ホーム

診療科・中央診療施設等のご案内

先端めまいセンター 耳鼻咽喉科

先端めまいセンター 耳鼻咽喉科

診療体制

日本耳鼻咽喉科学会専門医が耳鼻咽喉科の各専門分野で専門知識を生かした診療を行っています。耳鼻咽喉科では、外耳、中耳、内耳、内耳道、鼻腔、副鼻腔、口腔、舌、上咽頭、中咽頭、下咽頭、喉頭、甲状腺、耳下腺、顎下腺、副咽頭、涙道、頭蓋底、頸部のすべての専門領域を診療しています。
大学病院の特色を生かして、内科、脳神経内科、脳神経外科、眼科、皮膚科、整形外科、形成外科、放射線科などと緊密に連携をとり、高度な医療を行っています。

主な対象疾患

中耳炎、難聴、耳鳴り、顔面神経麻痺、蓄膿症、花粉症、扁桃炎、嗄声(声がれ)、いびきという一般的な耳鼻咽喉科領域の疾患の他、メニエ-ル病をはじめとしためまい平衡障害の診断、治療を積極的に行っています。

  • 慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、癒着性中耳炎など種々の中耳疾患
  • メニエール病・遅発性内リンパ水腫を含む難治性の内耳・後迷路性疾患
  • アレルギー・非アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎などの鼻副鼻腔疾患
  • 両側聾(先天性・後天性)
  • 末梢性顔面神経麻痺
  • 頭頸部領域の腫瘍性疾患(中耳癌、鼻・副鼻腔癌、口腔癌、舌癌、上咽頭癌、中咽頭癌、下咽頭癌、喉頭癌)
  • 嗄声(反回神経麻痺)
  • 嚥下障害

高度な専門医療

耳鼻咽喉科の一般診療に加え、以下のような高度で特徴的な医療を行っております。

  • めまい・平衡障害に対する神経耳科学的検査を用いた総合診断
  • 難治性めまい症例(メニエール病を含む)に対する保存的・外科的治療
  • めまい・体平衡障害患者に対するリハビリテーション
  • 両側聾患者に対する人工内耳手術
  • 難治性末梢性顔面神経麻痺患者に対する外科的治療
  • 小児上気道狭窄に対する診断と治療
  • 耳科・鼻科領域の内視鏡下手術治療
  • 鼻涙管狭窄に対する外科的治療
  • 頭頸部領域のナビゲーション手術
  • 頭頸部腫瘍に対する遊離皮弁を用いた再建外科
  • 音声改善手術
  • 嚥下障害に対する外科的治療

専門外来

・先端めまいセンター

日本めまい平衡医学会のめまい相談医の資格を持つ医師が、めまい平衡障害に対する専門的知識を生かした診療を行っています。
頭部MRIやCTなどの画像診断で原因不明なめまい平衡障害の病巣部位を最先端のめまい診療技術を駆使して診断します。
薬物治療が無効でめまい発作を反復するメニエール病や遅発性内リンパ水腫に対して、メニエール病診療ガイドラインにある段階的治療選択を行っています。
当センターでは、富山大学で開発し保険収載された非侵襲中耳加圧装置による中耳加圧治療を行っています。
中耳加圧治療が無効な場合には、次の段階の治療である内リンパ嚢開放術、選択的前庭機能破壊術を考慮しています。
3ヶ月以上持続する慢性めまいに対してめまいのリハビリテーションを行っています。
また、大学病院の特色を生かして脳神経内科、脳神経外科、放射線科などと緊密に連携して高度医療を行っています。
合併症の精査のための入院も積極的に行っています。
主な対象疾患:めまい平衡障害を主訴とする下記の疾患

  • めまい症、眩暈症
  • メニエール病、遅発性内リンパ水腫、内耳梅毒、レルモワイエ症候群
  • 外リンパ瘻、突発性難聴、良性発作性頭位めまい症、慢性中耳炎(真珠腫性中耳炎)、前庭神経炎、聴神経腫瘍、心因性めまい、先天性眼振、低髄圧症候群、前庭性偏頭痛、上半規管列隙症候群、
  • 慢性めまい(3ヶ月以上持続するめまい平衡障害)
担当医 將積日出夫、浅井正嗣、藤坂実千郎、高倉大匡
診療日 將積(火/AM・木/AM)、浅井(水/AM, PM)、藤坂(木/AM・金/AM)
高倉(木/AM・金/AM)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が必要です。

