総合診療

  • 詳細はこちらです。(PDF版
  • 応募申請書はこちらです。(Word版
  • 履歴書はこちらです。(Word版

プログラム名:「とやま総合診療専攻研修プログラム」
専門研修期間 3年
募集人数 10人

A.プログラム概要


プログラム統括責任者
山城 清二

日本の医療が専門別に高度に細分化された中、急速な高齢化等を踏まえ、健康にかかわる問題について適切な初期対応等を行う医師の必要性が増しています。そのような社会背景をもとに、総合的な診療能力を有する専門医(総合診療専門医)が新たな基本領域専門医として位置づけされました。とやま総合診療専攻研修プログラムは富山大学附属病院が基幹施設となり、病院・診療所などで活躍する高い診断・治療能力を持つ総合診療専門医を養成することを目的として創設されました。
当プログラムの前身となる日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療後期研修プログラムでは、現在7名の専攻医が研修を重ねています。
本プログラムは、以下の4つの理念に基づいて、レベルの高い総合専門医の養成を目指します。

  1. 標準的な家庭医の育成
  2. 富山県/周辺地域の地域医療を守り育てる
  3. 地域医療を高度先進医療として取り組む
  4. 将来、国際的にも活躍する医師の育成
プログラムの特徴

総合診療研修の他プログラムと比較して教育実績のあるへき地研修を行っていること、オフジョブトレーニングが充実していること、多様な研修の場があること、9人の家庭医療専門医かつ指導医が指導にあたっていることが挙げられます。

  • 充実した研修指導体制:基幹施設である富山大学附属病院には総合診療部があり、アカデミックマインドを持った多くの指導医がおり、連携施設の指導医と十分な協力体制をとっています。
  • 充実した連携施設群:本プログラムは15の病院と7つの診療所で連携施設群を構成し、豊富な人材と医療資源を持ち、総合診療専門研修が十分にできる体制をとっています。
  • 7つの資質・能力を効果的に修得できるシステム:本プログラムでは、総合診療専門研修Ⅰ(外来診療・在宅医療中心)、総合診療専門研修Ⅱ(病棟診療、救急診療中心)、内科、小児科、救急科の 5つの必須診療科と選択診療科をシステマティックに研修することで、①包括的統合アプローチ、②一般的な健康問題に対する診療能力、③患者中心の医療・ケア、④連携重視のマネジメント、⑤地域包括ケアを含む地域志向アプローチ、⑥公益に資する職業規範、⑦多様な診療の場に対応する能力を効果的に修得することが可能です。
  • 多職種スタッフからのフィードバック:院内各専門科の医師やコメディカルスタッフ、県内外の各地域医療機関の協力のもと、様々な医療現場で、細やかなフィードバックを受けながら研修できる環境を整えています。 

B.連携施設

本プログラムは基幹施設である富山大学附属病院、14の病院および7つの診療所で連携施設群を構成し、総合診療専門研修が十分にできる体制をとっています。

参加病院(15病院)

富山大学附属病院、南砺市民病院、かみいち総合病院、飛騨市民病院、県立中央病院、済生会富山病院、射水市民病院、市立砺波総合病院、JCHO高岡ふしき病院、糸魚川総合病院、富山労災病院、あさひ総合病院、公立南砺中央病院、黒部市民病院、厚生連高岡病院

参加診療所(7診療所)

南砺家庭・地域医療センター、ものがたり診療所、上平診療所、利賀診療所、平診療所、能生診療所、富山市まちなか診療所

機能別にみた連携施設の分類

<総合診療1(診療所/中小病院)>
南砺家庭地域医療センター、上平診療所、利賀診療所、平診療所、高岡ふしき病院、飛騨市民病院、かみいち総合病院、能生診療所
<総合診療2(病院総合診療)>
南砺市民病院、射水市民病院、済生会富山病院、かみいち総合病院、富山労災病院、あさひ総合病院、糸魚川総合病院、公立南砺中央病院、黒部市民病院、厚生連高岡病院
<内科>
南砺市民病院、高岡ふしき病院、射水市民病院、済生会富山病院、富山大学附属病院、かみいち総合病院、富山労災病院、糸魚川総合病院、黒部市民病院、厚生連高岡病院
<小児科>
南砺市民病院、砺波総合病院、JCHO高岡ふしき病院、富山大学附属病院、県立中央病院、糸魚川総合病院、厚生連高岡病院
<救急科>
市立砺波総合病院、富山大学附属病院、県立中央病院、糸魚川総合病院、厚生連高岡病院

