平成30年度 富山大学 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 873 334 343 572 841 1,252 2,467 3,213 1,659 175
入院時の年齢より、自院の一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)患者数を表示しています。
平成30年度における全退院患者数は12,820人であり、うち一般病棟退院患者数は12,572人でした。前年度より病院全体では796人増加、一般病棟は782人増加しています。
少子高齢化の時代と言われており、60歳以上の患者さんの割合は64%(前年度比 5%増)となっています。
NICU,GCUを有する本院は9歳以下の患者さんの割合は7.4%(前年度比 0.2%増)であり、うち0歳の割合は46.2%(前年度比 2.6%増)を占めています。

また年代別の割合では、50代と70代が増えています。
50代の患者さんの割合は、10.7%(前年度比 0.8%増)となっており、診断郡分類別では、次のものが上位を占めています。
膵臓,脾臓の腫瘍4.7%(前年度比 1.8%増)
白内障4.3%(前年度比 0.6%増)
子宮頸・体部の悪性腫瘍4.0%(前年度比 0.5%減)


70代の患者さんの割合は、27.4%(前年度比 0.9%増)となっており、診断郡分類では、次のものが上位を占めています。
・白内障             10.2%(前年度比 0.1%減)
肺の悪性腫瘍8.3%(前年度比 0.4%増)
狭心症,慢性虚血性疾患4.9%(前年度比 0.3%増)
膵臓,脾臓の腫瘍4.5%(前年度比 2.0%増)
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
糖尿病代謝・内分泌内科、免疫膠原病内科、呼吸器内科 【第一内科診療部門】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1(経気管肺生検法 等) あり 手術・処置等2 なし 96 2.66 3.43 0.00 71.33
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4(化学療法あり放射線療法なし)あり 定義副傷病 なし 85 7.82 10.00 0.00 70.82
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 74 18.22 19.06 8.11 67.05
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 50 8.84 15.58 4.00 57.02
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 15.06 20.92 37.5 76.00
糖尿病代謝・内分泌内科、免疫・膠原病内科、呼吸器内科によって、第一内科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。
循環器内科、腎・高血圧内科【第二内科診療部門】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 155 8.33 5.15 0.00 62.59
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、または1,2(心臓カテーテル法による諸検査)あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 114 4.21 4.47 0.00 70.99
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1(心臓カテーテル法による諸検査)あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 114 3.08 3.01 0.88 70.56
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1(心臓カテーテル法による諸検査) 1あり 手術・処置等2 なし 67 9.75 15.49 2.99 77.87
050080xx99100x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1 1(心臓カテーテル法による諸検査)あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 51 6.75 5.81 3.92 79.27
循環器内科、腎・高血圧内科によって、第二内科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。
消化器内科、血液内科【 第三内科診療部門】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4(リツキシマブ)あり 定義副傷病 なし 73 20.19 16.17 0.00 68.79
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 56 7.02 8.22 1.79 72.86
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 内視鏡的乳頭切開術 等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 54 7.52 10.08 12.96 70.31
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 50 6.02 8.52 0.00 74.66
06007xxx9910xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1(胃・十二指腸ファイバースコーピー+胆管・膵管造影法) あり 手術・処置等2 なし 41 3.07 5.14 2.44 68.27
消化器内科、血液内科によって、第三内科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080190xxxxxxxx 脱毛症 68 3.00 3.52 0.00 39.44
080140xxxxx2xx 炎症性角化症 手術・処置等2 2(インフリキシマブ)あり 33 1.06 2.86 0.00 57.30
080005xx99x1xx 黒色腫 手術なし 手術・処置等2 1(インターフェロン 等)あり 30 5.90 11.12 0.00 65.33
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 25 8.20 8.16 4.00 75.84
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 21 3.24 3.82 0.00 2.71
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

皮膚科では皮膚疾患および皮膚症状をきたす内科的疾患、外科的疾患に対して、診療が提供できる体制を整えています。
小児総合内科、小児循環器内科、小児発達神経科【小児科診療部門】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1(心臓カテーテル法による諸検査) あり 手術・処置等2 なし 47 3.26 4.24 0.00 6.66
14031xx004x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 経皮的肺動脈形成術等 手術・処置等2 なし 25 3.28 5.25 0.00 3.52
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 9.00 6.17 4.17 0.00
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1(小児食物アレルギー負荷検査) あり 18 1.17 2.14 0.00 4.83
14031xx19910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1(心臓カテーテル法による諸検査) あり 手術・処置等2 なし 16 4.06 4.64 0.00 0.00.
小児総合内科、小児循環器内科、小児発達神経科によって、小児科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

