本文へジャンプ

スマイルキッズ

保育理念・保育目標・保育方針

保育理念

 のびやかに育て 大地の芽

 あたたかな環境の中で、一人ひとりの心に寄り添い
 人や物・自然との豊かな出会いや体験を通して
 生きていく力を育てます。

保育目標

  •  自分で考え行動できる子ども
  •  思いやりのある子ども

保育方針

  •  子どもの思いや気づきに共感し、自分でやろうとする気持ちを育む
  •  一人ひとりの個性、発達段階を的確にとらえ関わる
  •  身近な大人や友だちとの関わりを通して社会性を育てる
  •  自然とのふれあいを通し、命の大切さを伝える
  •  保護者と連携し、子どもの成長を共に支え見守る。

ページの先頭へ

保育所(スマイルキッズ)

施設概要

 平屋建て 延床面積:242平方メートル

保育所外観

下の小さな画像をクリックすると上の大きな画像が切り替わります。

運営形態

 下記の保育業者に委託しています。

 株式会社 サクセスアカデミー 受託保育運営部
 〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-1-15藤沢リラビル3階
 電 話: 0466-29-5560 FAX: 0466-28-3500
 担当者:上越営業所 種岡(エリアマネージャー)、東京支店 横山(スーパーバイザー)

ページの先頭へ

保育所の概要

保育日

月~金(年末年始12/29~1/3 及び特に指定した場合を除く)

保育時間

基本時間 7:30~18:30
延長保育 18:30~20:30
夜間保育 18:30~翌10:00(金曜日のみ)
一時保育 半日単位(原則、1カ月間に7日間以内の利用)
休日保育 7:30 ~ 18:30(土、日、祝日)
18:30~翌日9:00(土曜のみ)
※休日保育はスマイルキッズ入所者のみ利用可

保育対象

富山大学職員が養育する生後9週目から小学校就学前までの乳幼児
(附属病院に勤務する職員のお子様を優先いたします。)
保護者のいずれかが育児休業中の保育所の利用は、原則認めないこととする。

保育定員

40名(0歳7名、1~2歳20名、3歳以上13名程度)
夜間保育定員:6名(1日当たり)
休日保育定員:6名(1日当たり)

保育料金

基本保育 0~2歳 40,000円/月
3歳以上 30,000円/月
延長保育 200円/30分
夜間保育 2,000円/回
一時保育 1,500円/半日
休日保育 400円/H

(H27.4.1改正)

※兄弟2人目からは安価な方の月額料金を半額(基本保育のみ)
※半日とは午前(7:30~12:30) 午後(12:30~18:30)。午前・午後にまたがる場合は2回分

給食費

基本保育 350円/日(昼食・おやつ2回) 600円/日
(左記セットの場合)
夜間保育 300円/回(夕食・おやつ1回)
一時保育 300円/回(昼食) 50円/回 (おやつ)
延長保育 夕食、おやつは保護者でご用意ください。
(急な延長でご持参できない場合は、保育所で用意し実費にて精算致します。)
休日保育 給食とおやつは保護者でご用意ください。

※ミルクおよび、夜間保育の翌日の朝食は保護者でご用意してください。

保育料・給食費は1ヶ月単位で精算し、翌月銀行口座より引き落としさせて頂きます。(引き落とし手続きが完了するまで1~2回は銀行振り込みになります)

利用制限

 下記の場合は、原則お預かりできません。

  1. 発熱38℃以上
  2. ひどい下痢、嘔吐等
  3. 以下の伝染病の場合は出席停止になります。

 ※「意見書」に医師のサインを受けてから登所させて下さい。

意見書が必要な疾病
感染症名 出席停止の期間
エボラ出血熱,天然痘(痘瘡)クリミヤ・コンゴ出血熱,ジフテリア、南米出血熱,ペスト,マールブルグ病,ラッサ熱,急性灰白髄炎(ポリオ),重症急性呼吸器症群(病原体がコロナウイルス属SARS コロナウイルスであるものに限る)ジフテリア,鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る),新型インフルエンザ等感染症、指定感染症、新感染症 治癒するまで
 インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1及び新型インフルエンザ感染症を除く) 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後3日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は、5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹(はしか) 解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺嚥下腺又は舌下腺の腫腫が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
風疹 発疹が消失するまで
水痘(水ほうそう) すべての発疹が痂皮化する(かさぶたになる)まで
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状消失後,2日経過するまで
結核
髄膜炎菌性髄膜炎
腸管出血性大腸菌感染症、コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎,急性出血性結膜炎
 症状により医師において感染の恐れがないと認められるまで

上記以外の感染症の場合も受診後の登所をお勧めします。

※出席停止の日数の数え方について
日数の数え方は、その現象が見られた日は算定せず、その翌日を第1日とします。例えば、インフルエンザにおいて「発症した後5日」の場合の「発症」とは、「発熱」の症状が現れたことを指し、日数を数える際は発症した日は含まず「翌日を第1日」と数えます。「解熱した後3日」の場合の数え方も同様です。

