ホーム

富山大学附属病院の先端医療

[Q&A]Q:食道がんに対するロボット手術とは?―食道がん

富山大学附属病院の先端医療

第二外科(消化器・腫瘍・総合外科)

Q:食道がんに対するロボット手術とは?―食道がん

奥村知之/診療教授

Q:食道がんとは?

A:食道は、口から入った食べ物を首(頸部)と胸(胸部)を通って胃(腹部)まで送る管状の臓器で、胸の中では肺や気管、心臓、大動脈、背骨に囲まれています。

食道がんは、食道の内側にある粘膜から発生し、喫煙や飲酒、香辛料を多く使った食事などで危険性が増すと言われています。初期には自覚症状はなく、進行するにつれて食事のしみる感じやつかえ感、胸やけ、痛みなどの症状が現れます。さらに病状が進むと声が枯れたり咳や痰が増えたりすることがあります。

食道がんは、早期発見が難しいこともあり、比較的治療が難しい病気と思われてきましたが、検査や治療法の進歩によって、治る方が増えてきています。

Q:食道がんに対する検査と治療方法は?

A:内視鏡検査(胃カメラ)や、バリウムによる上部消化管造影(透視)によって、がんの位置や形を調べます。さらに、CTやPET-CTなどによって、周りの臓器への広がりや、リンパ節や全身への転移の有無を調べることで、がんの進み具合(病期・ステージ)を診断します。

食道がんの治療法には、手術や内視鏡(胃カメラ)治療、抗がん剤治療や放射線治療などがあり、病期に応じた標準治療を行っています。近年は手術と抗がん剤など、いくつかの治療法を組み合わせることが多くなっています。

Q:食道がんに対する胸腔鏡下手術とは?

A:食道がんに対する最も一般的な治療法は手術です。日本で最も多い胸部食道がんに対しては、頚部、胸部、腹部の手術を同時に行います。

まず、胸部で食道と転移があるかもしれないリンパ節を、気管や心臓、大動脈などから剥がして摘出します。次に、腹部で胃の一部と食道を切り取って、残った胃を細長く伸ばして、頚部の操作で持ち上げた胃と口側の食道とをつなぎます(図1)。

最も患者さんの体にとって負担になる胸部の操作では、以前は大きく開胸していましたが、当院では2008年より胸腔鏡下食道切除術を導入し、これまで180例を超える患者さんに施行しています。胸腔鏡下手術では、肋骨と肋骨の間に5〜10mm程度の傷を4〜5か所つけて、その1つからカメラ(胸腔鏡)を入れて、胸の中の様子を観察しながら手術を行います(写真1)。近年は、腹部の操作も腹腔鏡で行うことで、さらに傷が小さくなり、体に対する負担や痛みが少なく、術後の回復がとても早くなっています(写真2)。

Q:食道がんに対するロボット手術とは?

A:手術支援ロボット(ダビンチ)は、3Dのハイビジョン画像と複数の関節機能によって、ブレのない緻密な手術を可能とするため、食道がん手術のように、狭くて解剖が複雑な手術で威力を発揮すると言われています。

当院では、2020年に富山県では初となる、ダビンチを用いたロボット支援下胸腔鏡下食道切除術を導入し、現在はほとんどの食道がん患者さんに対して行っています(写真3、図2)。この手術によって、これまでの胸腔鏡下手術の精度がさらに高くなり、手術による合併症の1つである、反回神経麻痺がほとんどみられなくなったうえ、出血量も非常に少なくなりました(写真4)。

化学放射線治療後の遺残・再発に対する追加切除手術(サルベージ手術)や、当初は、切除が難しい進行がんに対して抗がん剤治療を行い、腫瘍を小さくしてから切除するコンバージョン手術においても、ロボットを使って安全に手術を行い、良好な成績を得ています。

一言メモ

  1. 当院は、食道外科専門医ならびにロボット支援手術認定指導医が勤務する、北陸では数少ない食道外科認定施設です。食道がんのみでなく、食道良性腫瘍、食道アカラシア、逆流性食道炎などを対象に腹腔鏡や胸腔鏡下手術を含む集学的治療を行っています。
  2. 呼吸機能が低下していて、胸腔鏡下手術を受けることが難しい患者さんには、さらに体の負担が少ない縦隔鏡下手術で、安全に食道がんを切除しています。
  3. 最適な医療を、より安心・快適に受けていただくため、入院前に多職種連携によるオリエンテーションを行うなど、みんなで支える体にやさしい食道がん治療を提供しています。

図1:胸部食道がんに対する手術の模式図

図2:富山大学附属病院における食道がん手術実績

写真1:胸腔鏡下食道がん手術の様子

写真2:胸腔鏡下食道がん手術による傷

写真3:ロボット支援下食道がん手術の様子

写真4:ロボット支援下食道がん手術での反回神経周囲リンパ節切除

0〜9

A〜Z

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行