本文へジャンプ

プログラム概要

プログラムの理念・概要・特色

 本プログラムは、大学附属病院に求められる周産期ハイリスク症例の治療ニーズに応え、かつ地域における周産期医療を継続的に発展させるため、次世代を担う、普遍性と専門性を合わせ持つ総合力の高い周産期医療人を育成することを目的とするものです。プログラムの運用・実践は、院内関連診療科が協力連携して行い、現在再整備進行中の新病院における施設運用及び整備を併せて推進します。
 また、周産期医療における女性医師の役割を重視し、その勤務継続、復帰支援のための対応強化を図るとともに、富山県周産期医療の一層の充実を図るため、県内関連医療機関及び県行政機関との連携を推進します。

卒後臨床研修センター 各診療科 専門医養成支援センター 富山県

プログラムの特色

 プログラムの特色は以下の3点です。

1.通常の早産管理(産科医)、未熟児治療(新生児科医)のみならず、新生児外科医の育成も含めた真の周産期医療のプロフェッショナルを育成。2.女性医師が出産後も継続的に就業できる体制を確立。3.地域医療に立脚した医師育成計画

ページの先頭へ