集学的がん診療センター

TOP > がん相談・地域連携部門

がん相談・地域連携部門

がん相談・地域連携部門

じっくりとお話を伺い、適切な情報を提供します。

院内に「がん相談支援センター」を設置し、がん患者さんやご家族および地域の医療機関などから寄せられる「がん」についての相談に対応しています。専任の看護師(緩和ケア認定看護師)、医療ソーシャルワーカー(MSW)、がん相談員がじっくりとお話を伺い、適切な情報を提供することで相談者の悩みや疑問を解消し、身体的・心理的・経済的な負担を軽減するお手伝いをします。また、患者さん自身が納得した医療が受けられるよう、セカンドオピニオンに関する相談にも対応しております。
「ほほえみサロン(がん患者サロン)」では、患者さん同士で悩みを語り合い交流をもつことで心の負担を軽減しQOLの向上につながるよう、定期的に茶話会やミニ講座などを開催しています。 さらに、地域がん診療連携拠点病院として「がん地域連携クリティカルパス」を活用し、地域の医療機関との連携を図っています。

スケジュール

マジックショー

ほほえみサロンでマジックショーを開催します。ぜひおいでください💛

日 時:平成31年2月20日(水) 14:00~30分程度
会 場:ほほえみサロン
演 者:アマチュア奇術講師  澤田 保さん
お問合せ:富山大学附属病院 がん相談支援センター
TEL: 076-434-7725




ウィッグ試着会

「美容室kaburiさん」「アデランスさん」による ウィッグの試着会を開催します。

日 時:毎週第2水曜日 13:00~15:00
会 場:ほほえみサロン
お問合せ:富山大学附属病院 がん相談支援センター
TEL: 076-434-7725


ウィッグ試着会は「アピアランスケア」の一環です。

治療の副作用による外見の変化が気になり、
「変わってしまった自分の姿を見られたくない・・・」との思いから、
社会とのつながりや人間関係を避けてしまう患者さんも
少なくありません。
仕事やご近所での対人関係、お子さんの学校行事への参加、
ご家族とのコミュニティ など
様々な社会生活が送りにくくなってしまうこともあります。

アピアランスケアの目的は、美しくなることではなく、
患者さんが今までどおり自分らしく生活することで、
社会との繋がりを保ちながら治療生活を送ることができるようにサポートをすること です。

ウィッグを利用することで、患者さんの気持ちが少しでも軽くなれば嬉しく思います。


スタッフ紹介

職名 氏名 専門分野
がん相談・地域連携部門長 長田 拓哉 乳腺・内分泌外科、消化器外科(兼任)
看護師 土地 園美 (兼任)
看護師 林 直美 緩和ケア認定看護師・がん相談(専任)
看護師 中本 敬子 がん相談(専任)
MSW 伊井 瑞穂 がん福祉相談(兼任)

連絡先

富山大学附属病院
集学的がん診療センター
〒930-0194 富山市杉谷2630

TEL.(076)415-8861

がん相談支援センター

TEL.(076)434-7725
FAX.(076)415-8862

がん遺伝相談部門

TEL.(076)415-8820
FAX.(076)415-8820

がんゲノム医療推進センター

TEL.(076)434-7725
FAX.(076)415-8862
病気のこと治療のことなどお気軽にご相談ください
Facebook