富山大学附属病院 総合がんセンター

富山大学附属病院 総合がんセンター

アクセス

先端医療開発センター

HOME > 先端医療・研究部門 > 先端医療開発センター

先端医療開発センター

先端医療開発センターでは、がんの臨床研究に関する研究者のサポート業務を行っています。臨床研究法を遵守して、被験者を保護するとともに、質の高い臨床研究を実施し、がん治療の発展と治療成績の向上に貢献します。

臨床試験と当センターの役割

人間を対象とした研究を「臨床研究」といい、臨床研究のなかで何らかの介入の影響を明らかにしようとする前向きの研究を「臨床試験」といいます(日本臨床薬理学会編集「CRCテキストブック」より)。がん診療は、新しい治療が従来の治療と比較して「よりよい治療」といえるかどうかを科学的にも倫理的にも正しい方法で検証し、発展してきました。富山大学附属病院では、複数の診療科が多施設共同臨床試験に参加しています。臨床試験は臨床研究法の厳格なルールの下に実施することが求められていますが、事務的な手続きや業務が膨大で、医師が実際の診療と掛け持ちでこなすことは困難になっています。このような事務手続きや業務、データ管理、スケジュール管理等をサポートするために当センターが設置されました。質の高い臨床試験を実施し、がん治療成績の向上に貢献するとともに、臨床試験に参加された患者さんを保護し、人権を尊重する見張り番としての役割も担っています。

臨床試験コーディネーター

ただ今、準備中です。

センター長メッセージ