麻酔科

診療体制

手術室には「守護神」がいます。その名を麻酔科医といいます。
いったん手術が始まれば、外科医は手術に専念し、看護師はその介助、放射線技師はレントゲン撮影というように、それぞれが役割を分担します。麻酔科医の役割は、麻酔をかけて手術の痛みを取り除くと同時に、患者さんの血圧・呼吸から全身状態まで絶え間なく監視し、安定な状態にコントロールすることです。それはまるで、乱気流に揉まれる飛行機を巧みに操る名パイロットのようです。ですから、まっ先に危険を察知し、それに対処するのも麻酔科医です。薬を投与し、点滴や輸血をして患者さんの状態を改善させます。
今日も麻酔科医は手術室で、患者さんの命を守っているのです。

主な対象疾患

  • 周術期管理(手術時の麻酔管理を含む)
  • 先天性心疾患・成人心臓疾患の麻酔管理
  • 術後疼痛管理
  • ペインクリニック管理
  • 緩和医療

高度な専門医療

  • 麻酔管理(全身麻酔・硬膜外麻酔・脊椎麻酔・各種神経ブロック)
    当院で手術を受けられる患者さんに対し、全身管理並びに疼痛管理を行っています。術前診察・検討会を行い、手術を受けられる患者さんに最も適した麻酔を計画・準備し、最新の設備を使用することで、患者さんの安全が最大限に確保出来るように努めています
  • ペインクリニック
    鎮痛薬や神経ブロックに関する知識・技術を生かして、ペインクリニック外来での診療を行っています。
    代表的な対象疾患として、下記のような疾患があります([ ]内は特殊診療)。
       帯状疱疹後神経痛
       複合性局所疼痛症候群
       頭痛(方頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛)
       三叉神経痛[高周波熱凝固装置を使用した治療]
       慢性難治性疼痛の一部[脊髄刺激療法(脳神経外科と協同で施行)]
       がん性疼痛
       顔面・眼瞼痙攣、痙性斜頚[ボツリヌス毒素を使用した治療]
    各医療機関と密接な連携を持ち、麻酔管理・ペインクリニック診療を通して、地域医療に貢献したいと考えております。.

専門外来

・ペインクリニック外来(透視下神経ブロック)

担当医 山崎光章、伊東久勝
診療日 月 (PM)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

・ペインクリニック外来(顔面・眼瞼痙攣/痙性斜頚)

担当医 青木優太、伊東久勝
診療日 青木(火)、伊東(火)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

・ペインクリニック外来(帯状疱疹後神経痛)

担当医 服部瑞樹
診療日 木 (AM)
受診方法 地域連携予約、紹介状持参が原則です。

主な検査・設備など

  • ラッツカテーテルによる慢性痛治療(硬膜外カテーテルによる治療)
  • 熱凝固による神経ブロック(三叉神経痛などに対する)
  • 経食道心エコー(新生児から成人まで対応可能.心臓手術や重篤な心臓疾患を持つ患者様に安全な麻酔管理を行うため使用)

診療科紹介

手術が決まると多くの人は、手術は無事に終了するだろうか、手術の後の痛みは大丈夫だろうかと不安になります。私たちは、まず不安を抱えた患者さんに人間味を持った人として接したいと思っています。そして、周術期管理のプロとして、患者様の安全を守るとともに術後の痛みを取りそして迅速な回復がはかれるように努めます。また、痛み管理の専門家として、いろいろな痛みに悩む患者さんの手助けをしたいと願っています。

診療科長  山崎 光章

スタッフ紹介

氏 名 職 位 専門領域 資格など
山崎 光章 診療科長
教授
麻酔科学
ペインクリニック
日本麻酔科学会 指導医・代議員・理事
日本臨床麻酔学会 評議員
日本ペインクリニック学会 専門医
日本心臓血管麻酔学会 暫定専門医
日本循環制御医学会 理事
廣田 弘毅 診療副科長
診療教授
麻酔科学 日本麻酔科学会 指導医
佐々木 利佳 診療教授 麻酔科学
小児麻酔
小児心臓麻酔
日本麻酔科学会 指導医
日本心臓血管麻酔学会 専門医
堀川 英世 助教 麻酔科学
ペインクリニック
日本麻酔科学会 専門医
伊東 勝久 助教 麻酔科学
心臓麻酔
ペインクリニック
日本麻酔科学会 専門医
日本ペインクリニック学会 専門医
服部 瑞樹 助教 麻酔科学
ペインクリニック
日本麻酔科学会 専門医

外来担当表

曜 日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
ペインクリニック
一般外来(AM)
  青木
伊東
山崎
堀川
山崎
服部
 
ペインクリニック
専門外来(PM)
(透視下神経ブロック)
山崎、伊東
       
術前診察(AM) 担当医師 (交代制) 担当医師 (交代制) 担当医師 (交代制) 担当医師 (交代制) 担当医師 (交代制)