ホーム

富山大学附属病院の先端医療

[Q&A]Q:肝臓がんの外科治療―安全な肝切除術―肝臓がん

富山大学附属病院の先端医療

第二外科

Q:肝臓がんの外科治療―安全な肝切除術―肝臓がん

渋谷和人/診療准教授

Q:肝臓がんとは?

A:肝臓がんとは、肝臓の中にできるがんのことです。肝臓がんには、肝細胞からがんが発生する肝細胞がん(約95%)、肝臓の中の胆管から発生する胆管細胞がん(約4%)があります。

肝細胞がんは、慢性肝炎や肝硬変をもっている方に発生しやすく、特に日本では、C型肝炎ウイルスや、B型肝炎ウイルスが原因の約8割を占めており、その他では、アルコール性肝炎などが原因となります。最近は、糖尿病や肥満、脂肪肝のあるメタボリックシンドロームの患者さんでの発生が増えていることが注目されています。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、一昔前なら見つかった時点で進行していることが多く、肝臓がんは不治の病と言われてきました。しかし現在では、ウイルス性肝炎や脂肪肝であることがわかっていれば、定期的な通院による検査(超音波検査)を受けることが勧められており、これにより肝臓がんの早期発見が可能になっています。近年は、メタボリックシンドロームの患者さんも増えており、知らないうちに脂肪肝になっている患者さんもいます。住民健診や会社の健診で、肝機能が悪いと指摘されたら、まずは専門医療機関を受診することが大切です。

Q:どんな治療法があるの?

A:肝臓がんは、腹部超音波検査、CT検査、MRI検査に加えて血液腫瘍マーカー検査などで診断されます。これは、複数ある治療方法の中から、患者さんごとに最適な治療方針を決める必要があるからです。肝臓がんの治療方針は、現在は「肝癌診療ガイドライン」を参考にして決定することが推奨されています(図1)。その方法は、肝切除術の他、ラジオ波焼灼術、動脈塞栓療法(カテーテル治療)、化学療法(抗がん剤投与)、肝移植術など多岐にわたります。

Q:肝切除術は安全?

A:いくつかの治療の中でも、肝切除術はいちばん確実な治療法の1つと言われています。

しかし、肝臓の中には複雑に無数の血管が走行しており、血液のタンクとも呼ばれる臓器で、手術する際には出血の危険性があります。また、肝臓がんの患者さんは、肝硬変もしくはそれに近い慢性肝炎の方が多く、切除に耐えるための肝臓の機能が低下していることがしばしばあり、術後、肝不全に至る可能性があります。そこで当科では、CT検査のデータをもとに、肝臓の3Dシミュレーション画像を術前に作成しています(図2)。これによって、肝臓内の血管の複雑な走行と、腫瘍との位置関係や、残せる肝臓の容積などを事前に把握することが可能であり、より安全な肝切除術を提供できるよう心がけています。

また当科では、2010年に腹腔鏡下肝切除を開始しました。腹腔鏡下肝切除は、いわゆる「傷の小さい手術」で、通常の開腹手術に比べて出血量が少なく、入院日数が短い、患者さんに優しい低侵襲な手術です。肝臓は肋骨に囲まれた臓器で、開腹手術だと、ある程度の大きさの傷が必要であり、場合によっては、胸まで傷が及ぶことがあります。腹腔鏡手術では、傷が小さいことが患者さんの負担を大きく減らしています(図3)。術後の再発率や、生存率などの治療成績は、通常の開腹手術と同等です(図4)。また、2021年にはロボットを用いた肝切除術を北陸では唯一導入しました。ロボット支援下肝切除は、精細なカメラ映像と、自由度の高い鉗子操作により、より精密で、安全な肝切除の提供が期待されています(図5)。しかし、全ての肝臓がんが適応となるわけではありませんので、腹腔鏡手術をご希望の患者さんは、まずは当科の専門医にご相談下さい。

一言メモ

外科に紹介されたらすぐに手術、というわけではありません。キャンサーボードと呼ばれるカンファレンスを行い、外科、内科、放射線科、病理医が十分に話し合い、治療法を考えております。様々な診療科が、その特性を活かして肝臓がんの治療に当たっており、患者さんにより良い診断・治療方法を提供しています。

図1:治療方針決定のフローチャート(科学的根拠に基づく肝がん診療ガイドラインより)

図2:腹腔鏡切除と開腹切除の術後生存率の比較(2020年:当教室データ)

写真1:肝3Dシミュレーション画像(赤矢印が腫瘍)

写真2:腹腔鏡下肝切除を受けた患者さんの創部

写真3:ロボット支援下肝切除

0〜9

A〜Z

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行