その他

カラー帽子 700円
児童氏名のゴム印 250円
健康診断(年2回実施) 500円/回

ページの先頭へ

1日の流れ

時 間 0歳 1~2歳 3歳以上
7:30
順次登所
視診・検温
あそび
順次登所
視診
あそび
順次登所
あそび
9:30
ミルク
睡眠
あそび

※保育者と一緒に安心して遊びます。一人ひとりの発達に合わせ生活リズムを整えていくようにします。

おやつ・牛乳
あそび

※だんだん歩行が安定してきて活動範囲も広がります。体をたくさん動かしたり、友だちとの関わりが少しずつ増えたりしていきます。

おやつ・牛乳
あそび

※今日は何をしようかな?考え工夫しながら遊びをひろげていきます。

10:00
ミルク    
11:30
離乳食
睡眠
食事 食事
13:00

離乳食
ミルク
お昼寝

めざめ
年齢別に活動
15:00

検温

あそび
おやつ

あそび
おやつ

あそび
16:00
夕方のあそび
ミルク
夕方のあそび 夕方のあそび
18:30
降所
延長(※夜間)保育開始
降所
延長(※夜間)保育開始
降所
延長(※夜間)保育開始
20:30
延長保育終了 延長保育終了 延長保育終了

※金曜日(予約時)のみ

ページの先頭へ

年間行事予定

4月 進級式
5月 子どもの日の集い・
ピクニック
6月 保護者懇談会
7月 七夕まつり・
保育参観・
プール開き
8月 給食参観
9月 運動会
10月 親子遠足・
観劇(3歳以上児)
11月 保護者懇談会
12月 クリスマス会
1月 お正月遊び会・発表会
2月 豆まき、給食参観
3月 ひなまつり・卒園式

※毎月、誕生会・避難訓練・交通訓練・身体計測、年2回健康診断を行います。

ページの先頭へ

食事・おやつ

  • 給食は栄養計算の上、子ども達がおいしく食べられるメニューをご提供致します。
  • 幼児食・離乳食(3期に分けて)の4段階対応致します。
  • 行事などの際は、保育所内で子どもと一緒に手作りおやつ等を作ることもあります。
  • 園庭に畑を作り、子ども達の収穫した野菜などもメニューに加えていきます。
  • アレルギー、慢性・先天性疾患等で食事に制限のあるお子様はお申し出下さい。(除去食を始めるにあたっては、医師の指示書が必要です。)
  • ミルクは御用意ください。※授乳が必要な場合は、ご相談ください。
  • 休日保育は、食事・おやつ・お茶・箸・フォーク等、全て各自持参願います。
昼食 11:30頃
おやつ 9:30、15:00頃
夕食 18:00頃

ページの先頭へ

持ち物

品    名 0歳児 1歳児 2歳児 3~5歳児
パンツ     ◎3
肌 着
着替え
汚れても良い服  
食事用エプロン *5 *5    
よだれかけ *5 *5    
ガーゼハンカチ(5ヶ月まで) 3~4      
おしぼりタオル(6ヶ月から)
ビニール製きんちゃく袋
ビニール袋(汚れ物用)
ミルク   *1 *1    
哺乳瓶(大、小)乳首 *3セット *2セット    
コップ  
歯ブラシ   ◎1 ◎1
紙おむつ 5~8 5~8 5~8  
布団上下(毛布/タオルケット)
おしり拭き  
バスタオル(午睡用)
避難用靴  

*は必要に応じてお持ちください。
◎は保育所からの指示があってからお持ちください。
すべての持ち物に名前を書いてください。

ページの先頭へ

入所までの流れ

病院総務課へ「入所申込書」をご提出
選考後、内定通知を交付
内定通知をもとに、保育所にて親子面接を実施
(入所時に必要な書類をご提出ください。)
本院小児科外来で入所児健康診断を受診
入所
ご希望により「慣らし保育」を実施いたします。
入所申込書は年度ごとに申請が必要になります。来年度も保育所利用を希望される方は8月末までに来年度分の申込書を提出願います。
なお,入所希望者が定員を超える場合には選考により入所者を決定しますのでご了承ください。

ページの先頭へ

ご利用に当たって

1 利用予定表について

 「保育所利用予定表」は前月25日まで、保育所にご提出ください。
 「休日保育(ベビーシッター)利用予定表」は前月20日まで、保育所にご提出ください。
 (休日保育は受入れ児童を先着順で決めていきます。)
 (記入方法 ●●:00分、または●●:30分からの30分単位でご記入下さい。)

2 利用予定の変更について

  1. 保育所利用予定表を提出後、勤務変更等のやむを得ない事情が発生し、利用日・時間の変更が生じた場合は、必ず速やかに保育所にご連絡ください。
    保育所に職員がいない場合には、留守番電話に用件をいれてください。
    20:30までは責任を持ってお預かりいたします。
    (保育者の数は、児童の利用予定数によって決まりますので、急な変更については対応できない場合がございます。)
    例:病気等で欠席・早退・遅刻等がある場合や、仕事のご都合等で延長せざるを得ない場合など。
  2. 保育所を休む時は、必ず午前8時までにご連絡ください。また、お子様の体調が悪い場合は状態(発熱、発疹、下痢等)もお知らせください。

