ホーム

診療科・中央診療施設等のご案内

小児科診療部門 小児総合内科

小児科診療部門 小児総合内科

診療体制

小児総合内科では、それぞれの専門分野(アレルギー・呼吸器、血液・免疫、未熟児・新生児、救急、腎臓、内分泌など)における先進医療を行うと共に、「子どもの総合医」として全人的な小児科医療を提供しています。また、入院中のお子さんが治療中ならびに治療後において健全に発育・発達していくことや学業の継続をサポートするため、病棟に専門保育士を配置すると共に院内学級(小学校・中学校)も設置しています。さらに、富山県における三次医療機関として、関連部署と連携しながら地域医療や保健業務にも貢献しています。
小児総合内科では、それぞれの専門医療(アレルギー・呼吸器、血液・免疫、未熟児新生児、救急集中医療、内分泌など)と並行して、小児を総合的に診ています。また小児循環器内科と小児発達神経科を独立させて、それぞれ高度で専門的な診療も行っています

主な対象疾患

  • 小児のアレルギー・呼吸器疾患
  • 小児の血液・悪性腫瘍
  • 小児の感染症
  • 小児の救急集中医療
  • 小児の内分泌疾患

高度な専門医療

新生児期から思春期にいたる小児期すべての疾患について基礎的・臨床的研究に基づいた高度先進医療を目指しています。

  • 呼吸機能検査など客観指標に基づく喘息の管理
  • 経口負荷テストによる食物アレルギーの診断
  • 食物アレルギーに対する経口免疫療法
  • 血液・悪性腫瘍に対する集学的治療、造血幹細胞移植
  • 低体温療法や血液浄化療法など救急集中医療
  • 高度な医療または特徴的な医療
  • 周産母子センターにおける新生児集中治療

専門外来

・アレルギー外来

  • 食物アレルギー
    診断のために血液検査、皮膚テスト、食物負荷試験をおこなっています。食物負荷試験は症状の出現するリスクが高い場合には日帰り入院での負荷試験をおこなっています。富山県内から特にリスクの高い患者様をご紹介していただいています。
    当院では、当大学の倫理委員会の承認を得て、より重篤な患者様に対して経口免疫療法も取り組んでいます。
  • 気管支喘息
    肺の機能検査(フローボリュームカーブ)、気道抵抗検査(強制インパルスオシレーション)、気道炎症評価(呼気一酸化窒素濃度測定)などで喘息のコントロール状態を評価しながら、管理を行っています。
  • 免疫療法
    食物アレルギーの経口免疫療法や、スギやダニの皮下免疫療法、舌下免疫療法などをおこなっています。
  • 他施設共同臨床研究
    全国のアレルギー専門施設と共同臨床研究をおこない、日本でもより先端的な研究に参加しています。
     経口免疫療法
     経皮免疫療法
     気管支喘息の疫学調査
     食物アレルギーのアレルゲンコンポーネント研究 など
  • 日本アレルギー学会認定施設
    当科は、1996年より日本アレルギー学会 アレルギー専門医教育研修施設に認定されており、これまでにも多くの小児アレルギー専門医・指導医を育成しています。
    現在、当科には日本アレルギー学会認定指導医4名が在籍しています。
担当医 足立雄一、板澤寿子、伊藤靖典、足立陽子
診療日 足立雄(月、水、金・AM)、板澤(水・全日)、足立陽(水・PM)、伊藤(木・AM)、
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

・血液・免疫外来

非腫瘍性血液疾患(貧血、ITP(血小板減少性紫斑病)、好中球減少症、血友病、再生不良性貧血、MDS(骨髄異形成症候群)、免疫不全症)、造血器腫瘍性疾患(白血病、悪性リンパ腫、血球貪食リンパ組織球症)、固形腫瘍(脳腫瘍、神経芽腫、横紋筋肉腫、ユーイング肉腫/PNET、肝芽腫、腎芽腫、網膜芽腫、骨肉腫、ランゲルハンス細胞組織球症)など、幅広い疾患の診断・治療を行っています。
多施設共同臨床研究
JCCG(日本小児がん研究グループ)、JPLSG(日本小児白血病・リンパ腫研究グループ)に属し、全国の大学病院やセンター病院と共同で白血病・リンパ腫、固形腫瘍の臨床研究を行っています。
造血細胞移植
富山県内で唯一、小児の造血細胞移植を行っています。日本骨髄バンク、臍帯血バンクの認定施設に登録されており、自家、血縁者間、非血縁者間造血幹細胞移植、臍帯血移植を行っています。
日本小児血液・がん専門施設
日本小児血液がん学会の研修施設に認定されています。

担当医 野村恵子
診療日 野村(火・AM、木・全日)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則ですが、患者様が緊急を要する状態の場合には、随時対応しますのでご連絡ください。