小児総合診療部門では先天性心疾患、極低出生体重児の管理、負荷試験を必要とする重篤なアレルギー疾患、基礎疾患を有する児の呼吸器感染症、脳炎・脳症など重篤な中枢神経系疾患等に対して入院管理の受け入れを行っています。
また、専門性の高い疾患、集学的治療の必要な児を院内・院外から受け入れ、高度急性期、急性期、回復期と慢性期など、地域医療からの要請に対応しています。
心臓血管外科、小児循環器外科、呼吸器一般外科【第一外科診療部門】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術(胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 等)あり 手術・処置等2 なし 100 9.99 11.87 1.00 69.45
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 冠動脈,大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1(中心静脈注射 等)あり 37 26.86 22.91 40.54 69.57
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)弁置換術 等  手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1(中心静脈注射 等)あり 定義副傷病 なし 34 25.47 24.00 14.71 64.50
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術(ペースメーカー交換術)あり 手術・処置等1 なし、 または、1,3(心臓カテーテル法による諸検査または、心臓電気生理学的検査) 定義副傷病 なし 31 8.19 11.01 0.00 67.39
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術(大動脈瘤切除術 等)あり 手術・処置等2 1(中心静脈注射 等)あり 定義副傷病 なし 24 28.21 28.37 33.33 68.21
心臓血管外科、小児循環器外科、呼吸器一般外科によって、第一外科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

第一外科診療部門では、成人心臓血管外科、小児心臓外科、呼吸器一般外科を担当し、年間750例前後の手術を行っています。年々高齢化していく成人例には、できるだけ身体にやさしい低侵襲手術(人工心肺装置を用いないオフポンプ冠動脈バイパス、 ステントグラフト等の血管内治療、完全鏡視下呼吸器外科手術)を推進し、年々低年齢化していく小児例には、できるだけ 遺残病変を残さない丁寧な手術、丁寧な周術期管理を心掛けています。
消化器外科、乳腺科・内分泌外科、小児外科【 第二外科診療部門】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの。) 等 手術・処置等2 なし 47 8.04 10.59 0.00 63.68
06007xxx010x0x 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合 等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 41 30.44 26.14 2.44 67.51
06007xxx9906xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6(フルオロウラシル+レボホリナートカルシウム+イリノテカン塩酸塩水和物+オキサリプラチン)あり 34 9.62 5.96 0.00 66.65
06007xxx99050x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5(パクリタキセル(アルブミン懸濁型))あり 定義副傷病 なし 34 9.76 9.92 2.94 62.24
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 31 6.32 4.96 0.00 70.13
消化器外科、乳腺科・内分泌外科、小児外科によって、第二外科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

消化器外科、乳腺科・内分泌外科、小児外科部門の各領域で手術を中心とした治療を行っています。
特に、膵臓がんは、胆道・膵臓センターとも協力し、手術のみならず、がん薬物療法を中心とした集学的治療を行っています。
脳神経外科、脳血管内治療科【脳神経外科診療部門】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 55 14.85 9.58 3.64 65.64
010070xx01x20x 脳血管障害 脳血管内手術等 手術・処置等2 2(SPECT 等)あり 定義副傷病 なし 42 27.55 19.29 9.52 49.29
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1(造影剤注入手技 動脈造影カテーテル法) あり 手術・処置等2 なし 40 3.18 3.02 0.00 64.35
010070xx9912xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1(造影剤注入手技 動脈造影カテーテル法) あり 手術・処置等2 2(SPECT 等)あり 28 5.39 5.32 0.00 42.04
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 28.78 21.16 7.41 55.59
脳神経外科、脳血管内治療科によって、脳神経外科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070180xx97xxxx 脊椎変形 手術(脊椎側彎症手術 等)あり 44 22.14 23.98 20.45 25.93
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節置換術等 43 26.09 24.26 23.26 75.74
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節置換術等 38 26.87 22.27 10.53 68.11
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 等 手術・処置等2 なし 38 22.61 21.39 34.21 70.05
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 等 手術・処置等1 なし 31 19.84 20.71 16.13 68.45
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。
産科婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 130 3.36 6.17 0.00 0.00
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 帝王切開術 等 91 11.96 9.70 0.00 34.52
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 46 28.74 19.69 2.17 31.04
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 35 6.06 6.16 0.00 43.34
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4(化学療法あり放射線療法なし)あり 定義副傷病 なし 27 4.30 4.85 0.00 61.81
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術(水晶体再建術 等)あり 片眼 820 3.07 2.84 0.24 73.11
020220xx97xxx0 緑内障 手術(緑内障手術 等)あり 片眼 164 4.87 8.00 1.22 71.12
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術(硝子体茎顕微鏡下離断術 等)あり 片眼 120 8.28 9.75 0.00 58.85
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術(硝子体茎顕微鏡下離断術 等)あり 手術・処置等1 (水晶体再建術)あり 手術・処置等2 なし 99 4.24 7.05 0.00 71.16
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術(斜視手術 等)あり 91 3.00 3.22 0.00 26.89
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

