総合診療部

診療体制・業務内容

総合診療部は2004年に大学附属病院の中に新設されて、約11年が経過しました。この間、病院内では内科外来で毎日の診療、救急外来でER当直の応援、病棟で救急病棟と一般病棟での診療の開始と診療範囲が広がりつつあります。病院外では、関連病院や診療所と連携した地域医療/家庭医療を展開しています。総合診療の専門医養成では総合内科専門医や家庭医療専門医の取得が可能です。さらに、2013年度には文部科学省の公募で“地域包括ケアのためのアカデミックGP養成拠点”事業が採択、また富山市の寄附講座“富山プライマリ・ケア講座”が開設され、下記のように大学から地域医療への展開がますます可能になりました。
①大学附属病院での診療活動、②.地域医療での診療応援活動、③人材育成:地域医療/家庭医療や病院総合診療、および在宅医療に従事したい医師、さらに総合診療関係の研究やコーディネートに興味のある医師に対してキャリアパスを提供します、④地域貢献:住民参加型の地域包括ケアシステムを構築です。

特徴・特色

紹介状のない初診の患者さんや複雑な要因が関与すると思われる患者さんを対象に、こころのケアを含めた総合的視点から包括的、全人的医療を行っています。診断が確定すれば、臓器別専門診療科へ紹介するとともに、患者さんの希望があれば当部でのフォローアップも行っています。救急部との協力体制のもと一次救急の患者さんへのプライマリ・ケアにも取り組んでいます。また、医療福祉サポートセンターとも協力し、診療所や開業医のニーズを把握しながら病診連携を推進していきたいと思っています。

  • 病名・診断が未定の初診の患者さん
  • 頭痛、めまい、発熱、食欲不振、体重減少などを訴え、多くの識別診断を必要とする患者さん
  • 感冒や結膜炎、扁桃炎、蕁麻疹、腰痛など内科以外の領域を含んだcommon disease
  • 社会心理的な要因に対する配慮が必要と思われる患者さん、必要に応じて心身症外来や精神科と協力して診療を行う。

診療スタッフ

氏  名 職  位 専門領域 資格など
山城 清二 教授
部長
一般内科 日本プライマリ・ケア連合学会 評議員・理事
日本内科学会 評議員
日本医学教育学会 評議員
北 啓一朗 診療教授
副部長
一般内科
消化器内科
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医
日本内科学会 総合内科認定医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化器病学会 専門医
日本心身医学会 認定医
吉田 樹一郎 助教 一般内科
救急
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・認定指導医
日本救急医学会 専門医
黒岩 麻衣子
(とやま総合診療イノベーションセンター)
特命助教 一般内科 日本内科学会 認定内科医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医
小浦 友行
(富山プライマリ・ケア講座)
客員准教授 一般内科
救急
日本内科学会 認定医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医
三浦 太郎
(富山プライマリ・ケア講座)
客員助教 一般内科
家庭医療
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・認定指導医・家庭医療専門医
渡辺 史子
(富山プライマリ・ケア講座)
客員助教 一般内科
家庭医療
日本内科学会 認定内科医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・認定指導医・家庭医専門医
小林 直子 特命助教 一般内科
家庭医療
 

外来担当表

曜 日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
担当医
三浦
渡辺
吉田
黒岩

小林
山城
小林
三浦
小浦
黒岩
渡辺