・頭頸部外来

日本耳鼻咽喉科学会専門医が、頭頸部腫瘍に対する専門的な知識を生かした診療を行っています。
咽頭や喉頭の早期癌に対しては弯曲型喉頭鏡と内視鏡を用いた低侵襲な経口的切除術を積極的に導入しています。
進行した頭頸部悪性腫瘍に対しては、外科的治療、抗がん剤治療、放射線治療による集学的治療を行っています。定期的に国立がんセンター東病院頭頸部外科科長 松浦一登医師、宮城県立がんセンター 頭頸部外科科長 浅田行紀医師を手術指導のため招聘しています。
嚥下障害や誤嚥、音声に対しての手術にも取り組んでいます。重度の嚥下障害に対しては、低侵襲な誤嚥防止手術として喉頭中央部切除術を中心に行っています。
一側反回神経麻痺に対する音声改善手術としては甲状軟骨形成術Ⅰ型や脂肪注入術を中心に行っています。
主な対象疾患:

  • 頭頸部良性腫瘍(耳下線・顎下腺等の唾液腺腫瘍、甲状腺腫瘍、甲状舌管嚢胞、側頚嚢胞、神経鞘腫)
  • 頭頸部悪性腫瘍(中耳癌、鼻・副鼻腔癌、舌癌、口腔癌、上咽頭、中咽頭癌、下咽頭癌、喉頭癌、甲状腺癌、耳下腺癌)
  • 嚥下障害全般
  • 音声障害(一側反回神経麻痺、声帯ポリープ、声帯結節、喉頭肉芽腫、声帯ポリープ様変性)
担当医 石田正幸、阿部秀晴
診療日 石田(火/PM)、阿部(火/AM、PM)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が必要です。

・いびき外来

日本耳鼻咽喉科学会専門医が、いびき・無呼吸発作症候群に対する専門的な知識を生かした診療を行っています。
睡眠時無呼吸症候群の診断のため、簡易検査であるアプノモニター検査をルーチンに行っています。アプノモニターを貸し出し、在宅で検査をしていただきます。必要に応じて検査入院をして睡眠ポリソノグラフィ検査を行います。
無呼吸低呼吸指数によりスリープスプリント療法や持続陽圧呼吸療法の導入を行います。鼻中隔狭窄症や肥厚性鼻炎などにより持続陽圧呼吸療法が困難と判断された場合には、内視鏡下副鼻腔手術にて鼻呼吸の改善を図ります。
小児ではアデノイド肥大、扁桃肥大が無呼吸の原因となる場合があります。アデノイド切除術、扁桃摘出術の対象となります。
主な対象疾患:

  • 睡眠時無呼吸発作症候群
  • アデノイド肥大、扁桃肥大
  • いびき
担当医 中西亮人
診療日 中西(火/PM)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が必要です。

・難聴、補聴器外来

日本耳鼻咽喉科学会専門医が、難聴・補聴器に対する専門的な知識を生かした診療を行っています。
難聴には、大きく分けて外耳、中耳疾患による伝音性難聴と内耳、後迷路性疾患による感音性難聴があります。難聴の原因により治療法が異なるため、生理検査や画像検査を組み合わせて診療を行う必要があります。外耳道狭窄、鼓膜穿孔、中耳炎、耳硬化症、外リンパ瘻、両側聾に対しては外科的治療が行われます。
聴覚はコミュニケーションをとる手段として重要であり、老人性難聴は認知症につながる可能性も示唆されています。そのため補聴器を適切にフィッティングすることが必要です。そのため聴覚・補聴器外来では語音検査を含む精密聴力検査を実施しています。
外耳道閉鎖や狭窄に対しては軟骨電導補聴器を導入しています。
主な対象疾患:

  • 難聴全般
  • 外耳道閉鎖・狭窄、鼓膜穿孔、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳硬化症、外リンパ瘻(外科的治療)
  • 両側聾(人工内耳)
担当医 藤坂実千郎、中西亮人
診療日 藤坂(木/AM、PM)中西(木/PM)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が必要です。

・耳鳴外来

日本耳鼻咽喉科学会専門医が、難聴・補聴器に対する専門的な知識を生かした診療を行っています。
耳鳴に対して精密聴力検査(ピッチマッチ検査を含む)を行った上で、薬薬物治療やサウンドジェネレーター・補聴器などを用いたTRT(Tinnitus Retraining Therapy;耳鳴り順応療法)などの治療を行っています。
主な対象疾患:

  • 耳鳴全般
担当医 中西亮人
診療日 中西(木/PM)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が必要です。