白内障、緑内障、網膜剥離、黄斑疾患、斜視が当科の上位患者数を占めています。これらに係る1入院あたりの平均在院日数は、概ね全国平均より短くなっています。
また、上位5つ以外にも眼瞼、涙道疾患、翼状片、角膜移植などの手術全般を行っており、ぶどう膜炎にも生物製剤による治療等を行っており、眼科疾患すべての治療を行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 等 43 7.51 7.04 0.00 50.58
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術(耳下腺腫瘍摘出術 等)あり 37 7.30 7.37 0.00 52.76
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 口蓋扁桃手術 等 26 8.15 7.89 0.00 23.08
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 25 8.24 8.29 0.00 52.76
030428xxxxxxxx 突発性難聴 20 9.10 9.02 0.00 49.20
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

耳鼻咽喉科では中耳炎、難聴、顔面神経麻痺、蓄膿症、花粉症、扁桃炎、嗄声、いびきという一般的な耳鼻咽喉科領域の疾患の他、頭頸部領域の腫瘍性疾患、嚥下障害、構音障害に対する治療を積極的に行っています。主に取り扱った診断群の件数のTOP5は表のとおりです。また、大学病院の特色を生かして脳神経外科、眼科、口腔外科などと緊密に連携しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 (前立腺針生検法)あり 定義副傷病 なし 83 2.46 2.53 0.00 70.27
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 等 53 11.96 12.63 0.00 66.66
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 等 手術・処置等2 なし 34 10.97 11.5 0.00 64.09
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 18 10.56 7.20 0.00 76.56
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2(化学療法)あり 定義副傷病 なし 14 12.64 10.97 0.00 67.64
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx99000x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.68 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
和漢診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) 手術なし - - 11.80 - -
010130xx99x0xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等2 なし - - 14.72 - -
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし - - 15.90 - -
110320xx99xxxx 腎、泌尿器の疾患(その他) 手術なし - - 9.29 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.58 - -
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

和漢診療科では、多岐にわたる疾患の検査・治療をしています。取り扱った診断群の件数TOP5は表のとおりです。
他の診療科と連携しながら、当科ならではの漢方薬を用いた治療を含む診療を行っています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4(ガンマグロブリン)あり 定義副傷病 なし 23 15.26 16.16 13.04 68.65
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 20.81 14.49 6.25 54.81
010110xxxxx00x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 7.40 11.75 0.00 57.40
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2(SPECT 等) あり 定義副傷病 なし 15 17.73 16.98 6.67 60.40
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2(SPECT 等) あり 定義副傷病 なし 13 20.15 19.73 15.38 73.23
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。
総合診療部
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 20.92 - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし - - 19.01 - -
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし - - 19.32 - -
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし - - 6.14 - -
060141xx01x1xx 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴うもの) 急性汎発性腹膜炎手術等 手術・処置等2 あり - - 32.44 - -
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
感染症科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 13 13.46 19.01 15.38 76.62
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 20.92 - -
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし - - 12.51 - -
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア0 - - 8.67 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.43 - -
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

