Free

組み立て自由プログラム


富山大初期研修コース概要

1)一般プログラム

いち早く専門医取得を目指す、専門診療科に特化したプログラム
大学病院は多種に渡る専門医育成の為の学会研修施設に認定されています。
1年目から希望診療科で研修し、専門研修へのスムーズな移行を目指すことができます。
複数診療科を総合的に研修するプログラム
すべての専門診療科をプログラムに組み入れることが可能です。

最近では専門医取得を目指すための、プログラム作りが増えています!

2)周産期重点プログラム

小児科コース:小児科研修を充実させた研修コース
産婦人科コース:産婦人科研修を充実させた研修コース
総合コース:小児科、小児外科、NICU、産婦人科等を充実させた研修コース

NICUや愛育病院の研修ができるのはこのプログラムだけです



研修科目及び期間

当院では「内科24週+救急12週+外科など16週+地域医療4週」を必修とし、すべてを履修する必要があります。

研修科目
(最低履修期間)
内 容
必修科目 内 科
(24週)
 本院での研修の場合、以下の診療科で内科研修が可能である。 診療科別のほか、臓器別の選択も可能。研修期間は、原則、12週ずつ2科目あるいは 8週ずつ3科目とする(診療科の合意が得られた場合のみ4週のローテーションも可能)。
 診療科を選択する際は、臨床研修の到達目標、方略における項目を満たすように留意すること。

※第1内科(代謝・内分泌、免疫・膠原病、呼吸器)、第2内科(循環器、腎・高血圧)、 第3内科(消化器、血液)、放射線科(診断、治療)、和漢診療科、脳神経内科、感染症科、 検査・輸血細胞治療部(9月~1月のみ研修可能)、総合診療部、臨床腫瘍部
救急・麻酔
(12週)
本院の災害・救命センター(救急)を4週以上選択すること(必須)。 この期間、麻酔科4週を上限として救急の研修期間とすることができるが、 本院の麻酔科を選択する場合は連続した8週以上の研修を行うこと。
外科系
小児科
産婦人科
精神科
(各4週)
「外科系、小児科、産婦人科、精神科」それぞれ4週以上の研修を行う。

※本院での外科系:第1外科、第2外科、脳神経外科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、皮膚科、形成再建外科・美容外科
地域医療
(4週以上)
地域医療のプログラムを有する200 床未満の協力病院又はクリニックで行う。
この研修で必修項目の一般外来(在宅医療含む)4週以上との並行研修を行うため、8週以上が望ましい。 なお、一般外来研修4週間確保が難しい場合、内科、外科、小児科の一般外来に相当する分を充てることができる。
選択科目 全診療科 希望の診療科を選択できる。各診療科8週以上が原則だが、診療科の合意が得られれば、 4週のローテーションも可能である。保健・医療行政は選択科目とする。

2020年からは「一般外来4週間」が加わりました。当院では地域研修で一般外来診療をすることが可能です!

  • 詳細な研修の到達目標と研修分野と期間についてはこちら

研修目標
研修内容
経験症候
経験症例





たすきがけローテーションについて

最長1年のたすきがけ研修が魅力!


「大学ではしっかりと教えてくれるが…」
「市中病院は症例も多いし、手技も多い」

 多くの初期研修を修了した先輩医師はこう言います ・・・大学1年と市中1年。


「大学」+「市中」の2大メリットを生かした研修ができるのは、富山大学基幹型プログラムだけ!

大学と市中

注意! 富山県内の他病院の基幹型プログラムでは、大学への逆たすき1年は不可能です。ほんの数か月だけです。




たすきがけのタイミングも選べる


大学基幹型プログラムでは、「大学1年」+「市中1年」の最もおいしいとこ取りができるプログラムです。
  1年目 2年目
大学病院 協力病院
協力病院 大学病院
大学病院 協力病院 大学病院 協力病院
協力病院 大学病院
協力病院 大学病院 大学病院 協力病院
協力病院 大学病院
大学病院 大学病院

◎もっとも多いパターンは、「A」の1年目は大学で基礎をまなび、2年目に市中で多くの症例を経験するコースです。 スタンダードであり、実力をつけるには最適なコースだと思います。

○さらに3年目の専門診療科が決まっている場合は、「C」の大学-市中-市中-大学のコースで、最後の大学研修を3年目の専門診療科に所属して、 専門研修を先取りするコースも人気です。

その他、早くから救急にタッチしたい、いろいろ手技をやってみたい研修医は1年目から市中病院を選ぶ場合もありました。



当プログラムで選択可能な関連病院・施設一覧については下記で詳細に案内しています。


連携病院一覧




専門研修との連携も可能

内科

初期臨床研修期間中の症例および病歴要約を、内科領域の専攻研修で必要とされる修了要件160症例の2分の1 (症例は80症例、病歴要約は14症例まで可能)まで登録可能です。 特に内科では『幅広い症例経験』が必要です。呼吸器・膠原病・血液・神経領域は大学ローテーションで研修するとスムーズに経験可能です。

外科

後期研修のプログラム責任者の承認があれば、初期臨床研修期間中の外科症例(NCD登録症例)を100例までは経験症例に加えることができます。

麻酔科

初期臨床研修期間中の麻酔科のローテーションの期間は、麻酔科標榜医申請のための期間に算定されます。





PageTop