神経精神科

診療体制

精神科疾患全般を広く対象としています。統合失調症の治療では、社会機能の改善をめざした先進的な薬物療法を行うとともに、患者さんやご家族に対する心理教育を積極的に行い、認知行動療法、作業療法、社会生活技能訓練(SST)なども取り入れています。治療抵抗性患者さんに対するクロザピン治療も行っています。こころのリスク外来(専門外来)では、富山県心の健康センターと連携し、統合失調症などの前駆状態が疑われる症例の精査と心理社会的治療・薬物療法などを行っています。リエゾン外来(専門外来)では、他科に入院中の患者さんの精神医学的問題に細やかに対応を行っています。そのほか、各種の専門外来で専門的・特徴的な医療を行っています。
統合失調症およびその前駆症状が疑われる患者さんの諸検査や認知症が疑われる方の詳しい検査が可能です。医師間およびコメディカルとのチ-ム医療を重視し、また、関連病院医師との連携を緊密に保つようにしています。

主な対象疾患

  • 統合失調症
  • 気分障害(うつ病、双極性障害など)
  • 神経症性障害(パニック障害、強迫神経症など)
  • 認知症(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症など)

高度な専門医療

当診療科では、精神医学における重要疾患のひとつである統合失調症の病態解明、早期診断・早期治療法の開発に取り組んでいます。統合失調症とその前駆状態について、脳画像検査、神経生理学的検査、認知機能検査、臨床心理学的検査などを行い、多面的・客観的に評価し、診断や治療に役立てるとともに、社会機能の改善をめざした先進的な薬物療法を行っています。

【最新の脳画像解析により、脳の構造や機能の変化を評価しています】

専門外来

・こころのリスク外来

統合失調症などの精神疾患を発症するリスクが高いと考えられる「こころのリスク状態」にある若者やその家族に対して専門家による相談・診断・治療の機会を提供することを主な目的としています。この外来は富山県心の健康センターとの連携事業である「こころのリスク相談事業」の一環であり、「こころのリスク状態」についての詳しい説明や「こころのリスク相談事業」の利用方法につきましてはホームページをご覧ください。

担当医 鈴木道雄、高橋 努、樋口悠子
診療日 鈴木(月・PM)、高橋(火・PM)、樋口(水・PM)
受診方法 富山県心の健康センター(こころのリスク相談事業)またはかかりつけ医からの紹介状を準備のうえ、月曜日から金曜日の午前中に初診してください(地域連携予約が望ましい)。初診医が診察後に必要に応じこころのリスク外来に再診予約を入れます。

・ものわすれ外来

アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症などの認知症疾患を対象に検査・治療を行っています。特に認知症初期が疑われる場合や鑑別診断が必要な場合には、詳しい検査(頭部MRI、脳血流SPECT、血液検査、認知機能検査など)を行います。かかりつけ医のご紹介で診断のための検査や治療導入を行い、その後はかかりつけ医で治療を継続いただくことを基本としています(逆紹介)。諸検査後に介護保険の主治医意見書を作成することもできます。

担当医 鈴木道雄、木戸幹雄、山口幸志
診療日 木戸(火・AM)、山口(金・PM)、鈴木(木・AM)
受診方法 月曜日から金曜日の午前中に初診してください(かかりつけ医がある場合には、地域連携予約のうえ紹介状をご準備ください)。初診医が診察後に必要に応じものわすれ外来に再診予約を入れます。

・リエゾン外来

せん妄への対処や緩和ケアなど、他科に入院中の患者さんの精神医学的問題に対応します。また精神疾患を抱える患者さんが身体疾患のために入院した際に、身体科主治医と連携して精神科的対応を行っています。緩和ケアは主に水曜日のリエゾン外来枠で行っています。

担当医 古市厚志、樋口悠子
診療日 古市(水・AM)、樋口(金・AM)
受診方法 入院中している診療科の主治医からの院内依頼により、月曜日から金曜日の午前中に初診してください。初診医が診察後に必要に応じリエゾン外来に再診予約を入れます。

