富山大学附属病院 総合がんセンター

富山大学附属病院 総合がんセンター

English

アクセス

がんゲノム医療推進センター

HOME > 先端医療・研究部門 > がんゲノム医療推進センター

がんゲノム医療推進センター

診療体制・業務内容

2018年度より国により「がんゲノム医療」が正式に導入されました。これに伴い当院は「がんゲノム医療連携病院」として公表されております。
2019年9月19日に当院は厚生労働省より「がんゲノム医療拠点病院」に指定されました。全国34施設が指定され、富山県では当院が唯一となります。2019年11月から保険診療で本格始動してから、半年足らずで50例以上のがんゲノム検査を行っています。富山県や周辺医療施設とも連携し、富山県の「がんゲノム医療」発展のためにスタッフ一同、尽力してまいります。

特徴・特色

がんゲノム医療では患者さんの罹患しているがんの性質を専門的に吟味したうえで、ゲノム情報をあらゆる角度から検討する必要があります。
大学病院である当院では、がんの専門家はもちろんのこと、遺伝医療の専門家、遺伝カウンセラー、がんゲノム医療コーディネーターといったがんゲノム医療で必須の人材を要しています。まだまだ克服が難しいがん診療ですが、ゲノム医療の取り組みを通して少しでも患者さんにお役に立てる医療を提供できるよう努力してまいります。
詳しいがんゲノム医療の内容については下記の「がんゲノム医療を希望される患者さんへ」をご覧ください。
がんゲノム医療を希望される患者さんへ

設備など

各臓器別の専門診療科、遺伝子診療部と協力して、がんゲノム医療を支えます。

センター長メッセージ