free

臨床研修一般コース概要

いち早く専門医取得を目指す

専門診療科に特化したプログラム

・将来進む診療科が決まっているなら、初期研修中に学会専門医取得のための症例をたくさん取得し、専門研修へのスムーズな移行を目指すことができます。
・研修終盤に希望の診療科をローテートすることで、後期研修を先取りするプログラムを作成した先輩もいます。



専門診療科に特化したプログラムの例1(内科系)

・内科系分野を重点的に学び、将来の内科系専門医を目指す。

・必修科目さえ履修すれば、2年目を内科系診療科に特化することも可能である。

1年次 2年次
1~
4週
5~
8週
9~
12週
13~
16週
17~
20週
21~
24週
25~
28週
29~
32週
33~
36週
37~
40週
41~
44週
45~
48週
49~
52週
1~
4週
5~
8週
9~
12週
13~
16週
17~
20週
21~
24週
25~
28週
29~
32週
33~
36週
37~
40週
41~
44週
45~
48週
49~
52週
呼吸器
内科
内分泌
代謝
救急
精神
 
第1
外科
産婦人科 小児科 脳神経
内科
循環器
内科
腎臓
内科
地域
医療
臨床腫瘍 免疫・膠原病 血液
内科
消化器
内科

【特徴】必修科目以外は内科専門医取得を意識したローテーションになっている




専門診療科に特化したプログラムの例2(外科系)

・外科系分野を重点的に学び、将来の外科系専門医を目指す。
・必修科目さえ履修すれば、2年目を外科系診療科に特化することも可能である。

1年次 2年次
1~
4週
5~
8週
9~
12週
13~
16週
17~
20週
21~
24週
25~
28週
29~
32週
33~
36週
37~
40週
41~
44週
45~
48週
49~
52週
1~
4週
5~
8週
9~
12週
13~
16週
17~
20週
21~
24週
25~
28週
29~
32週
33~
36週
37~
40週
41~
44週
45~
48週
49~
52週
第2外科 第1外科 循環器
内科
消化器
内科
第1
内科
救急 麻酔科 産婦 小児
精神
 
地域
医療
第2外科

【特徴】外科系を、必修と選択あわせてより多くの症例登録を目指したローテーションの例




専門診療科に特化したプログラムの例3(救急・麻酔)

・救急・麻酔分野を重点的に学び、将来の救急/麻酔科専門医を目指す。

1年次 2年次
1~
4週
5~
8週
9~
12週
13~
16週
17~
20週
21~
24週
25~
28週
29~
32週
33~
36週
37~
40週
41~
44週
45~
48週
49~
52週
1~
4週
5~
8週
9~
12週
13~
16週
17~
20週
21~
24週
25~
28週
29~
32週
33~
36週
37~
40週
41~
44週
45~
48週
49~
52週
救急 麻酔科 第2
内科
第3
内科
第1
内科
救急 小児科 第1
外科
産婦
人科
地域
医療

精神
 
脳神経
外科
救急

【特徴】救急専門医を意識した例。麻酔科研修では標榜医を取得するための症例としても使える。




じっくり見てから考える

総合的に研修するプログラムの例

複数診療科を総合的に研修するプログラム

・すべての専門診療科をプログラムに組み入れることが可能です。

・多くの診療科を回って幅広く総合的に学べる

1年次 2年次
1~
4週
5~
8週
9~
12週
13~
16週
17~
20週
21~
24週
25~
28週
29~
32週
33~
36週
37~
40週
41~
44週
45~
48週
49~
52週
1~
4週
5~
8週
9~
12週
13~
16週
17~
20週
21~
24週
25~
28週
29~
32週
33~
36週
37~
40週
41~
44週
45~
48週
49~
52週
第1
内科
総合
診療
第2
内科
救急 麻酔科 小児科
精神
 
地域
医療
第2
外科
第3
内科
救急 耳鼻科 形成外科 産婦
人科
血液
内科
脳神経
内科

【特徴】将来の進む専門科はいろいろローテーションしてから決めることも可能
【特徴】途中で科を決めた時、以降のローテーションもフレキシブルに変更可能(規定内で)





TopPage