ホーム

病院からのお知らせとお願い

携帯電話の使用について

携帯電話の使用について

携帯電話やPHSの病院内でのご使用はご遠慮ねがいます。
売店、食堂などでもご使用はお控えください。

なぜ、使用がいけないのでしょうか?

携帯電話やPHSなどの無線機を使用すると電磁波ノイズが発生します。この電磁波ノイズが、シリンジポンプ、輸液ポンプ、ペースメーカ、人工呼吸器や電子体温計などの微弱な電気信号を扱う医療機器のセンサ部分に悪影響を与え、誤動作による事故の原因となっています。電磁波障害といわれるものです。携帯電話などの急速な普及にともなって社会問題ともなり、新聞紙上で報道されたことがありました。携帯電話の傍若無人な使用による迷惑な騒音だけの問題ではないのです。そこで、病院内で携帯電話などをご使用になる時は、次のことにご留意ください。


  1. ICUやCCUでは、携帯電話などの電源スイッチを切ってください。
  2. 病棟内や検査室、診察室では、原則として携帯電話などの電源スイッチを切っておき、使用する場合は事前に医師や看護師に相談してください。
  3. ロビーなどでは、周囲の状況に十分に注意を払い、医療機器が使用されている時は、携帯電話などの電源スイッチを切ってください。
  4. やむを得ず携帯電話などを使用される場合は、医療機器から1メートル以上離れた所で使用してください。電磁波ノイズの影響は、距離の2乗に反比例いたします。