ホーム

診療科・中央診療施設等のご案内

第一内科診療部門 代謝・内分泌内科

第一内科診療部門
代謝・内分泌内科

診療体制

当科では糖尿病などの代謝疾患と内分泌疾患を専門にしています。糖尿病や代謝疾患に関しては、大学病院という特性から、1型糖尿病、妊娠糖尿病、内分泌疾患や膵臓・肝臓疾患など特殊な理由による血糖の上昇、重症の合併症の診療など、重症またはコントロールが難しい方を多く診療しています。内分泌疾患の患者様も数多く診療しており、県内の内分泌診療の中心的役割を担っています。診断、治療ともに、放射線科、脳外科、内分泌外科などと連携して診療しています。

主な対象疾患

○代謝領域

  • 糖尿病:1型糖尿病(劇症1型、緩徐進行1型を含む)、2型糖尿病、妊娠糖尿病、その他特定の機序・疾患に伴う糖尿病(膵性糖尿病、ステロイド糖尿病、ミトコンドリア糖尿病、MODY、等)
  • その他の糖代謝異常:反応性低血糖、インスリノーマ、薬剤性低血糖
  • 脂質異常症:原発性高脂血症、続発性高脂血症、家族性高コレステロール血症、家族性複合型高脂血症、神経内分泌腫(カルチノイド)
  • 高尿酸血症、痛風
  • 肥満症:原発性肥満、二次性肥満(遺伝性、視床下部性、等)、高度肥満、メタボリックシンドローム、肥満症の合併症

○内分泌領域

  • 間脳下垂体疾患:下垂体機能低下症(ACTH単独欠損、成人成長ホルモン分泌不全、等)、非機能性下垂体腫瘍、プロラクチノーマ、クッシング病、先端巨大症、中枢性尿崩症、リンパ性下垂体炎
  • 甲状腺疾患:バセドウ病、甲状腺中毒症、甲状腺クリーゼ、亜急性甲状腺炎、橋本病、甲状腺機能低下症、甲状腺腫瘍(良性、悪性とも)
  • 骨代謝・副甲状腺疾患:副甲状腺機能亢進症(原発性、続発性)、副甲状腺機能低下症(特発性、偽性)、副甲状腺癌、ステロイド性骨粗鬆症、骨軟化症、悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症
  • 副腎疾患:副腎偶発腫瘍、クッシング症候群、原発性アルドステロン症、偽アルドステロン症、褐色細胞腫、副腎機能低下症(アジソン病、ステロイド離脱症候群、等)

高度な専門医療

○糖尿病診療

糖尿病診療に関して、まず、病歴、血液尿検査より成因・病態を十分把握します。特に生活習慣は、食行動質問票や体重4回測定グラフを用いてその把握に努めます。患者さんによっては、持続的血糖モニタリングシステム(CGM:詳細は下記)を用いて連続した血糖コントロール状況を評価します。その上で、食事・運動療法や、薬物療法、強化インスリン療法などによる血糖コントロールなど、個々の患者さんの病態を考慮して、最良の治療方法を選択します。治療に専門的知識を要する1型糖尿病(インスリン依存性糖尿病)の患者さんも多く通院されています。
また、血糖値のコントロールばかりでなく、体重や高血圧・高脂血症の管理を行い、糖尿病の合併症の発症・進展を包括的に予防・治療する診療を目指しております。さらに、患者さんの食事・運動療法などの自己管理を支援するため、管理栄養士による栄養指導や糖尿病療養指導士による療養指導、糖尿病教室、必要に応じて教育入院(1-2週間)も行っています。

○糖尿病教室

毎週木曜日、午後1時30分より内科外来にて行っています。糖尿病の病態・合併症や治療(食事・運動療法、薬物療法)について医師、薬剤師、栄養士、検査技師が講義します。4週で1クールを終了します。

○糖尿病教育入院

糖尿病の治療は食事と運動が基本です。1-2週間の入院で食事療法と運動療法を体験していただくと共に、プログラムに添って医師、糖尿病療養指導士、看護師、薬剤師、栄養士、検査技師が糖尿病療養に必要な知識を提供し、それを実践していただきます。併せて生活習慣の是正と血糖コントロールの改善、合併症の進展防止を目指した指導を行います。

専門外来

・糖尿病外来 、内分泌外来

当科では、糖尿病をはじめとする代謝疾患と内分泌疾患の両方を診る専門外来を毎日設置しています。通常の診療では血糖値のコントロールが難しい重症の糖尿病患者さんや、専門診療の必要な内分泌疾患の患者さんは特に、複数の糖尿病・内分泌専門医が在籍する当科にて治療を受けられることをお勧めします。

担当医 戸邉一之、薄井 勲、岩田 実、石木 学、朴木久恵、藤坂志帆、岡部圭介、角 朝信、中嶋 歩、笹岡利安、和田 努
診療日 戸邉(木)、薄井(木・金)、岩田(月・木)、石木(火)、朴木(月)、藤坂(木)、岡部(月・木)、角(木・金)、中嶋(水)、笹岡(木)、和田(月)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

