ホーム

富山大学附属病院の先端医療

[Q&A]Q:胃がんに対する手術治療(鏡視下手術)―胃がん

富山大学附属病院の先端医療

第二外科(消化器外科)

Q:胃がんに対する手術治療(鏡視下手術)―胃がん

平野勝久/助教

Q:胃がんの診断について

A:胃がんの進み具合(臨床病期:ステージ)により治療法が異なります。よって正確な診断を早急に行う必要があります。胃カメラ、胃造影検査、CT検査、場合によっては超音波内視鏡検査、注腸造影検査、MRI検査、PET-CT検査を行って診断します。

当院では、消化器外科医、消化器内科医、腫瘍内科医、放射線科医が常に緊密に連携しており、いつでも相談できる体制で診療に当たっています。

Q:胃がんの外科治療

A:胃の切除に加えて、周りのリンパ節を切除します。胃の切除する範囲は、がんの局在や病期から決定し、胃の切除範囲に応じて、食べ物の通り道を作り直します(消化管再建)。胃切除の範囲は局所切除術、分節切除術、幽門側切除術、噴門側切除術、全摘術を行っています。

しかし、腹膜播種や遠い臓器、リンパ節に転移などが明らかな場合など、主にステージIVに分類される場合には、リンパ節を切除しても延命効果が期待できないため、がんを含めた胃切除のみを行う場合もあります。これは主病巣をおいておくと出血が止まらなくなったり、がんが大きくなって胃の狭窄をきたし、食事が口から摂れなくなったりすることを避けるために行うものです。さらに主病巣の切除すら困難な場合は、食物が通るようバイパスをつくる手術が行われる場合もあります。このような手術は、姑息的手術と呼ばれ、他科とも連携して複数名の医師によるカンファレスを経て、よりよい治療方針を決定しています(一言メモを参照)。また、十分根治手術可能と思われても、患者さんの状態や合併症によって手術を縮小せざるをえない場合もあります。

Q:胃がんに対する腹腔鏡下手術・ロボット支援下手術

A:当院では基本的に、胃がんに対して、腹腔鏡下に行う方針としております。2002年から導入し、現在では手術症例の半数以上を腹腔鏡下手術で行っています。腹部に1cm程度の穴を4〜5カ所あけて、腹腔鏡というカメラで観察しながら胃の切除を行います(写真1、2)。

また2021年より、手術支援ロボット(da Vinci)を用いたロボット支援下胃切除術(幽門側胃切除術・胃全摘術・噴門側胃切除術)を行っています。腹腔鏡よりもさらに精細な3D画像で手術を行うことができるようになり、より緻密な操作が可能となります(写真3)。

胃を切除した後は、食事が通るように再建をしなければならないのですが、この消化管再建を4〜5cmの小さい開腹創から行います。最近では、腹腔内ですべてを行う、完全腹腔鏡手術を行っております。手術創が小さくすむと痛みが少なく、術後の回復が早いため、少しでも患者さんの負担を軽減するためにこのような術式を取り入れています。

Q:胃がん以外の腹腔鏡下手術

A:胃がん以外にも、胃良性腫瘍や消化管間質腫瘍(GIST)といった病気に対して腹腔鏡下手術を取り入れています。胃がん手術と同様に、小さな傷で手術を行うため、患者さんへの負担を軽減することが期待できます。また、2019年より肥満症に対して腹腔鏡下スリーブ状胃切除術を導入しました。この治療は、単なるダイエットではなく、肥満症と診断された患者さんに対して、減量治療の一環として行う治療です(図)。内科をはじめとした多職種連携で、肥満症の治療を行っています。そのなかで必要と判断された患者さんに対して手術治療を行っています。

一言メモ

治療方針は、キャンサーボードと呼ばれるカンファレンスを行い、外科医、内科医、放射線科医、病理医が十分に話し合い、より効果的で、より負担の少ない治療法を考えております。

写真1:腹腔鏡手術画像(拡大視された血管解剖)

写真2:腹腔鏡手術画像(拡大視された血管解剖)

写真3:ロボット支援下手術の風景

図:肥満症手術による減量効果の一例

0〜9

A〜Z

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行