本文へジャンプ

指導体制

卒後臨床研修センター


センター長
山本 善裕 教授

 富山大学附属病院の初期臨床研修は研修医の希望に添った自由度の高い個別化した研修プログラムを選択できることが最大の特徴であり、2017年度から始まる新専門医制度にも既に十分対応できています。
 一般コースでは、内科系、外科系などの必修および選択必修科目を中心に多くの診療科を経験する総合的なプログラムに加えて、新専門医制度を念頭に置いた将来進もうと考えている診療科にある程度特化したプログラムを組むことが可能です。また、小児科と産婦人科の特別コースも設けています。もちろん、たすき掛けローテーションとして富山県内外の研修協力病院で一定期間研修を行いcommon diseaseを数多く経験することも可能です。大学病院と市中病院のそれぞれの長所を活かす、たすき掛け研修プログラムは推奨されている一つのパターンです。
 富山大学附属病院には、国内外で広く活躍している様々な分野のエキスパートが多数在籍しています。従って、現在の標準的な診療のあり方を経験できるだけではなく、最先端のエビデンスを基にしたカンファレンスへの参加や専門医へのコンサルテーションを受けることが出来ます。院内での症例検討会や様々な学会で発表する機会にも恵まれています。また、大学病院には色々な学年の医師が多数勤務しており、自然と充実した屋根瓦式教育が行われています。
 研修医の皆さんが充実した研修ができるよう、これからも常に私たちが全力でサポートしていきます!

スタッフ

職名 医師名 専門分野
センター長(兼)教授 山本 善裕 感染症科
副センター長(兼)診療教授 川口 善治 整形外科
副センター長(兼)准教授 石木 学 代謝・内分泌内科
副センター長(兼)准教授 藤浪 斗 消化器内科
副センター長(兼)診療講師 島 友子 産科婦人科
副センター長(兼)診療講師 吉岡 伊作 消化器外科
事務担当 高尾 京子
事務担当 今村 康太郎
事務担当 小谷 好美
事務担当 菊 絵理