富山大学附属病院 総合がんセンター

富山大学附属病院 総合がんセンター

English

アクセス

遺伝性腫瘍センター

HOME > 臨床部門 > 特定診療分野 > 遺伝性腫瘍センター

遺伝性腫瘍センター

「ていねいな遺伝カウンセリング」と「適切な遺伝子検査」

がんの発症には遺伝的要因と環境的要因が様々な割合で関わってきます。
遺伝的要因ががんの発症により強くかかわる場合、家族内・親族内にがん患者が多数みられることがあり「家族性がん」や「遺伝性がん」とよばれます。
近年の分子遺伝学の進歩により「家族性がん」の原因が解明されある種の遺伝子の変異ががんの発症に関わることがわかってきました。
このような医学の進歩のなかで家族性がんの患者さまとご家族のニーズにこたえるため2015年4月から集学的がん診療センター内にがん遺伝子相談部門を開設し、2020年より遺伝性腫瘍センターとして稼働しています。
当センターでは臨床遺伝専門医と各診療科の専門医よりがんの遺伝と遺伝子検査に関する説明(遺伝カウンセリング)を丁寧に行い、患者さまの希望に基づき倫理的問題について十分に配慮した上で遺伝子検査を行っています。
また精神神経科医師や看護師も積極的に診療チームに加わり患者さまの精神面のサポート体制も整えています。
現在、主に家族性乳癌卵巣癌症候群と遺伝性大腸がんであるリンチ症候群の患者さまとご家族に対する遺伝カウセリングと遺伝子検査を行っていますが、今後さらに対象疾患を増やしていく予定です。

がん遺伝相談をご希望のかたへ

主な対象疾患遺伝カウンセリングとは

遺伝カウンセリングでは、「家族性のがんでは?」と心配されている方に、まず家族内(祖父母、父母、叔父叔母、兄弟姉妹、子など)に同様の病気をお持ちの方がいるか詳細にお聞きし、家系図を作ります。
その情報から「家族性がん」であるか判断し、「家族性がん」であることが強く疑われる場合は、この病気について詳しく説明します。
また、遺伝子検査に関しても意義や注意点などを丁寧に説明し、必要な場合は遺伝子検査を行います。
遺伝子検査を受けられた方には、後日その結果を詳しく説明し、今後の経過や対応などの情報やご親族の方々のリスクなどをお伝えいたします。

遺伝カウンセリングの申込みについて(完全予約制)

遺伝カウンセリングを希望される方は、予約が必要になります。
富山大学附属病院 遺伝カウンセリングのお申し込みについて

部門紹介

チーム医療 緩和ケアチーム irAEチーム 腫瘍循環器チーム 薬剤性肺炎チーム

「富山大学附属病院の先端医療」
のページにリンクしています

総合がんセンター概要
アクセス
診療実績
お問い合わせ
臨床部門
特定診療分野
乳がん先端治療・乳房再建センター
膵臓・胆道センター
小児・AYA世代・妊孕性センター
ロボット手術センター
放射線治療センター
オンコサーミアセンター
血液腫瘍センター
頭頸部腫瘍センター
胸部腫瘍センター
消化器腫瘍センター
泌尿器腫瘍センター
婦人科腫瘍センター
肉腫・希少がんセンター
遺伝性腫瘍センター
患者サポート分野
外来化学療法センター
緩和ケアセンター
がん・リハビリテーションセンター
がん相談支援センター
がん和漢薬治療センター
診療支援分野
レジメン登録部門
院内がん登録部門
人材育成部門
キャンサーボード部門
バイオバンク部門
チーム医療
└緩和ケアチーム
└irAEチーム
腫瘍循環器チーム
└薬剤性肺炎チーム
先端医療・研究部門
先端医療開発センター
がんゲノム医療推進センター
がん免疫治療センター
病名から調べる
口腔がん
頭頸部がん
消化器がん
食道がん(内視鏡治療)
食道がん(ロボット手術)
胃がん
肝細胞がん
肝臓がん
大腸がん(早期治療)
大腸がん(外科治療)
がん性疼痛
肺がん
肺がん、縦隔腫瘍
乳房再建
リンパ浮腫
子宮頸がん
小児がん
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫

センター長メッセージ