富山大学附属病院 総合がんセンター

富山大学附属病院 総合がんセンター

English

アクセス

頭頸部腫瘍センター

HOME > 臨床部門 > 特定診療分野 > 頭頸部腫瘍センター

頭頸部腫瘍センター

 頭頸部とは,頸部より上で,脳・眼球・脊椎や脊髄を除いた部位の事を指します。 対象とする主な臓器は,口腔,咽頭,喉頭,気管,頸部食道,耳,鼻や副鼻腔,唾液腺,甲状腺などがあります。
 頭頸部は,飲食,呼吸といった生命の基本に関わる他に,話す,聞く,見る,嗅ぐ,味わう等の重要な機能に関わります。また衣服で隠しきれない部位の為,見た目の問題にも大きくかかわる領域です。

頭頸部腫瘍にはどのような病気がありますか?

 何年も増大せず症状を起こさない良性腫瘍から,急速に増大し周囲の臓器を破壊する悪性腫瘍など様々な性質の腫瘍があります。発生する臓器,部位によって,症状も様々です。
 悪性腫瘍の代表的なものとして,舌癌・口腔癌・上顎癌・咽頭癌・喉頭癌・耳下腺癌・甲状腺癌があります。
 頭頸部腫瘍センターでは,これらの腫瘍の診断から治療を行います。  

検査にはどのようなものがありますか?

 視診・触診の他に,内視鏡検査,CT検査,MRI検査,超音波検査などを行います。
また,腫瘍の一部を採取する生検や,細胞診を行う事もあります。
 また腫瘍マーカーを含めた血液検査,悪性腫瘍に対する検査としてはPET-CTも当院で実施可能です。

治療にはどのような方法がありますか?

 良性腫瘍の治療の基本は手術になりますが,腫瘍の性質や発生部位と,手術でのリスク等を十分にご理解されてから,治療に臨むことが出来るよう配慮に努めています。
 悪性腫瘍の場合,根治するための方法は,手術または放射線療法が原則となります。治療効果を高めるために化学療法を組み合わせる場合も多いです。遠隔転移があるような場合は,化学療法が中心となります。
 治療の有無や内容に関わらず,痛みなどの症状緩和にも積極的に取り組んでいます。
 頭頸部腫瘍では,腫瘍の性質や発生部位によって,最善とされる治療法が症例毎に大きく異なりるだけでなく,たとえ全く同じ病状でも,患者様ご自身が何を優先するかで,お一人ずつ治療の選択が異なって当然です。手術,放射線治療の選択も含め,治療については一律に決定するのではなく,患者様との対話の中で,最善の治療を,根拠や理論に基づき提案いたします。

富山大学頭頸部腫瘍センターの特徴は?

 これまで,耳鼻咽喉科と顎口腔外科・特殊歯科がそれぞれの専門性を生かし頭頸部腫瘍を担当していましたが,富山大学頭頸部腫瘍センターの設立によって,それぞれの診療科だけでの治療の欠点を補い合い,より安全,確実,機能を温存した治療を提供していくことが可能となりました。
 また,治療開始前より口腔ケアや歯科治療,嚥下の評価,嚥下・構音のリハビリテーション,栄養の管理を積極的に行い,治療後の機能低下を最小限に抑える事を目指しています。

部門紹介

チーム医療 緩和ケアチーム irAEチーム 腫瘍循環器チーム 薬剤性肺炎チーム

「富山大学附属病院の先端医療」
のページにリンクしています

総合がんセンター概要
アクセス
診療実績
お問い合わせ
臨床部門
特定診療分野
乳がん先端治療・乳房再建センター
膵臓・胆道センター
小児・AYA世代・妊孕性センター
ロボット手術センター
放射線治療センター
オンコサーミアセンター
血液腫瘍センター
頭頸部腫瘍センター
胸部腫瘍センター
消化器腫瘍センター
泌尿器腫瘍センター
婦人科腫瘍センター
肉腫・希少がんセンター
遺伝性腫瘍センター
患者サポート分野
外来化学療法センター
緩和ケアセンター
がん・リハビリテーションセンター
がん相談支援センター
がん和漢薬治療センター
診療支援分野
レジメン登録部門
院内がん登録部門
人材育成部門
キャンサーボード部門
バイオバンク部門
チーム医療
└緩和ケアチーム
└irAEチーム
腫瘍循環器チーム
└薬剤性肺炎チーム
先端医療・研究部門
先端医療開発センター
がんゲノム医療推進センター
がん免疫治療センター
病名から調べる
口腔がん
頭頸部がん
消化器がん
食道がん(内視鏡治療)
食道がん(ロボット手術)
胃がん
肝細胞がん
肝臓がん
大腸がん(早期治療)
大腸がん(外科治療)
がん性疼痛
肺がん
肺がん、縦隔腫瘍
乳房再建
リンパ浮腫
子宮頸がん
小児がん
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫

センター長メッセージ