・睡眠外来

不眠症、過眠症、睡眠時呼吸障害、むずむず脚症候群などの睡眠障害について専門的な検査(一泊の検査入院を含む)や治療を行います。

担当医 竹内 正志
診療日 竹内(木・AM)
受診方法 木曜日午前中に初診してください(かかりつけ医がある場合には、地域連携予約のうえ紹介状をご準備ください)。木曜日以外に初診した場合は、初診医が診察後に必要に応じ睡眠外来に再診予約を入れます。

主な検査・設備など

  • MRIやSPECTなどの脳画像解析や統計画像解析
  • デジタル脳波計による事象関連電位検査
  • パルス波治療器による修正型電気けいれん療法
  • 反復性経頭蓋磁気刺激法
  • 終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)・睡眠潜時反復検査(MSLT)・覚醒維持検査(MWT)

診療実績

1) 外来受診動向(平成27年4月〜平成28年3月)

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
初診 69 66 68 66 73 52 61 54 51 50 60 57 727
再診 1929 1726 1884 2058 1823 1852 1943 1771 1748 1738 1737 2024 22233

2)入退院動向(平成27年4月〜平成28年3月)

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
入院 19 20 25 20 21 18 24 22 14 27 19 16 245
退院 16 25 19 24 25 22 24 18 26 20 27 16 262

診療科紹介

当科では精神科疾患全般を広く対象としていますが、特に統合失調症の病態解明、早期診断・早期治療法の開発は重要な課題です。統合失調症とその前駆状態については様々な検査による多角的・客観的な評価を診断や治療効果判定に役立てていますので、当てはまる症例については積極的にご相談下さい。また患者数が非常に増えている認知症やうつ病などに対して、地域医療機関との一層の連携・協力を深めて参りたいと思います

診療科長  鈴木 道雄

スタッフ紹介

氏 名 職 位 専門領域 資格など
鈴木 道雄 診療科長
教授
精神科全般
統合失調症
認知症
日本精神神経学会 代議員・専門医・指導医
日本精神保健・予防学会 理事長
日本統合失調症学会 理事
日本精神科診断学会 理事
日本生物学的精神医学会 評議員
日本社会精神医学会 評議員
日本総合病院精神医学会 評議員
精神保健指定医
高橋 努 診療副科長
診療教授
精神科全般
統合失調症
日本精神神経学会 専門医・指導医
日本統合失調症学会 評議員
日本生物学的精神医学会 評議員
精神保健指定医
樋口 悠子

診療准教授

精神科全般
統合失調症
リエゾン
日本精神神経学会 専門医・指導医
日本総合病院精神医学会 一般病院連携精神医学特定指導医
精神保健指定医
高柳 陽一郎 診療准教授 精神科全般 日本精神神経学会 専門医・指導医
日本統合失調学会 評議員
精神保健指定医
松岡 理 診療指導医 精神科全般 日本精神神経学会専門医
精神保健指定医
古市 厚志 診療講師 精神科全般
緩和ケア
日本精神神経学会 専門医・指導医
精神保健指定医
竹内 正志 診療指導医 精神科全般
睡眠障害
日本精神神経学会 専門医・指導医
日本睡眠学会 睡眠医療認定医
精神保健指定医
木戸 幹雄

診療講師

精神科全般
認知症
 
西川 祐美子 助教 精神科全般 日本精神神経学会 専門医
山口 幸志 医員 精神科全般
認知症
 
笹林 大樹 助教 精神科全般 日本精神神経学会 専門医
中村 美保子 診療助手 精神科全般 日本精神神経学会 専門医
大口 善睦 医員 精神科全般  
坂本 和巳 医員 精神科全般  
関 有里沙 医員 精神科全般  

外来担当表

曜 日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診 鈴木 古市 高柳 樋口 高橋
再診 高柳
大口
樋口
山口
木戸
西川
松岡
笹林
古市
中村
専門外来(AM)   (ものわすれ)
木戸
(リエゾン)
古市
(ものわすれ)
鈴木
(睡眠)
竹内
(リエゾン)
樋口
専門外来 (PM) (こころのリスク)
鈴木
(こころのリスク)
高橋
(こころのリスク)
樋口
  (ものわすれ)
山口