未来を切り開くCHANCEがここにはあります

TopImg

富山大学附属病院の初期研修「3つの特徴」

特徴01

First

全国50か所を超える施設で研修可能

 

大学病院だけでは経験が不足する内容を連携施設で研修することが一般的です。富山大学附属病院では、地域医療、救急医療に特化した施設、県内の主要な市中病院、精神・保健医療まで、幅広い・質の高い研修を行うため、北海道から沖縄まで全国50か所以上の医療機関・近隣のクリニックと連携した初期研修を行っています。

 詳しく見る 
研修施設
研修施設


特徴02

Second

たすき掛け1年で市中病院を研修

 

富山大学プログラムを48週選択すれば、残りは自由に「1年間のたすき掛け研修」が可能なシステムで、ほとんどの研修医がこのシステムを利用しています。全国50か所以上の連携施設と組み合わせることで、自由度の高いプログラム設計が可能です。初期研修を大学病院か市中病院かで迷っているなら、ぜひこのシステムが利用できる富山大学での研修をお勧めします。

 詳しく見る 
たすき
たすき


特徴03

Third

各専門領域の講師陣によるイブニングセミナー

 

研修医イブニングセミナーは毎月2回程度開催しています。明日から即役立つ知識から最新の知見まで、各専門領域の有名講師陣から直接講義・指導を受けることができます。前半はすぐ臨床で役立つ内容を、後半は「聞きたい」「知りたい」内容を研修医が主体となって内容を決定しています。院内の初期研修医のみならず、院外の研修医や学生の参加も可能です。

 詳しく見る 
イブニング
イブニング

先輩医師の声

先輩医師
先輩医師

当院で2年間の研修を行った先輩医師の生の声を集めました。富山大学附属病院内の診療科での研修から、全国に広がる関連施設での救急研修や地域医療研修、県内クリニックでの研修での経験が詰まっています。

 詳しく見る 

当院について

About us


初期臨床研修の2年間は、生涯にわたり1度しか経験出来ません。そんな大切な2年間を富山大学附属病院がサポートします。 日常診療をマンツーマンで親身になって指導するだけでなく、人としての温かな触れ合いを大切にする指導医とメンターがいるのも、 この病院の特徴です。当院は大学病院が位置する地理的特徴から、大学病院+市中病院の機能を果たしており、 大学でしか見られないような専門性特化・重症疾患の診療からcommon diseaseまで、幅広く経験することができます。 そんな富山大学附属病院で一緒に働きませんか!




新着情報

News












PageTop