ホーム

富山大学附属病院の先端医療

[Q&A]Q:より低侵襲な呼吸器外科手術―単孔式手術―肺がん、縦隔腫瘍

富山大学附属病院の先端医療

第一外科(呼吸器一般外科)

Q:より低侵襲な呼吸器外科手術―単孔式手術―肺がん、縦隔腫瘍

本間崇浩/診療講師

Q:低侵襲とは、どういうことですか?

A:できるだけ体に負担をかけない、体にやさしい治療法を「低侵襲」治療といいます。呼吸器外科では肺がんなど、胸の中の腫瘍に対する手術を主に行っています。患者さんのほとんどが検診でたまたま発見され、無症状です。このため、病気を治すことはもちろん、治療前と同じ生活にいかに早く戻れるかが非常に重要だと考えています。

私たちは『徹底した低侵襲治療の追求』をテーマに、1日でも早く回復するよう細心の注意を払って治療を行っています。病気をしっかりと治し、合併症がないこと、痛くないこと、苦しくないこと、そして傷はできるだけ少なく、小さく、キレイで目立たないこと、これらを常に心がけています。抜糸も必要ありません。ご高齢の方でも早く元気に退院しやすい治療法です。患者さんが早く回復することは、ご家族にとっても負担を減らすことにつながります。

Q:具体的にどのような治療ですか?単孔式とはどういうことですか?

A:これまでは3〜4カ所の小さな穴(3mm〜3cm)を開け、「胸腔鏡」と呼ばれる太さ5mm〜1cmの内視鏡(カメラ)による手術(「完全胸腔鏡下手術」といいます)を、年間手術の9割以上の患者さんに提供してきました(図1)。年齢、性別、体格を問いません。子どもから若い女性や、ご高齢の患者さんにも安心して内視鏡手術を受けていただくことができます。

私たちは、更なる低侵襲治療を目指し、傷1か所だけの「単孔式手術」を2014年から開始しました(図1)。当初は、肺の一部を切除する肺部分切除術や、肺ブラ切除術、胸に膿がたまる病気である膿胸を対象とし、2018年7月からは肺葉切除術・肺区域切除術・縦隔腫瘍切除術にも導入しています(図2)。傷が1か所なため、いくつも穴を開ける完全胸腔鏡下手術よりも、さらに体へのダメージは小さい方法です。

実際、痛みは少なく、回復も早いため、術後入院期間は従来の完全胸腔鏡下手術より、2日間短縮しました(肺葉切除や肺区域切除では、平均術後5日目で退院します)。それだけでなく、手術室滞在時間も平均90分短くなり、合併症も減りました。

Q:単孔式手術は、誰でも、どこでも受けられるのですか?

A:単孔式手術は非常に高い技術を要するため、実施できる病院は2018年時点で3施設しかありませんでした。富山大学附属病院は、単孔式手術における国内の指導的基幹施設で、当科の手術を学ぼうと、全国から見学者が来院しています。講師として出向くこともあります。また、これまで完全胸腔鏡下手術を提供してきた、ほとんどの患者さんに実施可能です(図2)。ただし、癒着がある場合(術前に予測可能です)や、5cm以上の腫瘍では困難です。

Q:他にどのようなことを心がけていますか?

A:手術の切開は小さいですが、体内では大きなことを行っています。このため、手術後の体に慣れるには少し時間がかかり、その間、自覚症状が出現する場合があります。生じやすい自覚症状は、痛み、咳、息切れです。当科では術後症状ゼロを目指し、どのような患者さんに症状が出やすいか?どうすればゼロにできるか?を徹底的に追求し、対策を練ってきました。

痛みは、睡眠薬をお飲みになるような方が感じやすいということが分かっています。痛みに敏感な方でも、3種類の痛み止めを使い分けることで日常生活を苦痛なく生活できます。咳や便秘も、痛みに関連する原因になるため、あわせて対策しています。

また、術後の息切れを最小限にする治療にも力を入れています。肺を切除した場合、肺活量は切除した分だけ少なくなります。特に肺がん患者さんはタバコを吸っている方が多く、COPDと呼ばれる肺機能が低下する病気も併せ持っている方が4〜7割いらっしゃいます。COPDを合併している場合には、COPDの治療薬を処方することで肺機能は改善し、手術で肺を切除しても影響は最小限となります。

当科では、来院された患者さんとそのご家族はもちろん、日本全体にやさしい治療が広まるよう、さまざまな活動を行っています。私たちが行っている低侵襲治療は、入院日数が短く合併症も少ないため、患者さんと家族だけでなく、医療者の負担軽減、医療コストの削減とあらゆる好循環につながります。日本の将来を見据えた治療を実践していくことが、日本の未来に大変重要だと考えています。

一言メモ

  1. 富山大学は、体により負担の少ない低侵襲治療「単孔式手術」を行い、かつ指導できる、全国でも数少ない基幹施設です。
  2. 子どもから若い女性や、ご高齢の患者さんでも、安心して治療を受けられます。
  3. 入院期間は数日〜1週間程度で済みます。

図1:これまでの手術と単孔式手術

図2:単孔式手術

0〜9

A〜Z

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行