ホーム

富山大学附属病院の先端医療

[Q&A]Q:大腸がんの外科治療―大腸がん

富山大学附属病院の先端医療

第二外科(消化器外科)

Q:大腸がんの外科治療―大腸がん

北條荘三/診療講師

Q:大腸がんと診断された場合、手術を受けたほうが良いでしょうか?

A:大腸がんは、比較的ゆっくり進行するがんのため、そのがん自体の切除が、抗がん剤治療や放射線治療と比較し、最も効率が良く、治療効果の高い治療法とされています。ごく早期の大腸がんであれば、内視鏡治療の適応となりますが、多くの大腸がんでは、手術により大腸がんとその周囲のリンパ節の切除が行われます。高度に進行した大腸がんを含めても、大腸がんの85〜95%が切除の対象となります。

Q:大腸がんでは、腹腔鏡手術が行われますか?ロボット支援手術が行われますか?

A:大腸がんは、手術後の腹部の痛みの軽減や、腸管の蠕動の回復が早い利点などから、最近の全国調査では、大腸がん手術の60%前後が腹腔鏡手術により行われている結果が報告されています。当院では、ここ数年、約90%を腹腔鏡手術で行っています。大腸がんの手術に関して、腹腔鏡手術と開腹手術を比較した複数の臨床試験では、手術の安全性や、がんに対する治療成績は、ほぼ同程度と報告されています。

また2018年からは、大腸がんのうち、肛門に近い直腸がんに対してのロボット支援手術が保険適応となりました。当院では2018年6月から導入し、現在は、直腸がんのほぼ全例をロボット支援手術で行っています。ロボット支援手術では、手術器具を装着したロボットのアームが、多関節でさまざまな角度の動きができ、手ぶれもしません。狭い骨盤内の直腸の手術でも正確に手術器具を動かすことができるようになりました。直腸がんの手術では、ロボットの能力を遺憾なく発揮でき、がんを取り残さず、合併症を防ぎ、また、より難易度の高い肛門温存手術を行うための理想的な手術が可能になると考えています。

Q:肝臓や肺に転移がある大腸がんと診断された場合は、手術で治すことができませんか?

A:転移を認めても、転移臓器を含めてがんの切除が可能と判断された場合は、手術での治療を行います。しかしながら、肝臓や肺への遠隔転移を伴う大腸がんの場合、手術単独での治療は困難な場合が多数を占めます。この場合は、手術と抗がん剤を組み合わせて治療を行います。

当院では、消化器内科、消化器外科医師が参加し、毎週キャンサーボードと呼ばれる症例検討会を開催し、手術と抗がん剤治療をどのように選択し治療を進めていくかを、個別に検討しています。こういった積極的な治療により、転移のある症例でも肝切除を行えた場合、5年生存率は50%まで改善を認めるようになりました。

また、大腸がんからの出血や、がんに伴う腸管の狭窄症状(排便困難、腹痛など)を認める場合は、大腸がんのみの切除を行い、その後に、転移巣に対して抗がん剤治療を行うこともあります。

Q:人工肛門(ストーマ)について教えて下さい?ストーマ外来があると聞きました。

A:大腸がんの手術の場合、肛門にごく近い直腸がんの手術や、腸閉塞を伴う大腸がんの手術の場合、人工肛門を作ることがあります。人工肛門は、ストーマとも呼ばれています。

人工肛門は、腸の一部をお腹の壁を通して皮膚の上に出して、肛門に代わって便の出口としたものです。1〜2cmほど皮膚から腸が突き出た形になります。人工肛門は、本来の肛門のように筋肉を使って、お尻を締める、緩めるということができません。そのため、便やガスがいつ出るかわかりません。便の受け皿として専用の袋(パウチ)を人工肛門に張り付けて、便の管理をする必要があります。

がんに罹る患者さんの増加に伴い、人工肛門を必要とする方も多くなってきています。そのような人口肛門をお持ちの患者さん(オストメイトと云います)の診療を行っているのがストーマ外来です。人工肛門管理の専門資格を持った皮膚・排泄ケア看護認定看護師が、それぞれの患者さんの人工肛門の状態に合わせたケアや管理のアドバイスを行っています。当院で手術を行われた方はもちろん、ほかの施設で手術を行われた方も受診することが可能です。また、腸管ストーマ(人工肛門)だけでなく、尿路系ストーマ(人工膀胱や尿管皮膚ろう)に関するトラブルや相談にも対応しています。

一言メモ

大腸がんに対する治療の基本は、がんの切除です。ごく早期のがんであれば内視鏡治療の適応になります。大腸がんの手術は腹腔鏡での手術が主流であり、直腸がんでは、ロボット手術が行われるようになりました。 転移を伴う大腸がんでは、手術と抗がん剤の組み合わせによる治療が必要となります。

図:ステージ0~ステージⅢ大腸がんの治療方針

写真:ロボット手術の手術風景

0〜9

A〜Z

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行