看護部長挨拶

写真:看護部長

 

 

 

 

 

 富山大学附属病院は、県下で唯一の大学病院であると共に、特定機能病院です。本院の使命は大学病院としての役割を持ち、高度な医療の提供、新しい医療技術の開発、質の高い医療人の育成をめざしております。この考え方を踏まえ、看護部では以下のことを大切にしたいと考えています。

 看護を突き詰めて考えた時に、何が大切か、看護部の理念にはこのような要素がふくまれています。

 *人を人として尊重する力、専門職としての質の高い看護を提供する力

 *常に根拠をもち物事を考える力

 *大学病院に勤務する看護師として地域社会のリーダーシップを取っていく力

 以上が大学病院に勤務する看護師に求められる力と考えています。
 これらを常に忘れず看護を実践していきたいものです。
 私個人的には何を大切にしているか、それは看護の道「誠実」という事です。人として誠実であれ。私利私欲を交えず、真心を持っていどむ姿勢、これが人として最も大切にしなければならないことと考えています。
 看護の道を志した時に、優しさや思いやりはもちろん必要です。しかし、その前に人として何を重んずるか、この「誠実」という言葉は、これからも大切にしていきたいと考えています。
 常に誠実さをもって、患者さんに向き合う。このことを念頭において看護部では患者様とかかわっていきたいと思います。

看護部長 三日市 麻紀子