・遺伝外来

主に、出生前診断や先天性の遺伝性の病気について診療しています。
遺伝の問題について心配や不安を持っている方や、遺伝性の病気である可能性を告げられた方のご相談をお受けしています。

担当医 吉田丈俊
診療日 吉田(金・PM)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

主な検査・設備など

<検査>

  • 二重盲検負荷テストによる食物アレルゲンの同定
  • 呼吸機能検査(気道過敏症、運動誘発テストを含め)
  • 気道ファイバー検査
  • 造血器疾患に対する骨髄検査、固形腫瘍に対する腫瘍マーカーや画像検査
  • 各種ホルモン負荷試験
  • 臨床心理士による発達検査・カウンセリング

<設備>

  • 小児病棟には一般病室の他、化学療法や造血細胞移植に対応する無菌病室を備えています。また、プレイルームや院内学級(小学校・中学校)の充実を図り、長期入院患者さんには病棟専任保育士、院内学級教員が年齢に応じた遊びや学習を行い、病気の治療だけでなく、子どもの成長を見守り、退院後の生活に円滑に戻れるようトータルケアを目指しています。

診療科紹介

富山大学附属病院小児科の使命は、富山県ならびに周辺地域における小児医療を充実させると共に高度医療を提供すること、そして研究と教育です。医学生や研修医の教育に留まらず、専門医の育成、さらに地域の医療従事者への最新の医学知識の提供などを行っています。これらの研究や教育には、実際の患者さんのご協力が必要です。地域の小児医療レベルの向上のため、また医学の進歩のためにご協力をお願いします。

診療科長  足立 雄一

スタッフ紹介

氏 名 職 位 専門領域 資格など
足立 雄一 診療科長
教授
小児科一般
小児アレルギー
小児呼吸器
日本小児科学会 専門医・代議員
日本アレルギー学会 専門医・指導医・代議員
日本小児アレルギー学会 評議員
日本小児難治喘息・アレルギー学会 理事
野村 恵子

診療副科長
診療准教授

小児科一般
小児血液
小児がん
日本小児科学会 専門医
日本小児血液・がん学会 専門医・指導医
日本血液学会 専門医
日本造血細胞移植学会 認定医
板澤 寿子 診療准教授 小児科一般
小児アレルギー
日本小児科学会 専門医
日本アレルギー学会 専門医・指導医
吉田 丈俊
(周産母子センター)
診療教授 小児科一般
新生児・未熟児
臨床遺伝
日本小児科学会 専門医
日本未熟児新生児学会
日本周産期・新生児医学会 周産期(新生児)専門医・暫定指導医
日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医 
牧本 優美
(周産母子センター)
診療准教授 小児科一般
新生児・未熟児
日本小児科学会 専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会 周産期(新生児)専門医
廣野 恵一 診療講師 小児科一般
循環器
日本小児科学会 専門医
日本循環器学会 専門医
日本小児循環器学会 専門医・評議員
種市 尋宙 診療講師 小児科一般
小児救急
小児集中治療
日本小児科学会 専門医
日本集中治療医学会 専門医
伊藤 靖典

助教

小児科一般
小児アレルギー
日本小児科学会 専門医
日本アレルギー学会 専門医・指導医・評議員
田村 賢太郎

助教

小児科一般
新生児・未熟児
日本小児科学会 専門医・指導医
足立 陽子
(とやま総合診療イノベーションセンター)
特命助教 小児科一般
小児アレルギー
日本小児科学会 専門医
日本アレルギー学会 専門医・指導医
田中 朋美
(エコチル富山ユニットセンター)
特命助教 小児科一般
小児神経
てんかん
日本小児科学会 専門医
日本小児神経学会 専門医
日本てんかん学会 専門医
猪又 智実 診療助手 小児科一般
新生児・未熟児
日本小児科学会 専門医
川崎 裕香子 診療助手 小児科一般
新生児・未熟児
日本小児科学会 専門医
日本周産期・新生児医学会 周産期(新生児)専門医
長森 万里子 診療指導医 内分泌  
中坪 久乃 診療指導医 血液 日本小児科学会 専門医

外来担当表

曜 日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診 足立雄 野村 足立雄 廣野 足立雄
再診 板澤 吉田 種市 伊藤 田中/牧本
小児総合内科
(AM)
(アレルギー外来)
足立雄
(血液外来)
野村
(フォローアップ外来)
吉田、牧本
(アレルギー外来)
足立、板澤、伊藤
(血液外来)
野村、中坪
(フォローアップ外来)
川崎
(内分泌外来)
長森
(アレルギー外来)
足立雄
(フォローアップ外来)
牧本
小児総合内科
(PM)
(フォローアップ外来)
吉田
  (アレルギー外来)
板澤、足立陽
伊藤
(血液外来)
野村
(遺伝外来)
吉田
(フォローアップ外来)
田村/猪又