本文へジャンプ

歯科臨床研修

歯科臨床研修

全身を通して口腔疾患を診断・治療できる歯科医師を目標とする

 当院での卒後歯科臨床研修は、地方大学医学部付属病院という特色を生かした充実した研修内容が特徴です。医学部付属病院には、歯科疾患から口腔疾患までありとあらゆる患者さんが歯科口腔外科を受診します。そのため、齲蝕や歯周病、補綴治療などの一般歯科治療から、口腔粘膜疾患、口腔腫瘍、顎変形症、唇顎口蓋裂などの極めて専門性の高い口腔外科疾患の診断と治療の全てを当科で担当します。研修医にとっても、あらゆる分野を幅広く勉強することができ、また、さまざまな全身疾患を有する患者さんの歯科治療を実際に担当することになります。当院附属病院では、他診療科の先生方の御協力によって、歯科研修医は、麻酔科、内科、救急部で研修を受けるのも特徴の一つです。超高齢化社会を迎え、ますます多様化する歯科医療の将来の担い手である若い歯科医師にとっては、間違いなく将来に役立つ知識や技術を習得することが可能です。研修終了後は、日本口腔外科学会認定医・専門医の習得を目指し、口腔外科の研鑽をさらに積むことも可能です。また大学院への進学や、県内外の病院歯科での勤務など、様々な場での活躍が期待されます。

野口 誠 教授

 今年度、卒業予定の皆さん、歯科医師としての第一歩を富山大学で始めませんか。
 歯科医師としてのキャリア―のスタートとして、初期研修は非常に大切です。高齢化社会のわが国において、全身の基礎疾患を有する患者さんの治療を行う機会はますます増えるでしょう。そのようなことから、富山大学のプログラムは、一般歯科研修の他、全身管理の研修として、内科、麻酔科、救急救命の研修を充実させています。
 都会の喧騒を離れ、静かで落ち着いた環境の中で、じっくり2年間勉強してください。

冨原 圭 准教授

 将来に役立つ知識と技術を身につけるため、一緒に学びましょう。志のある皆さんの応募を心よりお待ちしております。

藤原 久美子 助教

 2年間の研修後、成長した自分の姿を楽しみにしてください。

池田 篤司 助教

 当院の歯科研修は医科研修と同様のプログラムで行われており、全身管理に対する幅広い知識と、歯科口腔外科領域での専門的な技術を得ることができると思います。

研修スケジュール

1年次
(月) 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
(例) 歯科・口腔外科 全身
管理
(内科)
2年次
(月) 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
(例) 全身管理(麻酔科) 全身管理(救急部) 歯科・口腔外科

身分と処遇

身分 臨床研修医(非常勤)
手当て(月額) 400,000円
宿舎 有り 戸数に制限有(医科研修医と歯科研修医用)
専用の休憩室 研修医ラウンジ有り(附属病院卒後臨床研修センター内)
保険 社会保険有り
医療保険:全国健康保険協会管掌健康保険
公的年金:厚生年金
労災:労働者災害補償保険法の適用あり
雇用保険:あり
医師賠償責任保険:必ず加入すること
健康管理など 健康診断:年1回あり 学会、研究会等への参加可能