富山大学附属病院 総合がんセンター

富山大学附属病院 総合がんセンター

アクセス

消化器腫瘍センター

HOME > 臨床部門 > 特定診療分野 > 消化器腫瘍センター

消化器腫瘍センター

消化器腫瘍センターでは、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓といった多くの臓器の疾患を対象とした診断・治療を行っています。それぞれの臓器の疾患を担当する専門医が診療にあたっていますが、なかでも膵臓・胆道(胆嚢・胆管)疾患の診断・治療は全国でもトップクラスであり、早期の食道・胃・大腸がんに対する内視鏡治療、肝がんに対するラジオ波焼灼療法・カテーテル治療も県内トップクラスの実績を有しています。
また、がんの化学療法や炎症性腸疾患の薬物治療についても専門医が高いレベルで診療にあたっており、標準治療以外の新薬開発の治験も行っています。患者様、御家族から信頼され、安心して医療を受けていただけるよう日々取り組んでいます。

診療体制

消化器腫瘍センターでは、消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓といった消化器の疾患に対する診療を行っています。消化器がんの早期発見、診断困難な消化器疾患の診断、早期の食道・胃・大腸がん/腫瘍に対する内視鏡的治療、肝がんに対するラジオ波焼灼療法/カテーテル治療、消化器がんに対する化学療法、炎症性腸疾患に対する薬物療法、ウイルス性肝炎に対する抗ウイルス療法など、幅広い疾患に対してそれぞれの専門医が高度な知識と技術で診療にあたっています。

主な対象領域

消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)領域
肝臓領域
膵臓・胆道領域

主な検査・設備など

内視鏡関連:上部消化管内視鏡、下部消化管内視鏡、バルーン内視鏡、小腸・大腸カプセル内視鏡、ERCP関連機器、超音波内視鏡、経口胆道鏡、電気水圧衝撃波結石破砕装置
エコー関連処置:腹部造影超音波検査、エコーガイド下肝生検、ラジオ波焼灼療法 腹部血管造影検査、腫瘍化学塞栓療法

センター長メッセージ