専門看護師・認定看護師

がん看護専門看護師

山本 恵子 副看護師長
がん看護専門看護師の役割は、がん患者とその家族が安心して治療に取り組めるようにサポートすることです。治療に関する情報提供や治療に伴う副作用・合併症に対する最適なケアを提供できるよう、知識の刷新に努めています。

慢性心不全看護認定看護師

藤坂 亜希 看護師
庵 朋美 看護師
慢性心不全患者さんが病状の悪化を予防しながら生活するためには、日常生活の中で様々な制限や管理が必要です。一人ひとりの患者さんに誠実に向き合い、多職種と連携しながら患者さんが望む治療や療養生活について共に考えていきたいと思います。

手術看護認定看護師

飯塚 真理子 副看護師長
山形 江美 看護師
手術を受ける患者・家族の手術に関する不安を理解し、少しでも安心して手術を受けることができるように援助します。関係するスタッフと連携して安全な看護を提供していきます。

がん性疼痛看護認定看護師

中屋 留美 副看護師長
立田 夏美 副看護師長
がんに伴う様々な痛みを緩和するため医療用麻薬が使用されることがあります。患者さんの気持ちに寄り添って、医師・薬剤師等と連携を図りながら、よりよい疼痛緩和が行われるように支援を行っています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

石黒 伸昌 副看護師長
吉井 忍 副看護師長
褥瘡(床ずれ)等のスキントラブルの予防・管理や、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)を保有されている方に対してケアを提供しています。患者さん、ご家族が共に安心して過ごすことができるよう、支援しています。

緩和ケア認定看護師

林 直美 副看護師長
松下 孝子 看護師
深井 咲衣 看護師
門田 彩花 看護師
大学のように高度な医療を提供する急性期病院だからこそ、治療に伴う苦痛や終末期の諸症状に対する十分な緩和ケアが必要であると考えています。多職種との連携を図り、その人らしく生きることを支えます。

集中ケア認定看護師

若林 世恵 看護師長
佐藤 慎哉 看護師
私たちの役割は、専門性の高い知識と技術をもって、急性かつ重症な患者の早期回復を促すことです。集中治療領域のほかにもRST(人工呼吸器支援チーム)や一般病棟、院内セミナーなどにおいて活動をしています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

應矢 紀子 副看護師長
川辺 千秋 看護師
竹本 望里 看護師
病気・加齢・薬などの影響で飲む機能が障害されることがあります。飲んだり食べたりすることが困難な患者さんの、飲む機能の評価・食形態の工夫・安全な食べ方の指導・転院先への連絡などを実施しています。

感染管理認定看護師

青木 雅子 看護師長
病院には感染症の患者さんや免疫能が低く感染しやすい患者さんが入院されています。その患者さんたちをはじめとして、職員・面会者・実習生など病院に関わるすべての人々を感染の危険から守るために支援しています。

がん化学療法看護認定看護師

竹本 朋代 副看護師長
市川 美幸 副看護師長
がん薬物療法を受ける患者さまの副作用対策や治療選択・療養生活に関するアドバイスや支援、精神的支援などを医師や薬剤師、他分野の認定看護師、各部署の看護師、メディカルスタッフなどと協力して行っています。

糖尿病看護認定看護師

安井 真希 副看護師長
糖尿病は慢性の病気であり、長い経過の中でその時々の状況に応じたセルフケアが必要になります。変化していく患者さんの状況や思いに添いながら、その人らしい生活を送ることができるよう支援を考えています。

新生児集中ケア認定看護師

鹿島 美友紀 看護師長
田村 愛 看護師
早産児や疾患を持つ新生児とそのご家族を対象として、個別性を考え、生理学的安定を図るケア、神経行動学的な発達を促すケア、新しい家族の形成を支援するケアを、チーム医療を大切にしながら実践しています。

乳がん看護認定看護師

倉田 典子 看護師長
当院においても乳がん患者数は年々増加しています。私は患者さんに納得した治療を受けて頂くため、手術方法に迷った時、補整下着の選択、化学療法に伴う副作用対策、リンパ浮腫予防のケアなどの相談を受けています。

透析看護認定看護師

大西 冬美 看護師
透析看護を通して看護職者への指導・相談を通し実践モデルとなれるよう研鑽していきたいと思っています。また透析を受けている方だけでなく、慢性腎臓病の方すべてを対象とした、生活指導や腎代替療法の説明をし、患者家族の権利を擁護しながら自己決定を尊重した看護を実践できるシステムを構築していきたいと思っています。