C.研修モデルコース

研修コース例:専門研修1年目は総合診療2の施設である南砺市民病院の総合診療科で基礎研修と救急科研修、内科領域別必修研修を行う。専門研修2年目の前半は南砺市民病院で内科研修、後半はその他の研修(一般外科・整形外科・精神科・産婦人科・皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・形成外科・リハビリテーション科・臨床検査科等)を行い、総合診療専門医に必要な知識や技能を修得。3年目の前半は南砺家庭地域医療センターで総合診療専門研修Ⅱを行い、後半は砺波総合病院で小児科研修及び救急研修を行う。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
専門研修1年目 南砺市民病院
総合診療Ⅱ
専門研修2年目 南砺市民病院
内科 その他
専門研修3年目 南砺家庭地域医療センター 砺波総合病院
総合診療Ⅰ 小児 救急

D.専門医取得のためのハードル(研修修了要件)(詳しくは学会HP参照)

以下の4つの基準で評価されます。

  1. 3年間の研修期間を満了し、かつ認定された研修施設で総合診療専門研修ⅠおよびⅡ各6ヶ月以上・合計 18ヶ月以上、内科研修 12ヶ月以上、小児科研修 3ヶ月以上、救急科研修 3ヶ月以上を行っていること。
  2. 専攻医自身による自己評価と省察の記録、作成した経験省察研修録を通じて、到達目標がカリキュラムに定められた基準に到達していること。
  3. 研修手帳に記録された経験目標が全てカリキュラムに定められた基準に到達していること。
  4. 研修期間中複数回実施される、医師・看護師・事務員等の多職種による 360 度評価(コミュニケーション、チームワーク、公益に資する職業規範)の結果も重視。

E. サブスペシャルティ研修・大学院進学

総合診療専門医取得を目指す方々へは当プログラムでは新・家庭医療専門医 病院総合医 緩和・在宅専門医 取得を支援します。
大学院進学の希望のある場合は、本プログラムの統括責任者(山城清二)まで、お問い合わせください。

F.採用

2020年4月から本プログラムで総合診療専門研修を希望される医師は、2019年9月(または10月)からの専攻医1次登録(募集)期間内に、日本専門医機構のWebサイト(ホームページ)にアクセスし、専攻医登録を行った後、「とやま総合診療専攻研修プログラム」を選択して応募します(1次登録)。Webサイトで登録後、専攻医1次募集期間内にとやま総合診療専攻研修プログラム統括責任者(山城清二)宛に下記の書類を提出します。(郵送の場合は、封筒に「とやま総合診療専攻研修プログラム応募申請書在中」と朱書きし、簡易書留にて送付してください。)
専門研修プログラム管理委員会での審査の上、採否を決定します。採否は専攻医登録システムを通じて、本人に通知します。1次登録で採用されなかった場合は、2次登録期間に応募してください。(今後スケジュールが変更になる可能性がありますので、日本専門医機構のホームページ等を適宜ご確認ください。)

申請時の提出書類
  1. 「2020年度富山大学附属病院専門研修応募申請書」Webサイトからダウンロード可能)
  2. 「履歴書」(Webサイトからダウンロード可能)

なお、必要に応じ、③医師免許証(コピー)、④臨床研修修了登録証あるいは修了見込み証明書(コピー)、⑤健康診断書、⑥初期臨床研修期間における内科領域の診療実績を示す資料等を要求する場合があります。
*「2020年度富山大学附属病院専門研修応募申請書」と「履歴書」は (1) 富山大学附属病院専門医養成支援センターのWebサイトよりダウンロード、(2) 電話で問い合わせ (076-415-8867)、(3) e-mailで問い合わせ(miyono@med.u-toyama.ac.jp)のいずれの方法でも入手可能です。

申請書等の送付先

〒930-0194 富山県富山市杉谷 2630
富山大学附属病院 とやま総合診療イノベーションセンター
 とやま総合診療専攻研修プログラム 統括責任者(山城清二)宛
*封筒に「とやま総合診療専攻研修プログラム応募申請書在中」と朱書きしてください。

G.問い合わせ先

富山大学附属病院 南砺・地域医療支援学講座
担当:高木みよの(富山大学総合診療科専門研修 事務局)
E-mail: miyono@med.u-toyama.ac.jp
Tel: 076-415-8868

H.診療科のHPへのリンク

総合診療部

研修プログラム
掲載していますプログラムは、2019年4月の情報に基づくものであり、今後の審査を踏まえて修正・変更があることをご承知おきください。