災害・救命センター

診療体制・業務内容

当センターは外来部門(ER)と病棟部門(ECU)から構成され、富山県全県区を対象として高次の救急医療を提供することを目的とした施設です。多発外傷、全身熱傷、重症急性中毒など主に重篤な下記の疾患を対象に24時間体制で受入れし集学的な高度救命医療を行うとともに、災害・多数傷病者発生時には、消防・自治体からの要請に応じ可及的に対応することを目的としています。また富山医療圏の二次救急輪番病院として初期救急医療機関、救急隊からの救急患者の受入要請に対しても対応します。当センターは、救急、総合診療の専門医と各専門診療科が協力のもと運営しております。

  • 交通外傷、高エネルギー外傷などの外傷救急疾患
  • 広範囲熱傷、気道熱傷などの熱傷救急疾患
  • ガス中毒、薬物中毒などの中毒救急疾患
  • 意識障害患者、脳卒中などの神経救急疾患
  • 破傷風、壊死性筋膜炎、敗血症など感染症救急疾患
  • 虚血性心疾患、心不全などの循環器救急疾患
  • 腹膜炎・腹腔内感染症、重症急性膵炎などの消化器救急疾患
  • 急性呼吸不全、呼吸困難などの呼吸器救急疾患
  • 救急隊のトリアージによる重症救急疾患

特徴・特色

  • 災害・救命センターは救命救急医療から災害医療まで幅広く対応するセンターであり、外来部門であるER(救急外来)と、入院部門であるECU(救急病棟)の2部門から構成されています。
  • 外来部門(ER)では、救急隊やDrヘリによる重症患者の救急搬送が主な受診方法となります。一般の方の急病での救急受診に対しては、より安全で的確な医療を提供するために、看護師によりJTASを用いた院内トリアージを行ない緊急度判定に応じて適切な順で診療を提供しております。救急外来での診療は救急科専門医、総合診療専門医が初期対応を行い迅速に生命の危機、苦痛を回避できるように配慮しています。必要に応じて引き続き各専門領域の専門医により高度な救急医療を提供します。
  • 外来診療後に入院が必要な場合は主にECUに入院し集中治療管理を行いますが、病態や重症度により専門診療科病棟やICUに入院する場合もあります。
  • 富山大学附属病院では災害派遣医療チーム(DMAT)を常置しており、政府機関・自治体等の要請により、災害現場への派遣を行なうとともに、近隣での事故事例に対して消防の要請により現場救護にあたることもあります。

設備など

第1種装置高気圧酸素治療装置を有し、以下の疾患に対して救急対応します。

  • 急性一酸化炭素中毒その他のガス中毒(間歇型を含む)
  • ガス壊疽
  • 空気塞栓又は減圧症
  • 急性末梢血管障害
  • 脳塞栓、重症頭部外傷若しくは開頭術後の意識障害又は脳浮腫
  • 重症の低酸素性脳機能障害
  • 腸閉塞
  • 網膜動脈塞栓症
  • 突発性難聴
  • 重症の急性脊髄障害

診療スタッフ

職 位 氏 名 専門領域・資格など
センター長
教授
奥寺 敬 救急・災害医療、神経救急、意識障害、医療安全学
日本救急医学会 救急科専門医・指導医
日本集中治療医学会 専門医
日本脳神経外科学会 専門医
副センター長
救急科長
診療教授
若杉 雅浩 救急・集中治療、災害医学、メディカルコントロール
日本救急医学会 救急科専門医・指導医
日本集中治療医学会 専門医
日本麻酔科学会 専門医・指導医
診療指導医 德田 秀光 救急医療、麻酔科救急
日本麻酔科学会 専門医
診療指導医 松井 恒太郎 救急医療、熱傷・形成外科
日本救急医学会 救急科専門医
日本熱傷学会 熱傷専門医
診療教授(兼) 北 啓一朗 総合診療
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・認定指導医
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本心身医学会 認定医
助教(兼) 吉田 樹一郎 総合診療
日本救急医学会 救急科専門医
診療助手 川岸 利臣 救急・集中治療、麻酔科救急
日本内科学会 総合内科専門医
日本医師会 認定産業医
日本高気圧環境・潜水医学会 高気圧医学専門医
日本救急医学会 救急科専門医
日本中毒学会 クリニカルトキシコロジスト
インフェクションコントロールドクター
麻酔科標榜医
日本蘇生学会 指導医
日本急性血液浄化学会 認定指導者
診療助手 波多野 智哉 救急医療
診療助手 齊藤 麻由子 総合診療
医員 澁谷 忠希 救急医療
医員 桑野 博之 救急医療