富山大学附属病院 総合がんセンター

富山大学附属病院 総合がんセンター

English

アクセス

総合がんセンター概要

HOME > 総合がんセンター概要

総合がんセンター概要

総合がんセンター開設にあたって

林 龍二先生写真当院は富山県内唯一の特定機能病院として、高度先進医療を担っております。
中でも、国民の死亡率第一位のがん疾患において、充実した診療が求められるのは言うまでもありません。
これまでも、厚生労働省より地域連携がん拠点病院(高度型)、がんゲノム医療拠点病院の指定を受け、県民の期待に少しでも応えられるよう努力してまいりました。

がん診療の日進月歩はすさまじく、さらなる充実を図るために2020年6月、富山県内初となる「総合がんセンター」を開設いたしました。
本センターには、「ロボット手術センター」や「小児・AYA世代・妊孕性相談センター」、「肉腫・希少がんセンター」といった、今まで富山県民からの要望が大変強かった分野を含めた新たなセンター群を含みます。
大学病院ならではの豊富な人材を備え、富山県がん診療をしっかりと支えることができるがんセンターを構築いたします。

そして、何よりも県民の方々が地元富山の病院で高度先進的ながん診療を受けられるよう、また、安心のできる心の通った診療を行えるよう、職員一同一丸となってセンターの運営にあたります。



総合がんセンター 組織図

センター長メッセージ