ホーム

診療科・中央診療施設等のご案内

第二外科診療部門 小児外科

第二外科診療部門 小児外科

診療体制

附属病院第二外科小児外科診療部門では、小児科、周産母子センター、第一外科小児循環器部門と連携し、十分な小児総合外科診療研修教育体制を整えています。

  • 日本小児外科学会専門医・指導医である診療科長、病棟医長以下全員のチーム医療で病棟診療を行っています。
  • 患者さん一人一人の生活スタイルを重視した上で、術前管理・治療、手術、術後管理・治療にあたります。
  • 患者さんによりよいと思う治療方法を提案し、選択していただいた上で、治療をお受けいただきます。
  • 退院後の経過観察や治療をお近くの病院で希望される場合、紹介は可能ですので、ご相談ください。

主な対象疾患

  • 小児外科一般
    鼠径ヘルニア(脱腸)、陰嚢水腫、停留睾丸、包茎、外陰部異常、臍ヘルニア、腸重積症、腸閉塞、憩室炎、臍腸管遺残症、尿膜菅遺残症、虫垂炎、胃食道逆流症、食道静脈瘤、肥厚性幽門狭窄症、人工肛門、胃瘻造設、頚嚢胞、膀胱尿管逆流症など
    胆道系、胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症、胆石症、膵胆管合流異常症、脾腫、脾臓摘出 など
  • 小児腫瘍外科
    小児がん、神経芽細胞腫、後腹膜腫瘍、腎芽腫(ウイルムス腫瘍)、肝芽腫、横紋筋肉腫、良性悪性奇形腫、卵巣嚢腫、悪性リンパ腫、精巣腫瘍など
  • 新生児外科
    低出生体重児手術、食道閉鎖症、腸閉鎖症、横隔膜ヘルニア、腹壁破裂、臍帯ヘルニア、直腸肛門奇形(鎖肛)、新生児壊死性腸炎、ヒルシュスプルング病など。

高度な専門医療

小児外科部門では、新生児外科、小児腫瘍外科を中心に幅広い診察を行っています。

《小児一般外科、消化器外科》

鼠径ヘルニアや停留精巣、陰嚢水腫などに対しては、積極的に日帰り手術(全身麻酔)を取り入れています。お子様の入院によるストレスやご家族の負担を最小限にとどめることができます。
直腸肛門奇形(鎖肛)やヒルシュスプルング病などに対しては、症例に応じて一期的手術から三期的手術による根治まで幅広く対応しています。
先天性胆道拡張症や胆道閉鎖症など胆道系疾患に対して、成人肝胆膵外科との連携により安全で質の高い手術を提供することができます。

  • QOL改善を目的としたEBMを目指しています。鼠径ヘルニア日帰り手術(全身麻酔)、ストーマ外来、外科手術部位感染(SSI)の疫学調査、クリニカルパス運用、外来・病棟看護師のチーム治療への積極的参加を行っています。

《新生児外科》

  • 周産母子センターの外科部門として集学的先進医療を担っています。総合母子周産期センターとして新生児科、産科医とともにチーム医療を行い、NICU収容患児や母体搬送例のうち10-20%を占める外科的症例を治療しています。

《小児腫瘍外科》

  • 小児癌症例に対する先進医療を展開しています。小児科血液腫瘍グループと連携、グループスタディによる癌化学療法、骨髄移植など診療を通じた疫学、分子生物学研究など。

《小児内視鏡外科》

  • 小児腹腔鏡下手術に積極的に取り組んでいます。積極的に腹腔鏡手術を導入しており,噴門形成術や直腸肛門奇形に対する根治術から、腫瘍切除、生検など様々な手術において、より低侵襲で安全な手術を行っています。通常の食道、胃、大腸内視鏡検査、腹腔鏡下での噴門形成術や腹腔内腫瘍切除、生検、脾臓摘出術、ヒルシュスプルング病など。また新生児腹腔鏡手術も症例により導入しています。

《小児移植外科》

  • 胆道閉鎖症のうち生体部分肝移植を受けた患児の免疫抑制療法を継続し、肝機能障害、拒絶反応の発見、肝生検など経過観察中です。

専門外来

・小児外科外来

担当医 吉岡 伊作、平野 勝久、廣川慎一郎
診療日 吉岡(水)、平野(水)、廣川(月)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

・小児ストーマ外来

担当医 吉井、平野
診療日 適宜(月、水)、石黒、吉井WOC看護師
受診方法 各診療科から外科予約、地域連携予約、紹介状持参が原則です。

主な検査・設備など

  • 小児用の上部・下部消化管内視鏡。
  • 胃食道逆流症に対する24時間pHモニターや食道アカラシア、ヒルシュスプルング病の診断に内圧測定モニター。
  • 直腸肛門奇形に対する根治術において、正確に肛門挙筋の走行を把握するための筋肉刺激装置。
  • 腹腔鏡手術における超音波凝固切開装置やベッセルシーリングシステムなどのエネルギーデバイス。

診療実績

第二外科・小児外科は日本小児外科学会専門医制度による認定施設に準ずる症例数、診療実績があります。

診療科紹介

附属病院第二外科小児外科診療部門について、小児科、周産母子センター、第一外科小児循環器部門と連携し、十分な診療研修教育体制を整え、標準的な小児総合外科を目指しています。
小児外科一般では鼠径ヘルニアの日帰り手術を含む短期滞在手術や腹腔鏡手術、内視鏡治療など時流に合った手術適用を積極的に進めており、胆道閉鎖症、小児がん症例など小児期の重要外科疾患については、職種間連携した小児集学的治療を行っています。新生児外科は周産母子センターの外科部門として、母体搬送例や低出生体重児などのハイリスク新生児の外科手術管理を行っています。
医育機関として小児外科専門医、指導医育成を第1の目標とし、富山県の小児外科診療の充実に向けて、大学病院がリーダーシップをとっています。

診療科長 吉岡 伊作

スタッフ紹介

氏 名 職 位 専門領域 資格など
吉岡 伊作 診療科長
特命講師
小児外科一般
肝胆膵外科
日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会 高度技能専門医
日本胆道学会 指導医
平野 勝久 診療副科長
助教
小児外科一般
新生児外科
小児腫瘍外科
消化器外科一般
日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医
日本消化器病専門医
廣川 慎一郎 客員教授 小児外科一般
新生児外科
小児腫瘍外科
日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本小児外科学会 専門医・指導医・評議員

外来担当表

曜 日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診・再診 廣川   吉岡(再診のみ)
平野