・CGM外来、インスリンポンプ外来

24時間連続で血糖値を測定できる持続血糖モニタリング(CGM:詳細は下記)とポンプ型インスリン注入器(CSII:同下記)を管理する外来です。CGMは当院通院中の患者様だけでなく、近隣の施設に通院中の患者様にも受けていただけるよう、体制を整えております。CSIIはCGM機能を併せ持つ最新の機器(SAPと呼びます)を使用されることが多く、その管理には専門的な知識と経験が必要です。当科では、専門的なトレーニングを受けた医師がその管理を担当しています。

担当医 朴木久恵、中嶋 歩、渡辺 善之、上野麻子
診療日 朴木、中嶋、渡辺、上野(木曜のみ、交代制)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

主な検査・設備など

・持続的血糖モニタリングシステム(CGM)

CGM(Continuous Glucose Monitoring; 持続血糖測定)とは、連続的に血糖値とその変動を知ることができるシステムです。3〜7日間腹部などに専用のセンサを装着することによって、その間の変化をグラフ表示できます(図1;血糖のグラフ)。平成29年度からは、Flush Glucose Monitoring(FGM)という新しいシステムも導入されています。FGMでは14日間連続で測定できること、専用の機器をかざすことでその時点の血糖の変化を知ることができることなど、従来のCGMと比べてさらに機能が改善されました(図2;リブレの外見)。

図1.CGMでは、センサーを装着している間の血糖値をグラフ表示できます。図は4日間のデータを色分けして表示しています。
図2 FGMの外観: 図左側のセンサーを上腕の裏側に装着します。図右側のリーダーでセンサーをスキャンすることで、いつでも血糖値を知ることができます。

・持続皮下インスリン注入療法(CSII)

持続皮下インスリン注入療法(CSII)とは、皮下にやわらかい管を留置し、それを通じて携帯型の小型機器(インスリンポンプ)からインスリンを持続注入します(図3;ポンプ+CGM)。インスリンを24時間持続的に注入する場合には、注入速度を時間ごとにこまかく設定することができますし、食事の際のインスリン注射はボタンの操作のみで簡単に行うことができます。
最近では、CGM機能を搭載した最新のインスリンポンプを用いることが多くなっています。CGMで測定したグルコース値がインスリンポンプのモニタ画面に表示されますので、患者さんはその値や変動グラフをリアルタイムで確認しながら、注入インスリン量を微調整することができます。これをSAP(Sensor Augmented Pump)療法と呼んでいます。

図3.CGM(図右)で測定した血糖値が、インスリンポンプ(図左)のモニタ画面に表示されます。

診療科紹介

糖尿病は、約1,000万人にも達する国民病です。肥満やメタボリック症候群から糖尿病を発症することが多く、治療の基本は、生活習慣の改善にあります。食行動質問票や体重4回測定グラフを用いて生活習慣の改善の一助にしております。体質に合った薬剤選択により、よりよい血糖コントロールを目指しております。また、発症初期の教育入院から、血糖コントロールや合併症の精査のための入院も積極的に行っています。

診療科長  戸邉 一之

スタッフ紹介

氏 名 職 位 専門領域 資格など
戸邉 一之 診療科長
教授
糖尿病及び肥満症
メタボリックシンドローム
内分泌疾患
日本糖尿病学会 評議員
日本内分泌学会 代議員・評議員・北陸支部支部長
日本肥満学会 評議員・理事
日本病態栄養学会 評議員・理事
日本内科学会 指導医
薄井 勲 診療副科長
診療教授
糖尿病、内分泌 日本内科学会 専門医・研修指導医
日本糖尿病学会 専門医・研修指導医・評議員
日本内分泌学会 専門医・指導医・評議員
日本病態栄養学会 評議員
日本肥満学会 教育委員
岩田 実
(保健管理センター)
診療教授 糖尿病、内分泌 日本内科学会 専門医・研修指導医
日本糖尿病学会 専門医・研修指導医・評議員
日本内分泌学会 専門医・指導医・評議員
日本甲状腺学会 専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医
石木 学
(医師キャリアパス創造センター)
診療教授 糖尿病、内分泌 日本内科学会 専門医・研修指導医
日本糖尿病学会 専門医・評議員
加村 裕 医師 糖尿病、内分泌  
朴木 久恵 診療助手 糖尿病、内分泌 日本内科学会 研修指導医
日本糖尿病学会 専門医
日本内分泌学会 専門医
藤坂 志帆 診療講師 糖尿病、内分泌 日本内科学会 研修指導医
日本糖尿病学会 専門医
日本肥満学会 評議員
瀧川 章子 診療講師 糖尿病、内分泌 日本内科学会 研修指導医
日本糖尿病学会 専門医
岡部 圭介 医員 糖尿病、内分泌 日本糖尿病学会 専門医
角 朝信 医員 糖尿病、内分泌  
渡辺 善之 医師 糖尿病、内分泌  
中嶋 歩 医師 糖尿病、内分泌  
上野 麻子 医員 糖尿病、内分泌  
笹岡 利安
(病態制御薬理学)
教授 内分泌、糖尿病 日本内科学会 専門医・研修指導医
日本糖尿病学会 専門医・研修指導医・評議員
日本内分泌学会 専門医・指導医・評議員
和田 努
(病態制御薬理学)
講師 内分泌、糖尿病 日本内科学会 専門医

外来担当表

曜 日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診・再診 岩田
朴木(久)
藤坂
岡部(初診)
和田
石木 中嶋 戸邉
薄井
岩田
藤坂
岡部
角(初診)
笹岡
薄井