ホーム

診療科・中央診療施設等のご案内

放射線科診療部門 放射線診断科

放射線科診療部門 放射線診断科

診療体制

放射線診断科での診療は、画像診断、インターベンショナルラジオロジーおよび核医学診断の3部門にわかれています。画像診断部門では、全身のCT・MRIの画像診断を行っています。血管造影技術を応用して血管内から様々なデバイスを使用して疾患を治療する方法が発達しており、インターベンショナルラジオロジーと呼ばれています。インターベンショナルラジオロジー部門では、頭部と心臓領域を除く全身の治療を行っています。核医学では機能・代謝を評価することができます。核医学部門ではFDG-PET検査にて悪性腫瘍の病期診断や治療効果の判定などを行っています。また、放射性ヨウ素による甲状腺疾患の治療なども行っています。
放射線外部照射および内部照射やIVR(インターベンショナル・ラジオロジー)の専門治療を行っています。

主な対象疾患

放射線治療(外部照射)、内部照射およびIVRの対象となる腫瘍症例や甲状腺機能亢進症が主な対象領域である。また、X線検査、X線CT、MRI、血管造影検査、そして核医学の総合画像診断を行っています。その他、院内からの各種画像検査および血管造影検査や院外からの核医学検査の依頼を受けています。

  • 画像診断
  • インターベンショナルラジオロジー(IVR)
  • 核医学画像診断

高度な専門医療

当院には2管球搭載型超高速CT(2x192スライス)、高速CT(128スライス)が各1台あります。通常の断層画像の他、冠動脈CTアンジオグラフィを含む全身の3次元冠動脈CTアンジオグラフィ、体内脂肪量の測定、Dual-energy CTによる特殊検査(仮想単純画像、仮想単色X線画像、自動的骨抜き画像などの臨床応用およびX-mapの開発)も行っています。MRIは3T装置が1台、1.5T装置が2台あります。通常のMRI画像の他、脳神経の走行がわかる拡散テンソル画像によるトラクトグラフィ、脳代謝情報が評価できるMR spectroscopy、造影剤や放射性同位元素を使用しないで脳血流情報が評価できるASL(arterial spin labeling)、運動野や視覚野などの脳機能局在が評価できるファンクショナルMRIなどの特殊検査も撮像可能であり、診断・治療に役立っています。

主な検査・設備など

  • 高磁場MRI装置
  • 超高速CT装置
  • PET/CT装置
  • SPECT/CT装置

診療科紹介

当現場の主治医には常時多大な精神的・肉体的負荷がかかっています。その負担を少しでも軽減できるような読影レポートを提供したいと思っています。そのために最新の画像診断技術を使用して、画像そのものが報告書となるようなわかりやすい画像を提供することを目標としています。

診療科長  野口 京

スタッフ紹介

氏 名 職 位 専門領域 資格など
野口 京 診療科長
教授
画像診断
中枢神経系
CT,MRI
日本医学放射線学会 診断専門医
日本磁気共鳴学会
北米放射線学会
日本核医学会 PET核医学認定医
日本神経放射線学会
日本脳ドック学会
隅屋 寿 診療教授 核医学診断・治療 日本核医学会 専門医,PET核医学認定医
日本医学放射線学会 診断専門医
米国核医学会
第1種放射線取扱主任者
神前 裕一 診療教授 画像診断 日本医学放射線学会 診断専門医
亀田 圭介 診療准教授 画像診断
核医学診療
日本医学放射線学会 診断専門医
鳴戸 規人 診療講師 IVR
画像診断
日本医学放射線学会 診断専門医
森尻 実 診療講師 画像診断 日本医学放射線学会 診断専門医

外来担当表

曜 日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
画像診断一般
(CT・MRI)
神前
森尻
野口
神前
森尻
野口
森尻
野口
亀田
神前
野口
神前
森尻
核医学診断・内部照射療法 隅屋 隅屋 亀田 隅屋 亀田
血管造影・IVR   鳴戸 鳴戸 鳴戸 鳴戸