富山大学附属病院 総合がんセンター

富山大学附属病院 総合がんセンター

English

アクセス

外来化学療法センター

HOME > 臨床部門 > 患者サポート分野 > 外来化学療法センター

外来化学療法センター

薬物療法を受けるがん患者さんのQOL向上のために、外来化学療法センターを設置し、積極的に外来通院治療を行っています。センターでは、専任看護師10名、薬剤師4名を配置し、患者さんができるだけリラックスした状態で点滴治療を受けていただけるよう、明るく静かな環境作りを心掛けています。

外来化学療法センター写真 外来化学療法センター写真

外来化学療法センターについて

これまで、がん薬物療法は、入院して治療を行う事が一般的でした。最近になり、抗がん剤特有の吐き気や怠さに対する薬剤や対処が進歩し、外来通院で治療を行うことができるようになってきました。ただし、外来で安全に化学療法を行うためには、がん治療を専門とするスタッフの手助けも必要となります。
このような需要から、当院でも2006年に外来化学療法センターが設立され、センターを利用する患者さんは年々増えています。これに対応するため、2020年8月より8台のベッドと16台のリクライニングチェアの計24床に増床しました。

看護師によるサポート

患者さんにとって安全・安楽・確実な治療を実施すること、看護の専門性を発揮し最良のケアを提供することを目指し、日々患者さんと関わっています。通院で継続した治療受けられるよう治療と日常生活、仕事との両立を考えたセルフケアの提案を行っています。

薬剤師によるサポート

外来での化学療法を安全に実施するためには副作用の管理が重要です。薬剤師は医師、看護師等と協同して安全に化学療法が実施できるようにサポートしています。当院の特色としては薬剤師2名が常駐して業務を行っていることが挙げられます。薬剤師は主に処方の内容確認、薬剤の準備、患者さんへの服薬指導を行っています。
また近年私たちは患者さんのかかりつけ薬局との情報共有を積極的に行い、より安全に外来化学療法が実施できるような取り組みも行っています。

治療の流れ

治療の流れ

部門紹介

チーム医療 緩和ケアチーム irAEチーム 腫瘍循環器チーム 薬剤性肺炎チーム

「富山大学附属病院の先端医療」
のページにリンクしています

総合がんセンター概要
アクセス
診療実績
お問い合わせ
臨床部門
特定診療分野
乳がん先端治療・乳房再建センター
膵臓・胆道センター
小児・AYA世代・妊孕性センター
ロボット手術センター
放射線治療センター
オンコサーミアセンター
血液腫瘍センター
頭頸部腫瘍センター
胸部腫瘍センター
消化器腫瘍センター
泌尿器腫瘍センター
婦人科腫瘍センター
肉腫・希少がんセンター
遺伝性腫瘍センター
患者サポート分野
外来化学療法センター
緩和ケアセンター
がん・リハビリテーションセンター
がん相談支援センター
がん和漢薬治療センター
診療支援分野
レジメン登録部門
院内がん登録部門
人材育成部門
キャンサーボード部門
バイオバンク部門
チーム医療
└緩和ケアチーム
└irAEチーム
腫瘍循環器チーム
└薬剤性肺炎チーム
先端医療・研究部門
先端医療開発センター
がんゲノム医療推進センター
がん免疫治療センター
病名から調べる
口腔がん
頭頸部がん
消化器がん
食道がん(内視鏡治療)
食道がん(ロボット手術)
胃がん
肝細胞がん
肝臓がん
大腸がん(早期治療)
大腸がん(外科治療)
がん性疼痛
肺がん
肺がん、縦隔腫瘍
乳房再建
リンパ浮腫
子宮頸がん
小児がん
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫

センター長メッセージ