感染症科は、敗血症ショックなどの重症例を含めた、あらゆる感染症に対して24時間365日体制で診療しています。
輸入感染症・渡航者外来(ワクチン)も積極的に対応しています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
臨床腫瘍部
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1(経気管肺生検法 等) あり 手術・処置等2 なし 20 2.35 3.43 0.00 73.20
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4(化学療法あり放射線療法なし)あり 定義副傷病 なし 11 10.45 10.00 0.00 65.18
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6(オシメルチニブメシル酸塩 等)あり - - 16.32 - -
060030xx99x5xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5(トラベクテジン)あり - - 5.04 - -
040040xx97x4xx 肺の悪性腫瘍 手術(抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 等)あり 手術・処置等2 4(化学療法あり放射線療法なし)あり - - 23.51 - -
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 5.82 3.56 9.09 44.18
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.28 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.35 - -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.69 - -
160400xx99x00x 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.56 - -
患者数の多い順に上位5つのDPC14桁分類について、DPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 80 16 13 47 - 24 1 8,7
大腸癌 33 - 42 32 16 28 1 8,7
乳癌 28 26 - - - - 1 8,7
肺癌 90 21 71 135 17 160 1 8,7
肝癌 17 29 13 18 - 93 1 8,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんについて、初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による退院患者を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の実患者数を表示しています。
患者数は、のべ患者数となっており、例えば初発の治療期間内に入退院を繰り返す場合は、入院の都度1件として集計しています。
再発の場合も同じように集計しています。

【初発・再発とは】
初発とは、自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
再発とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者さんを診療した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。

【UICCのTNMとは】
がんの進行度を分類する方法として、国際対がん連合(UICC)により制定された病期(ステージ)分類方法です。
原発がんの大きさ・拡がり・深さ(T)、原発がんの所属リンパ節への転移状況(N)、他の臓器への遠隔転移の有無(M)の要素によって、各がんをⅠ~Ⅳ期の病期(ステージ)に分類するものです。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 8.67 57.75
中等症 46 12.59 73.39
重症 13 14.46 81.77
超重症 - - -
不明 - - -
成人の市中肺炎について、成人肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)の重症度分類(A-DROPスコア)を用い、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 83 26.46 74.39 48.48
その他 16 20.31 72.13 3.03
脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を表示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
糖尿病代謝・内分泌内科、免疫・膠原病内科、呼吸器内科【第一内科診療部門】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
糖尿病代謝・内分泌内科、免疫・膠原病内科、呼吸器内科によって第一内科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満の手術に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
循環器内科、腎・高血圧内科【第二内科診療部門】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 131 3.55 4.08 0.00 63.46
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 97 3.09 2.44 2.06 70.74
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 64 8.08 12.39 6.25 84.69
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 37 1.46 1.78 0.00 72.35
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 32 0.00 21.16 12.5 72.94
循環器内科、腎・高血圧内科によって第二内科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

第二内科診療部門で取り扱う診断群常上位は表の通りです。カテーテルを用いた低侵襲治療を積極的に行っています。
消化器内科、血液内科【第三内科診療部門】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 47 1.62 4.77 0.00 70.89
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 46 0.07 5.00 0.00 74.78
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 42 3.12 8.71 7.14 71.38
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 40 7.83 21.40 5.00 65.75
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 39 1.00 5.10 2.56 73.00
消化器内科、血液内科によって、第三内科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 22 0.73 6.32 0.00 75.95
K0152 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25~100cm2未満) - - - - -
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0153 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(100cm2以上) - - - - -
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

皮膚悪性腫瘍に対しては、病気の診断から手術、化学療法・放射線治療まで皮膚科医が⼀貫して携わっています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
小児総合内科、小児循環器内科、小児発達神経科【小児科診療部門】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 26 0.00 31.88 7.69 0.00
K570-3 経皮的肺動脈形成術 15 1.67 2.27 0.00 3.53
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 13 0.00 111.38 0.00 0.00
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 10 1.00 1.80 0.00 4.70
K563 肺動脈絞扼術 - - - - -
小児総合内科、小児循環器内科、小児発達神経科によって、小児科診療部門は構成されています。 患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

手術を必要とする先天性心疾患、中枢神経系の外科疾患、先天的な腹部外科疾患、新生児仮死児など専門性の高い疾患、集学的治療の必要な児を院内や他院から受け入れ、高度急性期、急性期、回復期と慢性期など、地域医療からの要請に対応しています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
心臓血管外科、小児循環器外科、呼吸器一般外科【第一外科診療部門】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 67 6.79 19.61 34.33 69.31
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 47 2.06 7.94 0.00 69.87
K5551 弁置換術(1弁) 37 8.97 18.19 18.92 62.22
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 30 1.53 5.50 0.00 66.80
K597-2 ペースメーカー交換術 22 1.05 6.05 0.00 72.32
心臓血管外科、小児循環器外科、呼吸器一般外科によって、第一外科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。
消化器外科、乳腺科・内分泌外科、小児外科【第二外科診療部門】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 31 5.00 12.16 3.23 70.68
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 29 0.90 5.31 3.45 65.00
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 26 1.62 3.23 0.00 57.73
K636-3 腹腔鏡下試験開腹術 26 3.00 11.08 0.00 69.04
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 25 5.12 18.8 16.00 73.12
消化器外科、乳腺科・内分泌外科、小児外科によって、第二外科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