・鼻副鼻腔外来

日本耳鼻咽喉科学会専門医が、鼻腔・副鼻腔・鼻中隔・下鼻甲介・外鼻形成・頭蓋底に対する専門的な知識を生かした外科的治療(内視鏡下鼻副鼻腔手術[ESS]、内視鏡下修正型上顎洞内側壁切除術[EMMM]、内視鏡下拡大前頭洞手術EMLP(Endoscopic Modified Lothrop Procedure/DrafⅢ]、鼻中隔矯正術、粘膜下下鼻甲介骨切除術、鼻中隔外鼻形成術[OSRP]、内視鏡下頭蓋底手術等)を行っています。
高精細内視鏡、磁場式ナビゲーション手術支援システム、マイクロデブリッダー、超音波骨メス等の最新デバイスを導入し、低侵襲で安全性の高い手術を行っております。
主な対象疾患:

  • 慢性副鼻腔炎、鼻中隔彎曲症、肥厚性鼻炎、鼻副鼻腔嚢胞、術後性上顎嚢胞、鼻副鼻腔腫瘍、外鼻変形、鼻弁狭窄、眼窩疾患、頭蓋底疾患等
担当医 髙倉大匡、舘野宏彦
診療日 髙倉(金/AM)、舘野(金/AM)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が必要です。

・アレルギー外来

日本耳鼻咽喉科学会専門医が、アレルギー性鼻炎に対する専門的な知識を生かした診療を行っています。
アレルギー性鼻炎は、アレルゲンにより引き起こされるⅠ型アレルギーです。アレルゲンには、ダニ、ハウスダスト、花粉(スギ、カモガヤ、ブタクサ)などがあります。ダニ、ハウスダストは通年性アレルギー、花粉は季節性アレルギーを引き起こします。
血液検査にてアレルゲンを調べ、鼻アレルギー診療ガイドラインにしたがって、通年性アレルギー、季節性アレルギーの治療法を選択します。
抗ヒスタミン薬を中心とした内服の薬物治療が奏功しない場合には、副腎皮質ステロイド薬の点鼻薬を併用します。患者様の状態に応じて、くしゃみ・鼻水に対しては内視鏡下後鼻神経切断術、鼻閉症状に対しては、鼻中隔矯正術・鼻中隔外鼻形成術・下甲介切除術などの外鼻・鼻腔形態改善手術などの手術的治療も行います。
アレルギー性鼻炎が完治する可能性があるスギ花粉とダニに対する舌下免疫療法を積極的に導入しています。
主な対象疾患:

  • アレルギー性鼻炎全般
  • 舌下免疫療法を目的とするスギ花粉症、ダニアレルギー
担当医 舘野宏彦
診療日 舘野(水/PM)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が必要です。

・鼻涙管外来

日本耳鼻咽喉科学会専門医が、鼻腔・副鼻腔・眼窩・涙嚢・鼻涙管に対する専門的な知識を生かした外科的治療(涙嚢鼻腔吻合術)を行っています。
診療は眼科専門医と連携して行っています。
内視鏡下鼻内手術により体表面に傷を作ることなく手術を行っています。
主な対象疾患:

  • 鼻涙管閉塞症、鼻涙管狭窄症、慢性涙嚢炎
担当医 藤坂実千郎、舘野宏彦
診療日 藤坂(金/PM)、舘野(金/PM)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が必要です。

主な検査・設備など

  • 電気眼振計
  • ビデオ眼振計
  • 重心動揺検査
  • 電気性身体動揺検査
  • エアーカロリック刺激装置
  • 瘻孔症状検査
  • 温度刺激検査
  • ビデオヘッドインパルス検査
  • 回転検査装置(振子様回転)
  • 前庭誘発筋電位(cervical VEMP、ocular VEMP)
  • 視標追跡検査(水平・垂直)
  • 視運動性眼振検査(水平・垂直)
  • サッケード検査(水平・垂直)
  • シェロング検査
  • 純音聴力検査
  • チンパノメトリー
  • アブミ骨筋反射
  • 耳音響放射
  • SISI検査
  • 自記オージオメトリー
  • 蝸電図
  • 聴性脳幹反応
  • 聴性定常反応
  • 語音聴力検査
  • 利尿剤負荷内リンパ水腫推定検査(グリセロールテスト、フロセミドテスト)
  • CTおよびMRI検査
  • PET/CT検査
  • シンチグラフィー検査
  • 内耳造影MRI検査
  • 鼻腔通気度検査
  • 基準嗅覚検査
  • 喉頭ストロボスコピー
  • 嚥下内視鏡検査
  • NBI内視鏡検査
  • 手術用神経モニタシステム
  • ナビゲーション手術支援システム

