ホーム

富山大学附属病院の先端医療

[Q&A]Q:肺がんに対する内科治療―肺がん

富山大学附属病院の先端医療

呼吸器内科

Q:肺がんに対する内科治療―肺がん

猪又峰彦/診療准教授

Q:チロシンキナーゼ阻害剤とは?

A: 進行肺がんに対しては、薬剤による治療が中心となります。従来は、抗がん剤が進行肺がんに対する唯一の薬剤でしたが、分子標的治療薬が登場したことで、肺がん診療は大きく変わりました。分子標的治療薬の1つであるチロシンキナーゼ阻害剤は、がんの増殖に関わる分子の働きを抑えることで、すぐれた治療効果を発揮します。チロシンキナーゼ阻害剤は、がんの増殖に関わる分子の元となる遺伝子変異が、がん組織から検出された場合に使うことができます。

2002年には1種類(EGFRチロシンキナーゼ阻害剤)だったチロシンキナーゼ阻害剤は、2021年現在は5種類(EGFR・ALK・ROS-1・BRAF・METチロシンキナーゼ阻害剤)に増えました。

遺伝子変異の検査方法にも発展が見られ、かつては各遺伝子を1つずつ評価する検査方法(PCRやたんぱく質を検出する免疫染色)が主体でしたが、現在は、次世代シークエンサーにより、より多くの遺伝子変異を同時に評価することが可能となりました。私たちは、患者さん一人ひとりに対して、最適と考えられる検査方法を選択し、得られた遺伝子変異の検査結果から、最善の治療方針を提示いたします。

図1に、2016年〜2020年にかけて遺伝子変異検査を行った177例の検査結果を示します。遺伝子変異が陽性となった場合には、チロシンキナーゼ阻害剤によって治療を開始しており、長期間にわたって安定した病状でお過ごし頂いている患者さんが多くいらっしゃいます。

Q:免疫チェックポイント阻害剤とは?

A: 治療可能な遺伝子変異が検出されなかった場合は、チロシンキナーゼ阻害剤を使用することができません。しかし、このような肺がんにおいても2015年12月に、免疫チェックポイント阻害剤が肺がんに対して使用可能となったことで、状況が変わりました。免疫チェックポイント阻害剤は、リンパ球を活性化することで、がんに対する治療効果を発揮します(図2)。2021年現在では、免疫チェックポイント阻害剤の単独投与に加えて、抗がん剤との併用療法や、免疫チェックポイント阻害剤の複数併用療法が開発され、それぞれ、従来の抗がん剤による治療と比較して、治療効果が優れていることが実証されています。

図3と図4に当科における免疫チェックポイント阻害剤による初回治療の現状を示します。かつて遺伝子変異が陰性である場合は、抗がん剤治療が主体でしたが、次第に免疫チェックポイント阻害剤が、初回の治療に組み込まれる割合が高くなってきました。ただし、免疫チェックポイント阻害剤にも他の薬剤と同様に、副作用リスクがあります。特に、活性化した免疫によっておこる副作用などを免疫関連有害事象と呼びます。このため、免疫チェックポイント阻害剤を用いた診療では、注意深い観察が必要です。また治療開始前には、患者さんの体の状態や過去に診断された病気の経過なども含めて検討を行う必要があり、その結果によっては、免疫チェックポイント阻害剤を使用しない方が良い場合もあります。私たちは、一人ひとりの患者さんに対して、最善の治療選択肢を提示することを目標として治療を行っています。

Q:分子標的治療薬における注意点は?

A: チロシンキナーゼ阻害薬の副作用には、にきびに似た皮疹、肝臓の障害、下痢、肺炎が挙げられます。これらの副作用に対しては、予防処置や薬剤の減量・休薬により対応します。チロシンキナーゼ阻害剤による肺炎の発症時期は、投与開始から数週間以内であることが多く、投与開始直後は、特に注意深く経過の観察を行います。

免疫チェックポイント阻害薬の副作用は、治療が継続されている限りは注意し続けることが必要です。早期発見のためには、定期的な検査と早期に症状をお伝えただくことが必要です。免疫チェックポイント阻害薬の副作用は、全身のいずれの箇所でも起こり得るため、症状が軽度である場合、それが薬剤の副作用なのかどうか患者さん自身では判断が難しいかもしれません。何らかの症状が悪化傾向をたどる場合は、早めに受診してください。

一言メモ

  1. 分子標的治療薬の登場によって、肺がん患者さんの予後は大きく改善されました。
  2. 遺伝子変異が陽性である場合、チロシンキナーゼ阻害薬を使用することが可能です。
  3. 免疫チェックポイント阻害薬は、免疫を活性化することで治療効果を発揮します。

図1:2016年〜2020年 当科における肺がん177例の遺伝子変異検査結果

図2:免疫チェックポイント阻害剤の作用メカニズム

図3:2016年〜2020年 当科における遺伝子変異陰性非小細胞肺がんの初回治療の選択

図4:2016年〜2020年 当科における小細胞肺がんの初回全身治療の選択

0〜9

A〜Z

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行