高度な医療または特徴的な医療
富山大学附属病院 集学的がん診療センターは、「地域がん診療連携拠点病院」として地域のがん医療の中核を担うとともに、症例検討会やキャンサーボードを随時開催、院内・院外に向けて、がん治療に関する情報提供やコンサルティングを行い、地域のがん診療のレベルアップに努めています。
診療科の枠を超えて専門医や専門職が集まり、緩和医療を含めた総合的・集学的がん診療を行っています。 また本センターは、がん診療人材育成がん緩和ケア外来化学療法がん相談・地域連携がん登録キャンサーボードレジメン登録の7つの部門から構成され、各部門の管理運営を担当しています。
集学的がん診療センター がん診療人材育成部門 がん暖和ケア部門 外来化学療法部門 がん相談・地域連携部門 ほほえみサロン・がん相談センター がん登録部門 キャンサーボード部門 レジメン登録部門 患者さまへ
がんについての相談をお受けするために、がん相談・地域連携部門の窓口として「がん相談支援センター」を設置しています。専任の看護師(がん看護専門看護師)、医療ソーシャルワーカー(MSW)、がん相談員などがお話をうかがい、種々の情報を提供し、疑問や悩みなどを解消するお手伝いをしています。そのほか、がん専門医によるセカンドオピニオンの実施や、がん患者さん同士の交流の場として「ほほえみサロン」の運営や、がん地域連携クリティカルパスの円滑な運用のための支援を行っています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。>>

患者様へ
外来化学療法センターご紹介
外来化学療法センターでは患者さまがより安全に、より快適に化学療法を受けることができるよう、医師・薬剤師・看護師・その他のスタッフが協力して化学療法に携わっています。
また、患者さまの日常生活が少しでも安楽で快適なものになるよう積極的に相談にのっています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。>>

外来化学療法センターご紹介
お知らせ
ごあいさつ 集学的がん診療センター長 菓子井 達彦(臨床腫瘍部・部長) 【専門】腫瘍内科・呼吸器内科
 集学的がん診療センター は、富山県におけるがん患者の急増、がん医療の全国均てん化に対応して、診断および治療の両面で急速に進歩している最新のがん診療を効果的に実践し、主に県民のがん診療に貢献することを目的に設置されました。
  今日、がん診療は単一診療科で行うものではなく、がん治療に関わる複数の診療科専門医、がん専門看護師、薬剤師等が担い、かつ、患者さんやご家族のQOLを重視し、しかも最新の標準的な治療を行わなければなりません。そのため、本センターでは、それらを包含する7部門から構成、その連携下でがん診療を実践いたします。7部門の構成は以下に説明されますが、本院は富山県から指定された唯一の「がん診療人材育成拠点病院」でもあり、その機能も担っております。
  平成23年10月には、がん患者さんの情報交流、憩いの場としての「ほほえみサロン」の開設、外来化学療法部門の増床をいたしました。
副センター長 菓子井 達彦(臨床腫瘍部・部長) 【専門】腫瘍内科・呼吸器内科
  集学的がん診療センターでは、「がん診療人材育成」「がん緩和ケア」「外来化学療法」「がん相談・地域連携」「がん登録」「キャンサーボード」「レジメン登録」の7部門が連携し、患者さんの立場に立った質の高いがん医療の提供と、これを実践できる医療人の育成を目指しています。
  また、大学附属病院としての機能を生かした、新しい治療法の開発や臨床研究にも積極的に取り組んでいます。
お問い合わせ
富山大学附属病院
集学的がん診療センター
〒930-0194 富山市杉谷2630

がん診療人材育成部門
TEL:(076)434-7808
FAX:(076)434-5112

がん緩和ケア部門
TEL:(076)434-7808
FAX:(076)434-5112


外来化学療法部門
外来化学療法センター
TEL:(076)434-7727
FAX:(076)434-5107


がん相談・地域連携部門
がん相談支援センター
TEL:(076)434-7725
FAX:(076)434-5107

がん登録部門
TEL:(076)434-7117
FAX:(076)434-5117


レジメン登録部門
TEL:(076)415-8807
病気のこと治療のことなどお気軽にご相談ください
ほほえみサロン