診療実績

  • めまい平衡障害に対して年間400例の精密平衡機能検査を行っています。
  • 頭頸部悪性腫瘍摘出術、誤嚥防止手術を含む年間150例の頭頸部手術を行っています。
  • 人工内耳、顔面神経原価術を含む年間140例の耳科手術を行っています。
  • 乳幼児を含む小児・成人に対し年間400例の聴覚系各種精査を行っています。
  • 慢性副鼻腔炎・涙嚢鼻腔吻合術を含む内視鏡下鼻副鼻腔手術は年間300例行っています。

診療科紹介

当科は、耳、鼻、のど、顔や首におこる様々な病気に対して、最新でできるだけ負担が少なく、最善の診断方法や治療方法を提供し、一人でも多くの患者様の期待に応えることができるようスタッフ一同、日々精進を重ねています。匂い、味、聞こえ、平衡(バランス)の異常をおこす病気に対しても、患者様個人の状況に即した、日常生活の質(QOL)の低下を防ぐことを目指した専門的治療を行っています。

診療科長  將積 日出夫

診療スタッフ

氏 名 職 位 専門領域 資格など
將積 日出夫 診療科長
教授
耳科学
鼻科学
頭頸部外科学
神経耳科学
日本耳鼻咽喉科学会 専門医・指導医・補聴器相談医
日本めまい平衡医学会 専門委員・めまい相談医
日本気管食道学会 専門医
日本アレルギー学会 専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本頭頸部外科学会 頭頸部がん暫定指導医
日本再生医療学会 認定医
日本組織移植学会 認定医
藤坂 実千郎 診療副科長
診療教授
中耳・人工内耳手術
涙嚢鼻腔吻合術
鼻副鼻腔手術
遺伝カウンセリング
日本耳鼻咽喉科学会 専門医・指導医・補聴器相談医・騒音性難聴担当医
日本めまい平衡医学会 めまい相談医
日本人類遺伝学会 専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本再生医療学会 認定医
日本組織移植学会 認定医
石田 正幸 診療准教授 頭頸部腫瘍
頭頸部手術
日本耳鼻咽喉科学会 専門医・指導医・補聴器相談医
髙倉 大匡 診療准教授 鼻・頭蓋底手術
耳手術
聴覚障害
日本耳鼻咽喉科学会 専門医・指導医・補聴器相談医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本めまい平衡医学会 めまい相談医
阿部 秀晴 助教
診療講師
鼻手術
頭頸部腫瘍
耳鼻咽喉科一般
音声・嚥下障害
日本耳鼻咽喉科学会 専門医・指導医
舘野 宏彦 助教
診療講師
アレルギー
鼻手術
鼻涙管手術
日本耳鼻咽喉科学会 専門医
伊東 伸祐 助教 耳鼻咽喉科一般 日本耳鼻咽喉科学会 専門医
浅井 正嗣 非常勤医師 めまい
小児耳鼻咽喉科
日本耳鼻咽喉科学会 専門医・補聴器相談医
日本めまい平衡医学会 専門委員・めまい相談医
中嶋 純子 非常勤医師 耳鼻咽喉科一般 日本耳鼻咽喉科学会 専門医・補聴器相談医
松浦 一登 診療指導医 頭頸部腫瘍
頭頸部手術
日本耳鼻咽喉科学会 専門医・指導医
日本頭頸部外科学会 頭頸部がん専門医
浅田 行紀 診療指導医 頭頸部腫瘍
頭頸部手術
日本耳鼻咽喉科学会 専門医・指導医
日本頭頸部外科学会 頭頸部がん専門医

外来担当表

曜 日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診 当番医※ 將積 当番医 なし 藤坂
再診 当番医 石田
舘野
当番医
中嶋
藤坂
高倉
阿部
伊東
高倉
舘野
専門外来
(午前)
  (めまい) 將積
(腫瘍) 阿部
(めまい) 浅井 (めまい) 將積、藤坂、高倉
(難聴・補聴器) 藤坂
(めまい) 藤坂、高倉、浅井
(鼻副鼻腔) 髙倉、舘野
(顔面神経検査) 伊東
専門外来
(午後)
  (腫瘍) 石田、阿部
(いびき・無呼吸) 伊東
(めまい) 浅井
(アレルギー) 舘野
(難聴・補聴器) 藤坂 (鼻涙管) 藤坂、舘野

※2020年9月より月曜日の初診は、地域連携予約もしくは紹介状をお持ちの方のみです。