集中治療部

診療体制・業務内容

主に重症の手術患者を集中的に管理するユニットです。心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科の手術後、重症患者の手術術後その他、急性の呼吸循環不全に陥った患者さんの管理を行います。特定の科にとどまらず、横断的に患者さんの病態に応じて最新の知識を動員して全身管理に当たっています。

【対象患者】

  • 呼吸、循環管理の必要な大手術後患者
  • 救急蘇生後
  • 重症多発外傷
  • 中毒、熱中症、偶発性低体温症
  • 劇症肝炎、重症急性膵炎

【診療内容】

  • 呼吸補助(肺理学療法、人工呼吸、模型人工肺)
  • 循環補助(IABP、PCPS)
  • 肝補助、腎補助(持続血液濾過透析)
  • 代謝栄養管理
  • 感染対策.

特徴・特色

重症の手術患者を集中的に管理するユニットです、その他、急性の呼吸循環不全に陥った患者さんの管理を行います。特定の科にとどまらず、患者さんの病態を中心に最新の知識を動員して全身管理に当たっています。

設備など

  • 患者監視装置
  • 人工呼吸器
  • 経皮心肺補助装置
  • 緩徐血液濾過透析器
  • 大動脈内バルーンポンプ
  • 超音波診断装置
  • 心臓ペースメーカ
  • 除細動器
  • 体温維持装置
  • 血液透析装置
  • 血液ガス分析装置
  • 血球計数装置
  • 気管支鏡

診療スタッフ

職  位 氏  名 専門領域・資格など
部長(教授) 奥寺 敬 救急・災害医学、集中治療
日本集中治療医学会(専門医)、
日本救急医学会(専門医・指導医)、
日本脳神経外科学会(専門医)
副部長
診療教授
澁谷 伸子 麻酔・集中治療
日本麻酔科学会(専門医)