん治療の進歩によって、がんと共に生活できるようになってきました。これは、小児、思春期・若年(AYA: adolescent and young adult)世代のがん患者さんにおいても同様です。しかしながら、がん治療による卵巣機能、精巣機能低下によって妊孕性(将来こどもを持つことができる能力)が低下または喪失する可能性があります。そのようながん治療に伴う妊孕性への影響を考えつつ、がん治療を優先しながら患者さんのライフプランに配慮して治療法を選択していくことが重要です。

治療法選択の際の意思決定支援

今まで富山県では、小児・AYA世代のがん患者さんに、治療と共に将来子どもを持つことをどのように考えるかについての情報を専門的に扱う場所がありませんでした。当センターでは、まずはがんになって子どもを持つことについて気になったり悩んでいる方、妊孕性温存の希望がある方に、がん治療前に情報提供をすることを目的とします。そして、我々は、上記の医療情報提供と共に妊孕性温存可能な施設への紹介も行います。温存するには、患者さんの性別・年齢・配偶者の有無・がんの状態・治療内容・治療までの期間など様々な要素が関係いたします。そのため、まずは治療開始前に話し合う必要があり、患者さんの状態によっては温存が難しいこともあります。様々な領域のがん治療医と生殖医療専門医、看護師等が連携することで、がん治療開始が遅れることなく、患者さんにとって妊孕性に関するよりよい選択ができるように支援を行います。

富山県がん・生殖医療ネットワーク構築へ

富山県のがん・生殖医療ネットワークは今始まったばかりです。この領域は地域格差があると言われており、富山県はその支援が遅れております。全国的には、厚生労働科学研究班「がん・生殖医療連携ネットワークの全国展開と小児・AYA世代がん患者に対する妊孕性温存の診療体制の均てん化にむけた臨床研究―がん医療の充実を志向して」において、本邦における小児・AYA世代がん患者さんのためのネットワーク構築と環境整備が始まりました。そこで、我々富山大学附属病院小児・AYA世代・妊孕性センターは、富山県内施設の調整役となり、県内でのがん治療と生殖医療の連携をはかるため、「富山県がん・生殖医療ネットワーク」を構築して行きます。また、がん治療医と生殖医療を行う産婦人科医との密な連携のみならず、看護師、薬剤師、心理士、遺伝カウンセラー、相談員など多職種による心理・社会的サポート体制も構築していきます。

センター長メッセージ