消化器外科領域を中心に複数の疾患で、腹腔鏡を用いた低侵襲手術を積極的に行っています。
直腸がんでは、ロボット支援手術も行っています。
乳腺科では、乳房再建手術にも積極的に取り組んでいます。
脳神経外科、脳血管内治療科【脳神経外科診療部門】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 47 8.60 36.62 19.15 60.77
K1781 脳血管内手術(1箇所) 41 2.66 15.78 14.63 66.49
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) 29 8.24 32.00 20.69 41.14
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 26 2.85 28.81 26.92 63.08
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント) 20 4.25 10.10 0.00 66.50
脳神経外科、脳血管内治療科によって、脳神経外科診療部門は構成されています。
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 91 2.34 22.32 18.68 71.62
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 47 4.60 19.21 42.55 70.38
K142-21 脊椎側彎症手術(固定術) 40 2.35 19.20 15.00 24.88
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 31 2.87 16.10 16.13 69.03
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 21 0.95 3.43 0.00 50.81
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。
産科婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 92 11.48 7.11 0.00 34.26
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 68 9.79 7.65 0.00 33.79
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 35 1.20 4.29 0.00 41.31
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 29 1.03 4.55 0.00 46.10
K9091イ 流産手術(妊娠11週まで)(手動真空吸引法) 26 0.04 0.96 0.00 38.08
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 745 1.01 1.01 0.27 73.43
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 357 1.29 3.83 0.28 65.97
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 87 1.02 1.38 0.00 69.33
K2423 斜視手術(前転法と後転法) 50 1.00 1.00 0.00 28.62
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(縫着レンズ挿入) 40 1.20 1.80 0.00 71.85
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

術前日数と術後日数が非常に短期間(1日程度)であることから、ほぼすべての手術をとてもスムーズに合併症なく実施できており、予定通りの入院期間であることがわかります。白内障手術は3日間、黄斑疾患の硝子体手術は4日間の入院となっています。また、今後は、白内障術後の症例数が増えていくことから眼内レンズのトラブルによる手術も増加すると予想されますが、当科ではそれらにも適切に対応できます。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 30 1.67 5.73 0 57.47
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 26 1.00 4.92 0 52.65
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 21 1.10 5.52 0 50.90
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 21 1.00 7.48 0 26.43
K204 涙嚢鼻腔吻合術 19 1.37 4.58 0 69.42
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 68 1.74 5.91 0.00 73.21
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 53 1.40 9.57 0.00 66.66
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 24 2.46 11.13 0.00 62.79
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 17 1.65 9.00 0.00 68.35
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 15 0.40 5.20 6.67 64.73
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K188-2 硬膜外腔癒着剥離術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満の手術に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K672 胆嚢摘出術 - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) - - - - -
K403-24 嚥下機能手術(喉頭全摘術) - - - - -
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満の手術に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
総合診療部
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6571 胃全摘術(単純全摘術) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満の手術に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
感染症科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0661 関節滑膜切除術(膝) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満の手術に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
臨床腫瘍部
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K510-3 気管支鏡下レーザー腫瘍焼灼術 - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
- - - - - - -
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満の手術に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K6021 経皮的心肺補助法(初日) - - - - -
K148 試験開頭術 - - - - -
K0821 人工関節置換術(股) - - - - -
- - - - - - -
患者数の多い順に上位5つの術式について、Kコード、手術名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示しています。

※患者数が10未満の手術に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 37 0.32
異なる 16 0.14
180035 その他の真菌感染症 同一 12 0.10
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 80 0.68
異なる - -
敗血症(MDC6:180010)、播種性血管内凝固(MDC6:130100)、手術・術後の合併症(MDC6:180040)、その他の真菌症
(MDC6:180035)について、入院契機病名(MDC6)の同一性の有無を区別して患者数と発症率を表示しています。
処置・手術などの合併症としては、術後創部感染や透析シャント閉塞、眼内レンズ脱臼などが多く、ほとんどがDPC病名と入院契機病名が同一である症例でした。

※10未満の症例数に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
更新履歴
2019年9月27日
「平成30年度 病院情報の公表」を公開いたしました。