3 キャンセル料について

 延長保育の予約変更・キャンセルは利用日当日の18時まで、
 一時保育の予約変更・キャンセルは利用日前日(休所日含まず)の17時まで、
 夜間保育の予約変更・キャンセルは利用日当日の12時まで、
 休日保育の予約変更・キャンセルは利用日前日(土、日、祝日含まず)の17時までに
 ご連絡いただけない場合は、キャンセル料(キャンセルした利用時間の料金)が発生いたします。

4 入所児健康診断について

 入所される前に本院小児科外来で健康診断を受けてください。
 健診日は金曜の午後です。予め小児科外来(内線7703)に連絡し健診日を決めてください。健診日が決まりましたら、病院総務課(内線7077)にご連絡ください。 

5 慣らし保育について

 最長3日間まで慣らし保育(半日程度)をご利用できます。
 一時保育の形でお申し込み下さい。料金は半日当たり1,500円です。

6 送り迎えについて

  1. 送り迎えは、原則として保護者の方とします。保護者以外の方がお迎えにいらっしゃる場合には、事前に保育所にご連絡ください。
  2. 玄関及び門は防犯上施錠しておりますので、インターホンを押してお知らせください。モニターで確認後、保育者がお名前を伺いますのでお応えください。
  3. 登所の時
    ・お子様の健康状態などで気になることがございましたら、保育者にお伝えください。
    ・連絡ノート等は所定の場所へ置いてください。
    ・食べ物やおもちゃ、お金は持ってこないようにお願いします。
  4. 降所の時
    ・ロッカー内(衣類の補充等)の確認をしてください。
    ・連絡ノート等は所定の場所よりお持ち帰りください。
    ・掲示板やその他の連絡事項を必ず見てください。

7 住所、勤務先、連絡先(携帯、TEL等)の変更、または申込時の勤務先(部署)と違う場所で勤務される場合は、保育所にお知らせください。 

ページの先頭へ

ご家庭との連携

  1. 登所時に保育者にご家庭でのお子様の様子をお伝えください。降所時には保育所でのお子様の様子をご連絡いたします。
  2. 連絡帳に食事・活動・睡眠など、保育所での様子を記入いたします。ご家庭での様子もご記入ください。
  3. 保育所だより、献立表、年間行事表等を発行いたします。
  4. 保護者懇談会や個人面談を実施します。
  5. 保育所のことでお気づきのこと・改善して欲しいこと・悩み等がありましたら、保育者にご相談ください。

ページの先頭へ

病児対応について

 お子様が保育中に具合が悪くなった場合はご連絡致しますので、なるべく早めにお迎えに来て頂くようお願い致します。
 なお、仕事上すぐにいらっしゃれない場合は、以下のとおり対応させていただきます。

  1. 保育者が保護者へお子様の容態を連絡し、保護者の指示を仰ぎます。
  2. 保護者が病院での診察を希望された場合は、保護者に本院小児科外来の受診手続きをしていただき、その後、小児科外来まで保育者がお子様を引率し、保護者へお渡しします。
    (診療を希望しない場合は、お迎えが1時間以内であれば安静室にてお預かりし、お子様の様子を観察いたします。)
  3. 病児・病後児保育室(たんぽぽルーム)のご利用を希望される場合は,次項の「病児・病後児保育室(たんぽぽルーム)」をご参照ください。

ページの先頭へ

保育所での与薬

 原則として保育所での投薬はいたしません。
 ただし、やむを得ぬ場合は当保育所の自主基準を遵守いただき「与薬依頼書」に薬を添えてご提出下さい。

ページの先頭へ

病児・病後児保育室(たんぽぽルーム)

 詳細はこちらをご覧ください。

ページの先頭へ

お子様がケガをされた場合

 万が一お子様がケガをされた場合は、保護者の方にご連絡の上、保育者が引率して附属病院を受診いたします。

ページの先頭へ

補償制度

 お子様のケガ等には十分注意して保育に当たりますが、万が一ケガや設備備品・個人の持ち物を壊してしまったような場合には、(株)サクセスアカデミーの加入している総合補償制度により補償させていただきます。

補償保険

対人 1名 10億円
1事故 10億円
対物 1事故 10億円

傷害保険

死亡・後遺障害 100万円
入院日額 1,500円
通院日額 1,000円

ページの先頭へ

防犯等

  • 玄関及び門は、常時施錠し、インターホンで保育者がお名前を伺います。
  • 侵入者があった時の訓練を定期的に実施しております。
  • 散歩の時には保育者が防犯ブザー及びPHSを携帯しています。

ページの先頭へ

災害時の避難場所

  • 陸上競技場

ページの先頭へ

保育所に関する窓口

 窓口は、病院総務課《内線7077》となります。
 ご不明な点等ございましたら、どうぞご連絡ください。

お問い合わせ・お申込み先

 富山大学附属病院 病院総務課
 〒930-0194 富山市杉谷2630
 TEL:076-434-7077 FAX:076-434-1463

 富山大学附属病院保育所(スマイルキッズ)
 〒930-0194 富山市杉谷2630
 TEL・FAX:076-407-5041(内線:2260)

ページの先頭へ